【タックスヘイブンとは】わかりやすく解説

『タックスヘイブン』とは

『タックスヘイブン』は、その特性や仕組み、また利便性の面から世界中における多くの企業や個人が利用している現実がります。『タックスヘイブン』のような税制慣行を容認することにより、世界経済において税負担の不公正を生じさせる弊害が指摘されています。

『タックスヘイブン』を直訳すると、税金(Tax)を回避(Haven)するという意味です。

『タックスヘイブン』とは、『租税回避地(租税避難地)』とも呼ばれております。

『タックスヘイブン』の国々では、企業や個人の所得や財産などに対し税率が極端に低く設定されていたり、中には皆無に等しい税率を行っている国などもあります。

わかりやすく説明すると、これは世界経済への自由化の波が大きくなったことで生じ、元々基幹産業もなく、外貨を獲得する事が困難な貧しい国や地域(後のタックスヘイブン)が税金を極端に低くする設定(税制上の優遇措置)を提供することで外国企業、または富裕層の資産を集めるという仕組みで構築されました。

※『タックスヘイブン』のヘイブンをHeaven(ヘブン/天国)と間違って捉えている方が多いと聞きますが、それは間違いです。簡単に言うと『税金を抑える避難所』だと言う事です。


『タックスヘイブン』を利用するメリット

『タックスヘイブン』を利用する個人や企業のメリットは、現地に『ペーパーカンパニー(実体のない組織)』などを設立し、所得や資産を本国から移すことで、納税額(法人税・所得税他)を大きく減らすことが可能となり、メリットはたいへん大きなものになります。

今日では、多国籍企業・金融機関・ヘッジファンドは『タックスヘイブン』に多くの特殊目的会社(SPC)やファンドを設立している実態も多く確認されています。


『タックスヘイブン』におけるマネーロンダリング

『タックスヘイブン』に資金を集める個人や企業は、本国における当局の監視の目が届きにくく、企業における不正会計や富裕層の脱税、また犯罪資金やテロ資金のマネーロンダリング(資金洗浄)の温床にもなっている現実があります。

このような『タックスヘイブン』の仕組みに対し、危機感を覚えた『経済開発協力機構(OECD)』が行ったのは、『タックスヘイブン』の『リスト公表(2009年より開始)』です。

この『リスト公表』により、資金を移動する個人や企業に改善や改革を促しています。

一見、この『リスト公表』は意味を成すのか賛否もありましたが、例えば世界的な経済活動を行い莫大な利益を上げている企業があったとします。

この企業が『タックスヘイブン』を利用し、税金をほとんど納めていない事実がもし発覚したら消費者はどう捉えるでしょうか。

勿論納得はできないでしょう。納得は愚か、その企業のブランドイメージも大きく崩れる事になり兼ねます。

企業が『タックスヘイブン』を利用するなら、こういった大きなリスクをとることに繋がり、今では『リスト公表』が強い抑止力にもなっている事実があるのです。

またアメリカでは、『外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)』という国内法で、外国に口座を持つアメリカ人の情報を外国金融機関に提供させています。


『タックスヘイブン』を行う理由

『タックスヘイブン』を行う国や地域は世界中に存在します。

中でも有名な『タックスヘイブン』を行う地域として、バハマ、バージン諸島、クック諸島などが挙げられます。

これらは全て島国となり、特殊な環境の仕組みもあり有力な産業が育ちにくく、財政難に陥った国や地域が多い特徴があります。

こういった背景もあり、これら地域は『タックスヘイブン』を取り入れ、税金を下げ、企業誘致することに力を注ぎ、世界中から莫大な資金を集める事になります。

『タックスヘイブン』を行った国や地域へは、あらゆる企業の設立が相次ぎ、富裕層たちも税金対策のために資産を移すようになったのもこういった理由があるからです。(※現在では先述した『マネーロンダリング』による世界的な締め付けが厳しくなり、こういった富裕層からの資金の流れも少なくなっています。)

【中南米・カリブ海地域】
  • ケイマン諸島
  • バージン諸島
  • バミューダ諸島
  • セントクリストファー
  • ネイビス
  • キュラソー
  • バハマ
  • パナマ
  • コスタリカ
  • ドミニカ
  • グレナダ
  • ウルグアイ
【アジア・太平洋・インド洋・中近東地域】
  • シンガポール
  • 香港
  • ブルネイ
  • フィリピン
  • マレーシア領ラブアン島
  • マーシャル諸島
  • クック諸島
  • ナウル
  • サモア
  • モルディブ
  • セーシェル
  • バーレーン
【欧州地域】
  • スイス
  • オーストリア
  • ベルギー
  • ルクセンブルク
  • リヒテンシュタイン
  • モナコ
  • サンマリノ
  • アンドラ

【関連記事】

TOPページへ