FXでの成行注文とは

『成行注文』とは

『成行注文』とは、FXでの注文方法の一つとなります。

予め売買ポイントを決める『指値注文』に対し、『成行注文』ではトレーダーの任意の場所(好きな場所)において、クリック一つで売買が行えます。

『指値注文』を行う際には、売買を行うレート値の入力が生じますが、この『成行注文』では、現レート値における売買をボタン一つで行える手間のかからない注文方法です。

チャート画面を見ながらトレーダーの手法に合わせたリアルタイムな注文が可能となります。

成行注文の英語表記:market order

『成行注文』のやり方

取引されるプラットフォームで『売り』と『買い』ボタンが設置されています。(設置方法はFX関連業者により様々。)

チャートを確認しながら、為替レートを設定せずに『売り』と『買い』ボタン、どちらかを押すだけで『成行注文』が成立します。

FXと株取引での『成行注文』の違い

『株取引』での『成行注文』というのは、『値段は幾らになっても良いから買う!または売りたい!』というカタチの注文方法となりますが、FXでの『成行注文』は、『現在値レート』で売買を行うカタチの注文となり、ボタンをクリックした時点での注文成立が殆どで、『株取引』の『成行注文』とはスピード感が全く異なったものとなります。

成行注文とは 、FX
ボタン一つで簡単注文

『約定』とは

FXの取引では、注文が成立する事を『約定』と言います。

取引を行う、プラットフォームを提供する『FX関連業者』によっても様々ですが、注文が通り『約定』する際にはアラートやビジュアル表示等で『約定』を確認する事ができます。

『スリッページ』とは

『成行注文』で注意が必要なのが『スリッページ』です。

『スリッページ』とは、簡単に言うと売買を行いたい場所でボタンを押しても、その場所で『成行注文』が成立できない事を言います。

初心者の方等は、この『スリッページ』の設定も『デフォルト』の状態の方が多く、『成行注文』を行っても『スリッページ』が生じ、任意の場所での注文が成立できずにいる方も多く見受けられます。

時には大きく『スリッページ』が生じ、思いも知れない場所(損失が生じる可能性があります。)で約定する可能性があるので、今一度お取引されているプラットフォームでの『スリッページ』を確認しておきましょう。

『成行注文』の呼称は様々

『成行注文』は、取引される『FX関連業者』によっても呼ばれ方は様々です。

『マーケット注文』や『プライスオーダー』、『クイックトレード』、『リアルタイムトレード』等いろんな呼称で呼ばれています。

【関連記事】

TOPページ