【投資とは】わかりやすく解説/金融・FX編

金融における『投資』とは

英語表記:investment

金融における『投資』とは、金融資本を経済や経営活動を通じ、リスクが生じる投資対象へ投下する行為の事を言います。

わかりやすく言うと金融における『投資』とは、利益を見込んで自らの資産を差し出す事を指言います。株式投資や投資信託がコレに該当します。

この『投資』を行う際に、資産を差し出す側を『投資家』と言います。

『投資』におけるやり方では、初心者などは先ず少額から始める事が良いとされています。『投資』には様々な種類の投資対象が混在し、それぞれにメリット・デメリットやリスクとリターン、またはプロファイルが異なってきます。


『投資』によるリスク

企業は自己資本に加え、追加的な他人資本(投資家資本)を調達する事により、より大きな投資機会を得る事が可能になります。

例えば株式や債券等の場合、投資家に依って提供された資金を使い、オフィスの拡張や、それに伴う設備投資、人材育成や優秀な人材獲得等に資金を回します。

企業はこういった企業リスクをとる事により、将来的に企業の価値をあげていく努力を行い、経営拡大に繋げていく必要性が常に求められています。

こういった企業努力により、利益を上げる事に成功したなら企業価値増大に依るキャピタルゲインや配当金として、利益の一部を投資家へ還元される事が約束されています。

またこれとは逆に、こういった企業努力も数値化せず無駄になる場合も予測されます。銀行における預金等の元本は保証されていますが、『投資』に関しては、こういった基本的な保証等は一切ありません。

最悪は元本割れで資金も無くし、マイナスの可能性すらあるのが『投資』の世界です。

『投資家』による『投資』とは、こういった先見の眼も必要になってくる、常に『リスク』を伴った投下行為だと認識しておきしょう。


『投資』と『投機』との違い

金融における『投資』と『投機』の違いとは、広義では単純に『リターン(利益)』を回収する期間に依って区分付けされています。

例えば先述した株式や債券等の場合、『投資家』が『投資』を行う企業を先ず選定し、その企業の中・長期での将来的な成長を見越して『投資』を行います。

仮にこういった企業が地道に成長し、『投資家』たちに利益を還元できるのは相応の時間が必要です。

こういった中・長期での資本の投下行為を『投資』と言い、この期間以下(中・短期)での資本の投下行為を『投機』と広義では位置付けています。


FXは『投機』

FXでは、近い将来におけるレート判断を『投資家』が行い、価格変動によるリターンを獲得する投資法の一つに挙げられます。

前述した株式や債券等の『投資』では、『リターン』を得るまでに最低数か月から数年を要します。コレに比べFXでは、ポジションを長期保有するスイングトレードでさえ保有する期間は数日から長くて数か月です。

これによりFXでの『リターン』は短期回収と見なされ『投機』として位置付けされています。


『不動産』も投資の対象

『不動産』の場合、購入した資産の利用内容によって異なります。『投資家』が『投資』として『不動産』を購入した場合、キャピタルゲイン、または賃料利回りや賃貸資産を期待して資本を投下した事になり、こういった『不動産』は『投資』として区分付けされます。


ギャンブルは『投資』ではない

売り買いによる『リターン』の合計が必ず0、もしくはマイナスになる対象への投下行為は『投資』ではなく『ギャンブル』の区分になります。

例に挙げると『宝くじ』や『パチンコ』、『公営競技(競馬・競輪・競艇)』などがコレに含まれます。

※株取引や先物取引のような投機的性格が強い『投資』は『マネーゲーム』と言われる事があります。投機的性格の強い『投資』によっては広義で『ギャンブル』に含められる場合もあるので覚えておきましょう。


まとめ

『投資』や『投機』、また『貯蓄』は、将来における大切な資産形成に必要なものです。『貯蓄』とは、通常お金を貯える事の意味合いを指し、銀行における預金などがコレに該当します。

日常で必要な資金を預け入れる普通預金などは、自由に入出金できる流動性の高い『貯蓄』方法としてたいへん便利なものです。

一方で子供の教育費や老後に必要な資金等は、今は必要なくても将来的には必ず必要となってきます。こういった将来的に必要とされる資金は、なるべく早い時期から時間を掛け(リスクヘッジ)『投資』や『投機』に資金立てして少しずつでも増やしていくのが賢明だと私は考えます。

【関連記事】

TOPページ