『ヘッジファンドとは』わかりやすく解説

『ヘッジファンド』とは

『ヘッジ・ファンド』の詳しい実態をご存知の方は少ないと思います。マーケットを動かすキーパーソンでもある謎の多い『ヘッジファンド』ですが、他では聞けない『ヘッジ・ファンド』の話も織り込みながら今回は解説していきます。

『ヘッジ・ファンド』とは、わかりやすく言うと世界中のマーケットに対し、非常に大きな影響力を持つ『投資家ファンド』の事を言います。

彼ら『ヘッジ・ファンド』が、マーケットのトレンドをつくるとまで近年では言われています。『ヘッジファンド』の『ヘッジ』は日本語で直訳すると『避ける』ということです。

元々彼らは相場が下がった時に、顧客から預かった資産の目減りを避けるといったワークから運用益をだしていました。名前から来るイメージで、昔は『ヘッジ・ファンド』を良い先入観(リスクをヘッジする)を持たれている方達も沢山いらっしゃいました。

しかし今日では、個人投資家達をもターゲットにする『ヘッジ・ファンド』として負のイメージが強いかも知れません。

時代の背景もあり、この形態に変化があった今では『絶対リターン』を狙い、極めて高いリスクを取りにいく投資家集団の代名詞になりました。

今では私を含め多くの投資家達を悩ます種でもあります。私の知り合いで在シンガポールの方だけでも『ヘッジ・ファンド』の方が数名いらっしゃいます。

元バンカーの人であったり元凄腕ディーラーと言われた皆さんです。

皆さん、変わった方(良い意味で個性的な方)が多いのですが、どなたも富豪から認められるに相応しい方達ばかりです。


『ヘッジ・ファンド』の手法とは

彼ら『ヘッジファンド』は、様々な手法を用いて複数の金融商品(金融派生商品等)を分散化し高い運用益を得ようとします。

先物』はもちろんの事、『信用取引』まで幅広くマーケットの上げ下げに関係なく収益をあげていきます。

FX(外国為替証拠金取引)は、彼らが得意とする分野の一つでもあり、マーケットに参入する機会を常に伺っています。

また、運用における手法も多様に使い分けするのが彼ら、『ヘッジファンド』の特徴でもあります。

売り買いを組み合わせ、マーケット全体の値動きを最小限に抑える『ロング・ショート運用』や『マーケット・ニュートラル運用』。

莫大な資金量を持ち、値動きがあるマーケットへコミットし、高いレバレッジをかけ運用する『マクロ運用』等、様々な手法を用いります。


マーケットを動かす2つの『ヘッジファンド』

前項で紹介した、マーケットに影響を及ぼす『ヘッジファンド』は2種類です。

トレーダーなら覚えておきましょう。

  • マクロファンド
  • モデルファンド

『マクロファンド』とは

『マクロファンド』の手法は、ファンドマネージャーがファンダメンタルズ要因をウォッチし、どこでどういったポジションを持てば最も高いリターンが得れるかを判断し、コレを投資行動に移すといったヘッジファンドになります。

『ソロス・ファンド・マネージメント』とは

この手法で有名なのが『ソロス・ファンド・マネージメント』です。

『ソロス・ファンド・マネージメント』とは、みなさんも良くご存知の『ジュージ・ソロス』率いるファンドです。(※普通の投資信託は公募投信で一般に募集されますが、『ヘッジファンド』は私募投信なので限られた人のみが出資して運用するファンドとなります。)


『マクロファンド』の手法

『ヘッジファンド』は私募投信で集めた莫大な運用資金を先ず銀行に預託します。

この莫大な運用資金を証拠金(マージン)にあてがいマーケットへ参入するのです。

預託される保証金の元本以上にレバレッジを効かせ、個人投資家では有り得ない運用資金量で取引をします。

『ヘッジ・ファンド』がマーケットを動かす要因と言われる理由がココにあるのです。

余談ですが、『ヘッジファンド』のレバレッジは90年代後半にあったロシア危機(LTCMの破綻がきっかけで金融マーケットに大きな影響を与えた事件以降、銀行側がレバレッジ規制に乗り出した経緯があります。

それ以前は、今とはかけ離れたハイレバレッジで『ヘッジファンド』はトレードを行っていました。

当時の為替レートの動きを見たら分るのですが、『ヘッジファンド』のハイレバレッジにより今より為替が大きく動いていたのが確認できます。

しかし、ロシア危機以降の規制によってレバレッジが下がった今でも、資金量の豊富さから『ヘッジファンド』はマーケットを動かす重要なキーパーソンであることには間違いありません。

通常のイメージでは、『マクロファンド』はファンダメンタルズを高度に分析し、またこの手法のみを使ったやり方でマーケットへ参入しているという印象をお持ちの方が多いと思います。

しかし実際には違います。

もちろんファンダメンタルズを使った手法も使うのですが、実は皆さんが良くトレードで目のあたりにする『ブレイクアウト』での人為的な仕掛けを得意としています。

これは『レンジ帯』を一旦ブレイクしたにも関わらず、ブレイク方向とは逆の方向へとレートが持って行かれる事象なのですが、実は多くの『ブレイクアウト』が『ヘッジファンド』が人為的に仕掛けた罠だと言う事なのです。


『モデルファンド』とは

『モデルファンド』はテクニカル分析をメインに扱います。

あらかじめシステム化された売買サインを使って売り買いを行うファンドです。

世界各国の経済指標雇用統計等)の差値を数値化し、トレードにおける判断材料に応用する凄腕トレーダーの集団だと思って下さい。

通常『モデルファンド』のパターンとして多いのはテクニカル分析を用いた売買シグナルでのトレードです。

分析手法のパターンはシステムを構築する開発者の数だけあると言われていますので、コレを解析するのは非常に困難だとも言われています。

あと『モデルファンド』はトレードするにあたり『短期売買』と『長期売買』の二つを持ち合わせています。

その時々のマーケット状況を分析し、その都度使い分けをするといった手法です。

『短期売買』では基本『逆張り』を行い、『長期売買』では『トレンドフォロー』を主軸とした『順張り』を行います。

『モデルファンド』を使う投資家達は、この2つを使い分けて運用するカタチとなります。

つまり手法は大きく分け『順張り型』と『逆張り型』からなるという事です。

『順張り型』とは

この『モデルファンド』はトレンドフォローを得意としマーケットの大きな流れに沿う手法をメインとして扱います。

中には買いサインが出る度に買い乗せ&売り下がりを重ねる手法をメインとして扱う『順張り型』も多いと言われています。

あと先述した『マクロファンド』が得意とする『ブレイクアウト』での手法です。

『マクロファンド』では分析者が培った経験等を含める『心理戦』で逆張りに依る売買を仕掛けるのですが、『モデルファンド』は全て数値化されたシステムで順張り環境に依る売買シグナルを出す手法となります。

『ブレイクアウト』をシステムが察知し、マーケットの強弱を数値化で判断し売り買いを仕掛けるのです。

『ブレイクアウト』では、こういった『モデルファンド』や『マクロファンド』との壮絶戦いの場所でもあるのです。

『逆張り型』とは

いわゆるテクニカルにおけるオシレーター系を使用するタイプです。みなさんも良くご存じの『RSI』や『ストキャスティクス』等を用いた手法です。

もちろんコレだけで勝つことは困難なので、独自の手法とを絡ませて売買を行います。


『モデルファンド』のマトメ

『モデルファンド』は表に出てこない、謎めいた『ヘッジファンド』でも有名です。

先述したオシレーター系でシステムを構築される方々は、いわゆる理工系に属するトップエリート集団だと思って下さい。

因みに私の参加するシンガポールのコミュニティーの方は『マサチューセッツ工科大卒』です・・

今回、書き留めた内容を見て既に分かった方も多いと思いますが、この『モデルファンド』はマーケットに対しニュートラル(中立)な立場の『ヘッジファンド』です。

『マクロファンド』とは相対的な『ヘッジファンド』になります。

※『ヘッジファンド』の中でも『モデルファンド』は、トレードするにあたり私たち個人トレーダーが必要以上に意識する必要性はないと私は考えています。


『ヘッジファンド』間での情報共有化

彼らは通常、私たち個人トレーダーとは異なった手法パターンで運用益を得るのですが、稀にマーケットに強いトレンドが発生した場合、従来なら私たちと異なった手法で参入する『ヘッジファンド』が私たちと同じ方向性で動く時があります。

彼らには独自の連絡網が有り、こういった情報を瞬時に共有し一挙に売買を仕掛けます。こうなった場合、マーケットは更に加速し始め大きく相場が動き出します。彼らが情報共有した場合の相場は目を見張るものが在ります。

※『ヘッジファンド』は横の繋がりも強固です。こういった場面で仕掛けるのも1社より2社、2社より3社と、多くなればなるほどマーケットを大きく動かせるからです。

今では、こういった『ヘッジファンド』の同業間での情報の共有化は当たり前の様に行われています。


『ヘッジファンド』の歴史を見る

ここでは『ヘッジファンド』がマーケットで行った、過去の大きな事例を書き留めたいと思います。

私がFXを始める前、今から約20年前に起こった為替界に起こった『大事件』の真相についてです。


アジア通貨危機』とは

1996〜1997年に起こった経済危機の事を指します。

東南アジア諸国(発端はタイ)に投資されていた資金が短期間に大量の資金が海外へ流出し、その結果アジア各国の通貨が暴落した経緯があります。

コレを仕掛けたのが他ならぬ『ヘッジファンド』です。

この事件で大きな利益を獲得した『ヘッジファンド』は新たに大きな仕掛けをします。

1998年にドル円の金利差に目を付けた多くの『ヘッジファンド』が、『円売りポジション』を激しく売り増しに入ったのです。

言うまでもなく東京市場は激震に見舞われる様相となります。


『ロシア経済危機』とは

その折に起こったのが、有名な金融危機でもある『ロシア経済危機』です。

ロシアに巨額投資していたアメリカのヘッジファンド『LTCM』が破綻します。

当時『LTCM』はノーベル賞受賞者も名前を連ねる『凄腕ヘッジファンド』で人気を博し、こういった信用力があるためアメリカの金融機関からも巨額の資金を得ていました。

『LTCM』の破綻の影響が金融業界を当然覆います。

この事件以降に各銀行関係は為替トレートに消極的になっていきます。

高い『レバレッジ』を抑えだしたのも調度この時期です。

『LTCM』が破綻後マーケットは流動性を欠きます。

相変わらず『ヘッジファンド』は暴落狙いでマーケットへ『売り』を仕込みます。

そして、ついにXデーが来ます。

ドル円相場は10月2日〜9日の2日間だけで20円幅で暴落。

ナント2日間で20円です。

動かないドル円相場で年12円程度です。

20円幅が如何に大きい変動値かが分かるでしょうか。

今回の『コロナ』の動向も気になるところですが。


過去の教訓を生かして

この事件から教訓を得た私の師匠からいつも言われる言葉があります。

  • マーケットで流動性が欠ける時は大きく動く。コレを狙うと利益も大きいが、逆に動くと損も大きい。流動性が欠けたマーケットは勇気を持って撤退しろ。
  • レートが大きく動く時は必ず予兆が入る。この予兆に対する根拠が無ければ即撤退しろ。
マーケットに流動性が欠けると大きく動く

FXをある程度の年数を経験すると、チャートの動きだけで流動性の有る無しが『相場観』を用いて分かってきます。

この流動性の無いマーケットでは、大きく動く前に必ず予兆が入ります。

短時間で乱高下(値幅は様々)を繰り返し、その後大きく動くのです。


まとめ

流動性の無いマーケットを得意とし、暗躍するのがヘッジファンドです。

もちろん、流動性の無いマーケットの全てとは言いませんが、彼らは巧みに上下を大きく刈り取るトレードを行います。

こういった状況下でのトレードは半ばギャンブルに近いカタチとなります。

コツコツ積み上げてきた利益も一瞬で飛ばす人が多いのも事実です。

私も分かってはいるのですが未だに短期でやられる時が未だにあります。

コレを書きながら再認識させられましたw

皆さんも肝に銘じてトレードを行なって下さいね。

【関連記事】

TOPページへ