【スリッページに隠されたリスク】絵でわかりやすく解説

『スリッページ』とは

英語表記:slippage

日本語訳:滑る

『スリッページ』とは、相場における為替レートに変動が生じた場合、提示されたレートよりも前後に乖離したレートで約定してしまうリスクの事を指します。

わかりやすく言うと、『ストリーミング注文』及び、逆指値注文を発注する際に起こる、注文時のレートと実際の約定のレートの差の事です。

例えばドル/円で、100.000円で発注した注文が100.005で約定した場合、0.5ピップス(pips)の『スリッページ』が発生したことになります。


『スリッページ』はなぜ起こる?

最近は場所に関わらず、どこでもトレードが行える通信環境が整備されてきました。

一昔前では夢のような環境です。

FXでは、このネット環境さえあれば、高速回線を使ったトレードが、いつでもどこでも気軽に取引が行えます。

FXでは、パソコンやスマホから注文することも可能ですが、取引するにあたり多少の通信ラグが存在します。

通信ラグと言っても約1秒前後で『FX関連業者』のシステムに届きます。

しかしFX取引は、『インターバンク市場』を介し世界中で常時取引を行っている事もあり、コンマ数秒でレートが大きく変動する時が多々あります。

こういったコンマ数秒という通信スピードの中で生じる誤差が『スリッページ』というリスクとなって表れてくるのです。


『ストリーミング注文』とは

『ストリーミング注文』とは、『FX関連業者』から提供される注文アプリでのレート表示を見て、好きなタイミングでボタンを押す事に依り発注できる注文方法の事を言います。

『ストリーミング注文』で『スリッページ』の設定を行う事により、成行注文にあるような約定レートでのブレを抑えてリスクヘッジができ、約定したい場所での注文が可能となります。

『ストリーミング注文』で『スリッページ』の設定がない場合、クリックした瞬間にレートが動き不利な注文内容で約定するというリスクがあります。

こういったトレードで生じるリスクを予め『スリッページ』を設定する事により、事前に抑える事も出来る便利なものと言えるでしょう。


『スリッページ』を絵で解説

新規買い注文時での『スリッページ』
スリッページ、リスク
新規買い注文時でのスリッページ

上記参照図は、ドル/円の新規買い注文時での『スリッページ』を『5』に設定した時の内容です。

  • ドル円の新規買い注文時が100円だったとします。
  • この時、『スリッページ』の設定は『5』なので、上方向の100円~100.005円までの間と、下方向の100円~99.995円、つまり100.005〜99.995円の間は約定が成立しするという事になります・
  • 逆に約定できないレートは、100.006円以上と99.994円以下になるという仕組みです。
新規売り注文時での『スリッページ』
スリッページ、リスク
新規売り注文時でのスリップページ
  • ドル円の新規売り注文時が100円だったとします。
  • この時、『スリッページ』の設定は『5』なので、上方向の100円~100.005円までの間と、下方向の100円~99.995円、つまり100.005〜99.995円の間は約定が成立しするという事になります・
  • 逆に約定できないレートは、100.006円以上と99.994円以下になるという仕組みです。
 

『スリッページ』でのリスク

『スリップページ』とは、ストリーミング注文で指定したレートと実際に約定するレート間に乖離が生じる事を言います。

この『スリッページ』による影響は、大なり小なりトレーダーなら誰しも経験があると思います。

時にはレートが大きく乖離し、レバレッジロットを大きく張ったトレーダーはポジションを持った瞬間に大きな損失を持つ事にもなり兼ねません。

ご多分に漏れず私もそういった一人でもありました。

過去のこういった経験により、今では『スリッページ』の設定をトレード毎に確認するというルーティンまでもが自身のトレードには組み込まれています。

『スリッページ』の設定を行うという事は、トレーダー自身が約定させたいレートで約定させることが可能となり、クリックした瞬間にレートが不利益な方向へ変動した場合は約定させない便利な注文方法となります。
 
成行注文でのような、約定レートにブレを生じさせない為の有効な手段です。
 
『スリッページ』を設定する事により、トレードで生じる『スリッページ』のリスクを予め抑える事が出来る便利なものと覚えておきましょう。
 
『FX関連業者』によるリスク

『スリッページ』に関しては、トレーダーが契約する『FX関連業者』により開きは様々です。

これは『FX関連業者』へ注文が届いてからのシステムの処理スピードが各社で異なるために起こるものです。

レート配信などでも確認できますが、処理スピードが遅い会社ほど『スリッページ』が起こりやすく、また広がる傾向があるという事を知っておきましょう。

【関連記事】