FXは根拠が複数あると勝率もあがる

FXにおける『根拠』とは

 

FXにおける『根拠』とは、未来の為替レートを予測する為に使用する、トレードの基になる『理由』の事を言います。

広義ではテクニカルによる『エントリーイグジットポイント』の設定や、チャート分析等も全てトレードにおける『根拠』が必要とされています。

FXでの『根拠』とは、何故ここまで上がる(下がる)等の予測が立てられるのかを、決定付けする『理由』の事です。

『根拠』における程度(レベル)は、個々のトレーダーの器により様々です。

シッカリとした優位性の有る理由付けができる『根拠』を『根拠が厚い』と表現し、これとは逆に、大した有効性が見いだせない『根拠』を『根拠が薄い』とも表現します。(強い・弱いでも表現されています。)

こういったトレードにおける『根拠』が複数用意できると、より一層自信の持てるトレードが行えるようになります。

 

 

FX、根拠、複数
『リアルトレード』だけが真実

確かな『根拠』は一般で入手できる情報ではない

 

私は株・先物取引で約20年、FXで約12年の、通算で約32年の投資歴を有する専業のトレーダーです。

FXでは最初の3年間は鳴かず飛ばずの状態でした。

理由は今回書き留める『根拠』が手中に無かったからです。

偶然にも私の場合は『師匠』と出会う事ができ、『気付き』を頂く事によって徐々に『根拠』が持てるようになりました。

FXを勉強するにあたり、皆さんはどういった情報等で勉強されていますか?

FXで成功を掴むには、実はココが大変重要です。

FXは残念ながら一般に出回る情報を使って勝てるような相手では無いからです。

 

 

FX、根拠、複数
FX界隈は偽トレーダーだらけ

あなたが師事する人は大丈夫?

 

皆さんが現在FXで師事(目標とする方)する方の『リアルトレード(生のトレード)』はご覧になりましたか?

その方が『リアルトレード』を公開し、そしてあなた自身が『継続して勝てるトレード』をその目で確認しているなら大丈夫(詐欺ではない)でしょう。

『リアルトレード』だけは嘘が付けないからが理由です。

取引明細や通帳の残高、タラレバはもちろんの事、こういった類のものは簡単に改ざん出来るので信用しない方が賢明でしょう。

『リアルトレード』を公開されないFX情報発信者は、実際には『勝てていないトレーダー』だと思って下さい。

公開できない理由は『勝てないから』が理由です。

こういった方達の元で勉強されても当然勝てる事はありません。

月利1%の方が月利10%のトレーダーを育てる事は出来ないからです。

しかしFXで勝てないという殆どの方達は、こういった偽トレーダーの基で学習しているのが現実です。

 

 


FX、根拠、複数
根拠と勝率は比例する

勝てる手法は『根拠』が厚い

 

取引で使う手法はトレーダーに依って様々です。

『根拠』の薄い手法でトレードを行う初心者もいれば、『根拠』の厚い手法を使い、ガンガン稼ぐトレーダー達もいます。

上の図で示すように、『根拠』が増せば自ずとFXの勝率も比例します。(※もちろん獲得pipsも。)

また、こういった成長線を形成するには『根拠』の一つや二つで成せるものではありません。(※トレーダーの成長曲線を見るにはココをクリック!)

成長線を伸ばすには、如何に複数の『根拠』を上積みしていくかが重要です。

またトレードにおける『根拠』は、一度手に入れると失う事は無い、あなたのトレード人生の『宝物』になります。

『根拠』の薄い手法でトレードを行えば、相場は初心者等であっても容赦なく資金を奪い取っていきます。

 

 

 FX、根拠、複数
『値ごろ感取引』は只のギャンブル

『根拠』無きトレードは只のギャンブル

 

昨今ではFXをギャンブルと捉えてトレードを行っている方も決して少なくありません。

絶対数を見ても、そういった方達が多いのには大変脅かされます。

また、FXをギャンブルと捉える方達のその殆どが、『根拠』無き『値ごろ感』で取引される方達が殆どです。

こういった方達は単発で勝てる時もあるのですが、決して勝ち続ける事は出来ません。

 

 

FX、根拠、複数
正しい『学習法』は継続して勝てるトレーダーが持っている

『根拠』を得るにはトレードを継続し学習を続けること

 

私は長く専業としてトレードを行っています。

FXは相応の経験値と正しい情報を持ってすれば、優位性に立てる投機でもあります。

今回解説したFXにおける『根拠』は、『勝つトレード』において必要不可欠であり、その『根拠』の厚み(理由の確証性が高いもの)によってはトレードが随分と楽に行えます。

これを見るあなたが一般で入手できる教材等で学習を続けているなら一旦立ち止まった方が賢明でしょう。

そういった教材で勝てるなら全員が勝者になれるからです。

また、その情報を発信されている方が『リアルトレード』を公開しているのか否かを確認しましょう。

仮に公開しているようなら、本当に勝っているトレーダーか否かを、あなた自身の目で判断する事が重要です。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページ