【トレードルール】トレードプランを組み込む例を解説

『トレードルール』とは

FXで取引を行うなら、『トレードルール』の中に『トレードプラン』を組み込む事が重要です。特に初心者等の方は気を付けて下さい。『トレードルール&プラン』を設定せず取引を続ければ、後には相場からの退場しかないからです。

今からでも間に合うので、『トレードルール&プラン』の設定が無い方は、例も掲載しますので最後までこの記事をお読みになって下さい。

『トレードルール』とは、その場、その場で設定するFXでの取引に関するルール等ではなく、取引を行う際には随時履行するルールの事を言います。

私は現在プロトレーダーとして生計を立てていますが、専業になれたのもシッカリとした『トレードルール』の中に『トレードプラン』を組み入れて取引を行ったからだと言っても過言ではありません。


プロトレーダーの『トレードルール』

例をとって、私の『トレードルール』について解説します。

  1. 月末月初や年末年始、欧州欧米地区での祝日等の取引は行わない
  2. メインの取引をNY市場に絞る
  3. 規則性を失った相場は参加しない
  4. 経済指標等での取引は行わない
  5. デイトレード(オーバーナイトで早朝決済)をメインとし、基本持ち越しはしない
1.月末月初や年末年始、欧州欧米地区での祝日等の取引は行わない

こういった時期はマーケット自体にボラティリティが無くなり、瞬時にレートが大きく動く可能性があるからです。利幅も無く、ハイリスク・ローリターンとなるので敢えて参加致しません。

2.メインの取引をNY市場に絞る

私は『ドル/円』をメインにトレードを行います。昨今の『東京市場』におけるボラティリティの異常な少なさ(値動きの少ないドル/円への投資を敬遠する投資家の動きもあり。)もあり、値動きのある『ニューヨーク市場』での取引をメインとします。

3.規則性を失った相場は参加しない

私のように長く相場と向き合っていると、相場の動きの中の規則性と言うものに気が付きます。この規則性もトレードにおける重要な根拠づけとして利用しているのですが、相場がこの規則性を失ったと認識した時点で私は相場から撤退する事をルールとして組み込んでいます。

4.経済指標等での取引は行わない

経済指標』等でのトレードですが賛否あります。私も過去にはこういった類のトレードは好んで参加していましたが、大きく勝つ事もあれば大きく負ける時もあります。

『経済指標』等でのトレードを行っていた時期、私は現在のロジックも未だ持ち合わせておらず、いわゆる『ギャンブルトレード』を行う典型的なダメトレーダーでもありました。

『経済指標』等でのトレードの優位性など無い事をココで断言しておきましょう。SNS等で『雇用統計』におけるトレードを煽るかのような情報を発信されている方を多く見掛けます。

初心者等の方は絶対に騙されないようにして下さい。プロのエコノミストや私たちプロトレーダーでも勝つことは困難です。(勝てても只のマグレです。)

『経済指標』等でのトレードにおける優位性などないという事をご周知下さい。

またこういったファンダメンタルズ色の強い『経済指標』に関しては、公表の30分前には全てのポジションを手仕舞いします。

利益の有る無し関係なくです。

『経済指標』でのトレードを行う事になります。

※『雇用統計』を使ったトレードに関する記事はココをクリック!

5.デイトレード(オーバーナイトで早朝決済)をメインとし、基本持ち越しはしない

私はデイトレードをメインに取引を行います。先述したように『ニューヨーク市場』でのオーバーナイト取引です。(私のトレード内容は厳密に書くと短期スイングトレードとなります。)

余程の事が無い限り日本時間の早朝には利確を行い手仕舞いをかけます。その理由は日本時間の朝に『投機筋』を含めた大口投資家たちが仕掛けて来る可能性があるからです。

日本時間の早朝は、皆さんがよく目にする『ギャップ(窓空け)』もあります。こういったリスクを抑える為に日本時間の早朝(NY市場クローズ前)にはポジションの整理を行うといったルールを設定しています。


初心者に推奨する『トレードルール』とは

初心者に推奨する『トレードルール』ですが、基本、例で挙げた私のルール設定と同じ内容で構わないと思います。では一つ一つ解説していきましょう。

  • 月末月初や年末年始、欧州欧米地区での祝日等の取引は行わない

ルールに取り入れる事を強く推奨します。兼業トレーダーなら、こういった時期がトレードに集中できる貴重な時間だと思うのですが私は推奨しません。(この時期は、FXの勉強や検証作業を推奨します。)

こういった時期はボラティリティも無く利益も微々たるものです。この流動性の無い相場に一旦『投機筋』等が参入すれば瞬時にレートが飛びます。

まさにハイリスク・ローリターンの典型的な相場環境と言えるでしょう。余剰資金で『ギャンブルトレード』を承知で行う方なら別ですが、無理して取引を行わないのが賢明だと思います。

  • メインの取引をNY市場に絞る

これは読者の方が専業、兼業によっても異なってきます。例えば『東京市場』だと、兼業で日中にお仕事を持たれている方はチャートと向き合う事は難しいと思います。

今はイフダン等の自動決済も行えますが、わたし個人的には初心者等に推奨しません。

何故なら初心者等に必要なのは『相場観』だからです。この『相場観』はチャートと向き合い深く勉強する事で養えます。

初心者等の方が、日中お仕事中に片手間で取引されて勝てるようなFXではありません。お遊び程度でFXをするなら別ですが・・

先述した通り『東京市場』での取引は推奨しません。初心者等の方にも『NY市場』での取引を推奨します。

マーケットは通貨ペア同様に各々相場の動きに個性があります。ここで解説する『NY市場』と『東京市場』とを比べても個性は全く異なるものです。

私もFXで勝てない時期は朝から『オセアニア通貨』を取引し、東京、欧州、NY市場と全て取引を行ってきましたがどれも良い結果には繋がりませんでした。

個々のマーケットの特性を知ることは『相場観』を養う事に直接繋がります。

しかしこういった『相場観』は一朝一夕で習得できるものではありません。その相場と長く向き合い研究する事で培えるものです。

『相場観』は継続して勝てるトレーダーになるには必須となります。こういった理由もあり、わたし個人的には参加されるマーケットを一つに絞るべきだと考えています。

  • 規則性を失った相場は参加しない

この項目は、経験値の少ない初心者等の方は未だ理解するのは難しいと思います。つまり相場の動きが読めないなら参加は見送るべきだという事です。

また、『上がったから、そろそろ落ちるかな・・』や、『下降トレンドっぽいから入るか!』みたいな『値ごろ感』等でのトレードは行なわないようにしましょう

こういった取引はもはや正常な取引とは言えません。大切な資金を溶かしたくないのであれば潔く撤退すべきです。

  • 経済指標等での取引は行わない

この項目に関しては初心者等の方とか関係なく推奨できません。先述した通り、『経済指標』等でのトレードでの優位性など無いからです。(経済指標トレードを行うぐらいならココの記事を読んで下さい。)

  • デイトレード(オーバーナイトで早朝決済)をメインとし、基本持ち越しはしない

FXでは、トレードスタイルに依ってルールは異なってきます。FXは大きく分けてスキャルピング、デイトレード、スイングトレード等から成りますが、全て内容の異なるとトレードだと言って良いでしょう。

どれも一朝一夕で成し得るものではありません。慣れるまでにも相応の時間や研究、検証、勉強が必須になります。

これの、どの一つが欠けても『相場観』は培えないと言っても過言ではありません。

スキャルピングのトレードなら1トレードにつき40分以内するとか(人間の集中力は長く持って平均40分が限界と言われています。)、スイングトレードならナンピンは絶対に行わないとか、トレードスタイルによってルールを策定しましょう。


『トレードプラン』とは

次は『トレードプラン』について解説します。

『トレードプラン』とは、取引を行う際、随時履行する『トレードルール』とは違い、トレード毎に内容を設定するルールの事を言います。

『トレードプラン』とはあなたの持つ『テクニカル手法』や『ファンダメンタルズ』を用いて相場分析をし、その『相場観』に合わせたトレードでの『プラン』を立てる事を言います。

例で挙げるなら、どこでエントリーし、どこで利食いをするか。あなたの思惑とは違う方向にマーケットが動いたならどこで損切りをかけるのか。『ココまでは我慢して良いポイントだがコレ以上なら切るべきポイントだ!』等の『プラン』を練ります。

出来ればレートを数値化した具体策まで作成できれば最高です。

私はFXで勝てない時期、曲りなりにも自分の『相場観』を立て『トレードプラン』を練りながら取引を行ってきました。

しかし、いざ相場へ入りチャートの動きを見ているとアタマの中が真っ白になり、目先の情報しか入って来ず、オマケにバイアスもかかります。せっかく作成した『トレードプラン』があるにも関わらず、結局は『プラン』通りに取引が行えなかったという経験を重ねていきます。

こういった取引を幾度も繰り返し、分かった事は最初に決めた『トレードプラン』が結局正しかったというパターンが殆どだったという事です。

みなさんもこういった経験が少なからずあるのではないでしょうか。


『トレードプラン』は必ずトレード前に立てること

相場に参加する前は誰もが『客観的』に相場を見る事ができます。

トレード前なので、ロジカルにチャートの流れも大きい視野で見る事ができ、冷静且つ慎重に『トレードプラン』を練ることも可能です。

コレが一旦相場に入ると『客観視』できた第3者的な立場から、トレード相応の『リスク』を負った『当事者』へと立場が変わります。

これにより、トレーダーは心理的に大きな変化がでてきます。

自分の持っているポジションを中心にバイアスをかけ、目先の動きに合わせた主観的な対応に変わってくるのです。

利益がのっているときは『もう少し長く持って利食いをしよう・・』とか、損失が出れば『損切りポイントをあと少しズラそう・・』みたいな。

こういった、もともとプランには含まれていない要素を次々に作りだしていきます。

その結果、必然的に根拠のないトレードの流れと変わっていきます。

こちろん言うまでも無く、こういったトレードの結果は上手くいきません。

少なくとも私はそうでした。

『ファンダメンタルズ』等の急な要因で相場が大きく動く時は別として、一旦相場に入ったなら最初に立てた『トレードプラン』を優先する事が重要です。

私は勝てない時期、このようなトレードが出来ておりませんでした。

以後これを教訓とし、私はトレード前に納得できるまで『トレードプラン』を練る事に注力します。

勝ちトレードに必須な『トレードルール』の徹底もそうなのですが、この『トレードプラン』も他ではありません。

自分が納得できるまで『トレードプラン』に時間を掛け、この『プラン』を『トレードルール』に組み込むことにより今の私の勝てるスタイルが確立しました。


マトメ

初心者の方に伝えたいのが『値ごろ感』では取引を行わない事です。

今回書き留めた『トレードプラン』がもし立てられないのであれば、その場は一旦諦めることも重要です。

あなたがFXでの勉強と真摯に向き合ってしているのであれば、それ相応のチャンスは必ず廻ってきます。

そのチャンス(相場)に合わせた『トレードプラン』を立て、トレードを行うようにしましょう。

【関連記事】

TOPページへ