【終値】読み方は『おわりね』

終値とは

相場で取引を行うには必ず熟知する必要性がある『終値』。今回は『終値』の意味や、重要性を含め解説していきます。

『終値』は『おわりね』と読みます。1日の相場取引における最終に付く値段(価格)のことを指します。
基本は『大引け』に付いた値段のことを指します。

但し、一度は値段がついたものの、その後買い気配、売り気配のまま値段がつかなかった場合、『大引け』の値段は存在しませんが、『終値』はその日の最後に付いた(約定した)値段(価格)となります。

『終値』には、午前、午後とありますが、『○〇日の終値』という場合は、午後の『終値』の事を言います。

広い意味での『終値』は、ある対象期間での最後の値段(価格)の事を指します。

『終値』は、四本値の中の一つで、『分』、『時間』、『日』、『週』、『月』、『年』で、ある一定の期間において、最後に取引された値段(価格)のことを指します。

また『終値』は、同義語で『引値』とも呼ばれています。


『四本値(読み方:よんほんね)』とは

『四本値』とは、相場において、ある一定の期間(時間)を区切り、相場の値動きを示す時に使用される下記の4つの値段(価格)のことを指します。

  • 『始値』
  • 『終値』
  • 『高値』
  • 『安値』

『始値(読み方:はじまりね)』とは

『始値』とは、ある期間で最初についた値段(価格)のことをいいます。期間が1日の場合は、『始値』は『寄付(よりつき)』とも呼ばれています。

『寄付』と『大引け』の間に行われる取引を『ザラバ』と言います。

『高値(読み方:たかね)』とは

『高値』とは、ある一定の期間の中で一番高い値段のことを言います。期間は分から時間、1日、1週間、1カ月、1年などの単位や、株式では上場してからの全期間など、様々なカタチの期間で用いられます。
『高値』に対し、期間で一番安い値段のことを『安値』といいます。

『安値(読み方:やすね)』とは

『安値』とは、ある一定期間の中で一番安い値段のことを言います。期間は分から時間、1日、1週間、1カ月、1年などの単位や、株式では上場してからの全期間など、様々なカタチの期間で用いられます。
『安値』に対し、ある期間で一番高い値段のことを『高値』といいます。

『終値(読み方:おわりね)』とは

『終値』はその日(または各時間軸)の最後に付いた(約定した)値段(価格)となります。『引け値』も同義語です。


『四本値』を示す『ロウソク足』

四本値(上に示す4つの値段)における値段のデータを基に、それを一つにまとめ、グラフ化(チャート化)した代表的なものが『ローソク足』となります。

  • 分足:1分・5分・10分・15分・30分
  • 時間足:1時間・2時間・4時間・8時間
  • 日足:1日
  • 週足:1週間
  • 月足:1ヶ月
  • 年足:1年

『ロウソク』チャートにおける『四本値』

終値、読み方
上記参照図、中央付近にあるロウソク(陰線/ブルー)へ『四本値』を示しています。

『終値』の重要性

相場での取引で、最も重要視されているのが『終値』です。

皆さんが情報を得るニュースや経済情報では日々『終値』が公表されています。

これを見ても、いかに為替で『終値』が重要なのかが分かると思います。

先述した四本値(始値・終値・高値・安値)の中でも『終値』が一番重要視され、全てにおける投資判断は、この『終値』と言っても過言ではありません。

『日足』レベルで例えるなら、相場での『ザラバ』は、短期(スキャルピング含む)を巻き込んだ取引となり、参加する投資家の思惑に左右され、最後に『終値』となります。

『始値(寄付)』と『終値』は、その日の時間の両端(開始と終了)を示し、『高値』と『安値』は実際に値が動いた価格の両端を示します。

今日の『終値』は明日の『出発地点』になり、現在に一番近い過去が『終値』であるという重要性も含まれています。

また、その日の相場の決着地点が『終値』というカタチで示され、『ザラバ』を含めた取引時間内でつくられた値段(価格)の中で、最終的にマーケットにおける参加者全員が納得した価格が『終値』だということです。

もちろんこれは、日足だけではなく、下位足である分足から時間足、日足、週足、月足と全てに言える事です。

相場は週足でも月足でもあっても、結局は下位足(分・時間・日足)から形成されたもので、最後の『終値』が最終的な値段(価格)として記録されていくのです。

こういった長期スパンで考えた場合でも、『終値』が重要になるのかが分かると思います。

テクニカル分析でも、指標の殆どが『終値』で形成されるのはこの為です。

【関連記事】

TOPページへ