FX専門用語【ロット】意味をわかりやすく解説

FXで使用する『ロット』の意味

『ロット』とは、FXで取引するにあたり1回の取引量(通貨量)の単位の事を言います。

またFXでは『ロット』の同義語として『枚数』も同じ意味で使われています。

但し注意して頂きたいのは、通貨を扱う『FX関連業者』によっては『ロット』に対する通貨量が他社と異なる場合があるので、取引される際には注意が必要です。


FX業界における基本的な『ロット』に対する通貨量

  • 1ロット:10万通貨
  • 0.1ロット:1万通貨

上記内容は、殆どの『FX関連業者』が提示する1ロットあたりの通貨量となります。

ドル円で例えると、1ロットの取引では10万ドルを売買する事になり、0.1ロットでは1万ドルという取引量になります。

※上記内容は、あくまで一般の『FX関連業者』での換算です。取引を行う際には必ず契約されている業者に確認をとってからトレードを行うようにして下さい。


ドル円で取引すると

0.1ロット取引では

例えば1ドル100円のレート時に、ドル円で0.1ロット取引したとしましょう。

売買値から1銭動くと円換算では100円動く計算になります。

思惑方向にレートが1銭傾けば利益は100円、思惑とは逆方向なら損失は100円となります。

1ロット取引では

例えば1ドル100円のレート時に、ドル円で1ロット取引したとしましょう。

売買値から1銭動くと円換算では1.000円動く計算になります。

思惑方向にレートが1銭傾けば利益は1.000円、思惑とは逆方向なら損失は1.000円となります。


相場が動くと利益も損失も大きくなる

0.1ロット取引では

では次に、ドル円を使って大きな損失が出た場合の例です。

米ドルが1ドル100円時に『0.1ロット』を買ったとします。その後レートは思惑方向へ向かわず下降した95円で決済を行ったとします。

この場合0.1ロットが1万通貨(1万ドル)なので損失は5万円という意味です。

1ロット取引では

米ドルが1ドル100円時に『1ロット』を買ったとします。その後レートは思惑方向へ向かわず下降した95円で決済を行ったとします。

この場合1ロットが10万通貨(10万ドル)なので損失は50万円です。

例に挙げたように、FX取引では相場が思惑通りに動けば大きな利益を出せますが、思惑通りに動かなければ大きな損失を抱える事になります。

FXに限らず投資には相応のリスクが必ず付いてきます。

取引される場合は充分にこれを理解してトレードを行うようにしましょう。


まとめ

基軸通貨でもある米ドルを中心に、メジャー通貨と呼ばれる通貨(ドル、ユーロ等)であれば、その殆どが1ロット1万通貨で提示されています。

これに対し、新興国通貨(南アフリカランドやメキシコペソ等)では1ロット10万通貨という設定も中にはあります。

トレードでロット数の換算違い等で生じる損失は、一つ間違えるととても大きな損失を抱える可能性があるので、取引を開始される際には今一度確認を取ることが大切です。

FX初心者等であれば、1ロット1.000通貨単位で取引可能な業者も存在するので、最初はこういったリスクを抑えながら取引を行うのがベストでしょう。

【関連記事】

TOPページ