FXでの『値ごろ感』とは

『値ごろ感』とは

英語表記:sense of proper price

『値ごろ感』は『値頃感』とも書きます。FXでの『値ごろ感』とは、マーケットへ参加するトレーダー達がコレといった『根拠』も無しに『買い時』や『売り時』を自分勝手な『価格感』で判断する『感覚』の事を言います。

例えば、レートが昨日から継続して上昇(下降)しているのを確認し、そろそろ売ったら(買ったら)稼げるという『根拠』のない『価格感』に頼ったトレードを『値ごろ感取引』と呼びます。


FXは『値ごろ感』では勝てない

FXにおけるトレードを、ギャンブルと捉えて取引されるなら『値ごろ感取引』でも良いでしょう。しかしコレを見る読者の方で、FXをビジネスと捉えてトレードを行っているなら直ちに『値ごろ感取引』は謹んで下さい。

こういった『値ごろ感取引』を行っている以上、FXで勝ち続ける事は100%ありません。相場から退場するのも時間だけの問題です。

FXは深く勉強し、また相場観を培う事により継続して勝てる投資です。


初心者に多い『値ごろ感取引』

『値ごろ感取引』は、特にFX初心者の方に多く見受けられます。初心者の方は取引における『根拠』の持ち合わせ率が低く、こういった状況下で無理やりトレードを行う事で『値ごろ感取引』を行っているのが現状です。

こういった『値ごろ感取引』を行っている初心者なら、直ちにトレードを控えて下さい。先述した『ギャンブルトレード』を行いたいのなら別ですが、真面目にトレードを行い勝ちたいと思うなら尚更です。

『値ごろ感取引』を行っているようなら一旦相場から離れ、FXの基礎をシッカリと学習してから相場へ戻りましょう。

『値ごろ感』を使った引用

  • そろそろ大底だと分かる私の『値ごろ感』
  • FXは『値ごろ感』で取引すれば負ける

【関連記事】

TOPページ