FXのスイングトレードとは

 

FXのスイングトレードとは

FXのトレードスタイルは大きく分けて4種類です。

『スイングトレード(スインガー)』とは

『スイングトレード』とは、2〜3日間から数週間ポジションを保有し、この期間内にトレードを完結(決済)するという『トレードスタイル』の事を言います。

また『スイングトレード』を行うトレーダーを『スインガー』と呼びます。

『デイトレード』や『スキャルピング』に比べ、チャートへの監視も常時必要性がなく、トレード以外にお仕事を持たれる『兼業トレーダー』の方には大変人気のある『トレードスタイル』でもあります。

ある一定期間ポジションを保有する『トレードスタイル』のため、勝てば1度に多くのpipsを獲得する事も可能です。

昨今では『スイングトレード』に関する書籍も多数販売されており、資金管理をはじめ各種インジケーターやレバレッジ設定、損切のタイミング等、手法等に関する書籍も多く出版されています。

FX、スイングトレードとは
スイングトレードではストップロスの設定は必須

『スイングトレード』では『ストップロス』の設定は必須

『スイングトレード』では、2〜3日間から数週間ポジションを保有するトレードスタイルです。

『デイトレード』や『スキャルピング』といったトレードスタイルに比べ圧倒的に保有期間が長くなり、これに伴い『ファンダメンタルズ』等におけるトレードへのリスクも大きくなります。

こういった背景もあり、『スイングトレード』では『ストップロス』の設定が必須となる事も覚えておきましょう。

 


『スイングトレード』のメリット&デメリット

『スイングトレード』は、前述した通り数日間から数週間ポジションを保有するトレードスタイルです。

相場の短期的な動きに動じる事なく、ゆっくりとポジションを引っ張っていくという大らかなトレードスタイルでもあります。

また、『デイトレード』や『スキャルピング』をメインにされている方達に比べ、チャートを随時監視する必要性もなく、トレード以外にお仕事を持たれる『兼業トレーダー』の方にも人気あるトレードスタイルです。

しかし、注意して欲しいのが『スイングトレード』が他のトレードスタイルに比べ楽だという事では決してありません。

『スイングトレード』も他のトレードスタイル同様に相応の分析が必要となり、また他のトレードスタイルに比べてポジションを保有する期間が長くなる事から『ファンダメンタルズ』等におけるリスクを多く持つ事になります。

『デイトレード』や『スキャルピング』に比べ、ストップロスの位置を深く設定する必要があり、これに準じて『レバレッジ』や『ロット』の管理、つまりは資金調整や資金管理が必要となるトレードスタイルです。

 

FX、スイングトレードとは

【関連記事】

TOPページ