FXのエントリーポイントを定義/絵でわかりやすく解説

『エントリーポイント』とは

英語表記:Entry point

FXでの『エントリーポイント』を定義すると、新規で売買を行う場所(ポイント)の事になります。

わかりやすく言うとトレードで『ポジション』を持つ場所(ポイント)、またはトレードを始める場所(ポイント)の事です。

FXでこの『エントリーポイント』は、『イグジッドポイント』と並びトレードでは非常に重要な場所(ポイント)になります。

特にFX初心者の方は、『値ごろ感』等で根拠の無い『エントリーポイント』を行っているのであれば、トレード自体を見直すべきかも知れません。

ではどういった場所(ポイント)が『エントリーポイント』として正しいのか、『ダウ理論』における『トレンドフォロー』を使って解説します。


『トレンドフォロー』を使った『エントリーポイント』

『上昇トレンド』における『エントリーポイント』を定義

エントリーポイントを定義
アップトレンドでのエントリー方法

上記参照図は『上昇トレンド』を表した図です。『上昇トレンド』とは、相場の大きな流れが上向きとなっている状態の事を言います。

但し相場は『上昇トレンド』中であっても上方向へ真っすぐ伸びる事はごく稀で(強いトレンドが発生している時は別)、途中で参照図に示すよう大きな流れ(上昇)とは逆方向(下降)へと向かうのが特徴です。

こういった『上昇トレンド』での『エントリーポイント』は、『安値』で『エントリー』を掛け(買いポジションを持ち)、『高値』で『売る(イグジットポイント)』といった手法が一番好ましいやり方だと言われています。

この手法を『順張り』、もしくは『トレンドフォロー』とも言います。


『下降トレンド』における『エントリーポイント』を定義

エントリーポイントを定義
ダウントレンドにおけるエントリー方法

上記参照図は『下降トレンド』を表した図です。『下降トレンド』とは、相場の大きな流れが下向きとなっている状態の事を言います。

但し相場は『下降トレンド』中であっても下方向へ真っすぐ伸びる事はごく稀で(強いトレンドが発生している時は別)、途中で参照図に示すよう大きな流れ(下降)とは逆方向(上方向)へと向かうのが特徴です。

こういった『下降トレンド』での『エントリーポイント』は、『高値』で『エントリー』を掛け(売りポジションを持ち)、『安値』で『売る(イグジットポイント)』といった手法が一番好ましいやり方だと言われています。

この手法を『順張り』、もしくは『トレンドフォロー』とも言います。


『エントリーポイント』について

私はFXを始める前は株取引を主にしておりました。

株取引は経済環境が随時変化する中、今の経済環境のニーズに合った企業を先ずセレクトし、その中でも自分が面白そうなコレだと思う銘柄を買いにいきます。

為替もコレと同じで『現投資環境』がこうなっているから『ドル』が上がりそうだとかいうシナリオが立てられるのです。

この『シナリオ』が立ったら並行して『チャート』を確認します。

例えば下降状態からジワジワとくる上昇が入ったチャートであれば初期段階でのエントリーが可能となり思惑通りのトレードが出来る可能性が高くなります。

逆にどう見ても『行き過ぎてる』、『遅すぎる』等のチャートであれば潔く諦める事も出来ます。

仮にこういった場所で『エントリー』を仕掛けたなら簡単に相場は跳ね返してきます。

普段からこういったファンダメンタル要因による『情報』を察知できる環境(下準備)があれば『行き過ぎてる』、『遅すぎる』等は無くなるものです。

そもそもトレードとはこの入口と出口の1セットで取引が完結します。

この『入口』に入る前は『客観的』に相場を読むことが出来ますが、一旦『入口』に入ればは相場を『主観的』に捉えることになります。

簡単に言うと一旦相場に入れば自分の持ったポジションを優位に考えてしまい冷静な判断が効きにくくなるという事です。

つまりは『入る前』の『下準備』が如何に重要なのかを知っておくべきだと思います。


まとめ

よくFX関連の情報発信者が方向性がある程度決まっている相場ならどこでエントリーしても構わない(気にしなくて良い)という記事等を目にすることがあります。

私からするととんでもない無責任な事を書かれていると思います。為替は上にも下にも必ず調整が入ります(※一見調整なく動いてるトレンドも時間足を落として確認する習慣を付けて下さい、必ず調整が入ります。)

トレンド相場での最中でも関係なく大小の調整が入ります。コレが皆さんご存知の『押し目』と『戻り』ですね。

あなたが『下位足』を軸にされているトレーダーなら間違ったエントリーポイントで入るとこの調整幅でいとも簡単に損切りに掛かることでしょう。

先ず『トレンドフォロー』での最安・高値更新などの基本など『下位足』では全く役に立たないと事を知ることです。

いくら『方向性』がある程度読める相場であっても、根拠の無い場所でのエントリーはギャンブルトレードにしかなりません。

正しい『エントリーポイント』で入る事ができれば、こういった深い調整に損切られることもないのです。

この『調整幅』はFXをするにあたっての大きな『リスク要因』となります。

如何にこういった『リスク』を抑え且つ回避することが『エントリーポイント』の設定次第で可能だということを覚えておきましょう。

※今回はファンダメンタル要因の目線で解説しております。テクニカルでのエントリー&イグジットポイントはこの『ファンダメンタル要因の目線』を加味する事で更に精度があがります。

【関連記事】

TOPページへ