FXでのプロスペクト理論

 

FXでのプロスペクト理論

『プロスペクト理論』を深く理解しているか否かで、FXの勝ち方に差がでると言っても過言ではないでしょう。トレーダーはもちろんの事、投資家なら知っておいて損はない『プロスペクト理論』を今回はわかりやすく解説していきます。
 

『プロスペクト理論』とは

  • 英語表記:Prospect theory
  • 考案者:ダニエル・カーネマン&エイモス・トベルスキーの両氏(行動経済学者)
  • 提唱年:1979年に提唱された学説
  • 『プロスペクト』の意味:『期待』、『予想』

『プロスペクト理論』に関しては多少賛否もありますが、昨今では専門書も多く出回り、私達トレーダーの間でも人気が高く、且つ実践でも有効に使える理論です。

自身もFXで取引を行うとき、この『プロスペクト理論』を常に意識していた過去があります。

これを読む読者の方で、未だ『継続して勝てる手法』等をお持ちでないなら、この『プロスペクト理論』はトレードできっと役に立つと思うので、ご自身のトレード手法に是非組み込んで下さい。

『プロスペクト理論』は、ギャンブルや恋愛など意外なところでも多く使われています。今回はFXで使える『プロスペクト理論』を、初心者の方にでも分かりやすく解説していきます。

プロスペクト理論、わかりやすく
プロスペクト理論とは

『プロスペクト理論』とは、『トレーダーは目の前にある利益を早く確実に得ようしますが、これとは逆で損失がある場合、その損失を少しでも避けようとし、根拠もなくレートが戻って来るという主観的な考えで長くポジションを持ち続け、最後には大きな損失を出す結果に繋がる』という価値観数を軸にした損失回避の理論です。

プロスペクト理論、わかりやすく
利益の思考

『プロスペクト理論』における利益への思考

例えばあなたが『ドル買い』を行ったとします。レートは思惑通り『円安/ドル高』へと向かったとします。

あなたは目先の利益を早く確定したいが為に、元々目標に置いていた利確ポイント手前で利確する事を選択します。

その後、レートはあなたが目標に置いたポイントまで到達するという流れです。

これは『プロスペクト理論』にある、『トレーダーは目の前にある利益を確実に早く得ようと利確します。』からくるものです。

プロスペクト理論、わかりやすく
損失への思考

『プロスペクト理論』における損失への思考

『ドル買い』で今度は逆に損失のポジションを持ったとします。あなたは『損失』を少しでも抑えるために、『戻って来て欲しい』という『根拠』のない考えを軸にレートが戻るのをただひたすら待ち続けます。

見る見るうちに『損失』が膨らみ、最悪の場合、『ストップロス』に掛かりトレード終了です。

こういったトレードは、遅かれ早かれトレーダーなら誰しも経験する事ですが、残念ながらこういったトレードは、『ギャンブルトレード』を行っていると認識しましょう。

トレードでは、思惑通りの方向でなければ気が付いた時点で直ちに『損切り』を執行することが重要です。

これは思惑通りの方向はトレードにおける『根拠』の証であり、思惑通りでない方向は『根拠』のない『ギャンブルトレード』になるからです。

『いつか戻ってくるだろう・・』という根拠の無いトレードを行っている限り、残念ながらFXで継続して勝つ事は難しいと私は考えます。

これは『プロスペクト理論』にある、『損失がある場合、その損失を少しでも避けようとトレーダーは長くポジションを持ち続けます。』からくるものです。

プロスペクト理論、わかりやすく
『損小利大』は永遠のテーマ

『損小利大』とは

投資の世界では、『損小利大』という言葉が在ります。これは損失を出来るだけ小さく抑え、利益は出来るだけ大きく伸ばすという、投資の世界では理想とされる『トレーディングスタイル』です。

しかし実際には、こういった『損小利大』のトレードを行えるトレーダーは、ほんの一握りです。

私(トレーダー・ジョー)のリアルトレードをご覧になった方は分かると思うのですが、私の『ロジック』はレートを最後の最後まで追い詰めていく『トレーディングスタイル』です。

このスタイルのトレードを確立する事により『損小利大』が実現できます。

 


『損小利大』を可能とする『プロスペクト理論』を使ったトレード

私はFXで継続して勝てない時期、『損小利大』を強制的にカラダへ叩き込んだ過去があります。ココでこのやり方を少し紹介します。

FXで継続して勝てないという時期は、トレードにおける『根拠』が薄い時期でもあります。この時期に『プロスペクト理論』を知らずにトレードを行えば、大切な資金を溶かすどころか最悪は相場からの退場にもなり兼ねません。

そこで私が行ったのは、『プロスペクト理論』を用いて考えた下記に示す2つの行動です。

プロスペクト理論、わかりやすく
『損小利大』のトレードとは

トレードルール』の中に組み込む『トレードプラン』に、『エントリーポイント』と『イグジットポイント』をトレード前には明確にする。

これは『プロスペクト理論』にある、『トレーダーは目の前にある利益を早く確実に得ようします』への対処法です。これからトレードを行うという時は、トレーダーとして何らかの『エントリー根拠』があるはずです。(無ければ只のギャンブルです)

『エントリーポイント』と『イグジットポイント』の設定は、必ずトレード前に行うよう心掛けて下さい。また継続して勝てない方や初心者等の方に多いのが、トレード中に設定値を何度も変えるといった行為を見掛けます。こういった行為もFXで勝てない大きな理由と認識しましょう。(ポジポジ病

トレード前は相場を客観視できますが、参加者として一旦相場に入ると主観的に相場を捉えます。相場が思惑方向と逆行するなら、主観的に『ポジション』を守る(損失を抑えたいので理由なく待つ)というのが『プロスペクト理論』です。

わかりやすく言うと、そこには既にトレードに必要な『根拠』が無いという事です。トレード前に決めた『エントリーポイント』と『イグジットポイント』は、あなたが客観的に相場を分析した、今のあなたのレベルでは最良のポイントとなるハズです。

その根拠づけた『エントリーポイント』へ『指値』を設定し、『イグジットポイント』に『逆指値』を設定します。その後レートが動き、『利確』したなら先ずは成功です。

プロスペクト理論、わかりやすく
エントリー後はチャートを見ないのも一つ

✔エントリー後はチャート画面を落とし、トレードが完結するまでチャートを見ない(相場動向を確認しない)

エントリー後はチャート画面を一旦閉じ、トレードが完結するまで待ちます。何故なら前述した通り、継続して勝てない方や初心者等の方がエントリー後もチャート画面を見続ければ、相場を『主観的』に捉えてしまい、相場の動きに耐えられなくなり各設定値を都合よく動かす可能性があるからです。

何度も書きますが、相場へ参加する前に決めた『エントリーポイント』と『イグジットポイント』は、今のあなたのレベルでは最良のポイントになるハズです。エントリー後、思惑とは逆方向に相場が動いても『ストップロス』が機能して損失を最小限に留めるでしょう。

また、思惑通りの方向に相場が向かえば最大の利益が獲得できます。これが過去に私が行った『損小利大』のやり方です。

あなたがトレード前に抽出した『エントリーポイント』と『イグジットポイント』における根拠があるのなら、一度試してみる価値はあると思います。

またこれを繰り返すことによりトレード根拠に自信がついていきます。後はこの自信を繰り返し上積みする事でトレード力が身についてくるでしょう。

そうなればチャートを落とす事なく(パソコンを閉じる事なく)相場を徐々に客観視できる様になります。

プロスペクト理論、わかりやすく
プロスペクト理論からの卒業

『プロスペクト理論』が必要なくなれば『勝ち組』へ昇格

私は現在、独自の『ロジック』でトレードを行っています。FXを始め5年目で、ようやく構築できたものです。もちろん継続して勝てる『ロジック』です。

この『ロジック』を構築できてから私は『プロスペクト理論』をほぼ使っておりません。何故なら私の『ロジック』では、『エントリーポイント』と『イグジットポイント』は既に決まっているからです。

私の理論では『エントリーポイント』と『イグジットポイント』はトレーダーが決める事ではなく、全て相場が既に決めているという考えです。

もちろん私の『ロジック』も、まだ聖杯ではございません。解析ミスによる『損切り』等の場面も多々あります。

しかし、こういった重要なポイントを抽出して現在はトレードを行っているので、『プロスペクト理論』を使う用途がほぼ無くなった感じです。

この『ロジック』を構築してからは、トレードのおける根拠付けが非常に強く、思惑方向とは逆にレートが動いてもジタバタせずに長く持ち続けます。

FXで勝てない時期、こういった局面にあった『ドキドキ感』が、今は皆無と言って良いでしょう。

こういったトレードを行えるようになったのも、今の『ロジック』が構築できたからに他なりません。

また、皆さんが使う『リスク・リワード』も、私の場合は極めて悪い時が多々あります。しかし収益は常に右肩上がりで、勝率等も皆さんが聞けば信じてもらえない数値だと思います。(敢えてブログ内には書き留めませんが、興味ある方はツイッターでのリアルトレードの過去履歴をご覧ください)

 


勝ち組に入るまでは『プロスペクト理論』は必須

継続して勝てる手法等を未だお持ちじゃないトレーダーや初心者等は、『プロスペクト理論』は必須です。

私自身がそうだったように、勝てない時期は『プロスペクト理論』を使った『トレードプラン』が重要なカギを握ります。

こういった『トレードプラン』の持ち合わせも無く、『根拠』の薄いトレードで取引を継続するなら後には退場しかありません。

ある程度の根拠付けが出来るトレードが行えるようになるまで、『プロスペクト理論』をアタマにおいてトレードを行う事を強く推奨します。

 

プロスペクト理論、わかりやすく

【関連記事】

TOPページ