FXでの『ギャンブルトレード』とは

 

FXでの『ギャンブルトレード』とは

英語表記:gamble trade(和製英語)

FXでの『ギャンブルトレード』とは、『博打』や『賭け事』を意味する取引の事を言います。

具体的に言うとトレードにおける『根拠』が無く、『値ごろ感』等で売買を行うトレードの事を指します。

元々『ギャンブルトレード』という正式な言葉は無く、和製英語でSNS等から発信されたスラング言葉だという説が濃厚です。

FX、ギャンブルトレード
FXは考え一つでギャンブルトレードになる

FXは『ギャンブルトレード』!?

私はFXで生計を立てるトレーダーで投資キャリアは32年です。

もしFX自体が『ギャンブル』なら、私はFXで生計を立てる事は出来なかったと思います。

FXを基礎から学び、その後はオリジナルロジックを構築し、現在それを運用することで継続した利益を得ています。

FXを『ギャンブル』と捉えて取引をするのか、また『ビジネス』と捉えて取引するのかでトレードに大きな違いが生じます。

 


個人トレーダーの大半が『ギャンブルトレード』を行う

FXにおける日本人の個人トレーダーの人口比率は、世界中でズバ抜けて多いのはご存じでしょうか。

一説には世界でトップとも言われております。

しかし実際に勝っているトレーダーの数はどうでしょう!?

これも諸説あり、一説には1割ないし2割程度という数字が囁かれております。(個人的にはほんの一掴みの方達だけだと思っています)

また、殆どの個人トレーダーはギャンブル手法を用いた『ギャンブルトレード』を行っているのが実情です。

もちろん大半の方の思考は『ギャンブル』では無いのですが、実際の取引内容を見る限り『ギャンブルトレード』を行っていると言わざるを得ません。

例えば皆さんの知るエリオットやグランビル、また三尊Wトップ等のフォーメーションを使った手法を使い継続して勝つ事は困難だと知っておいて下さい。

こういった手法は単発で勝つ事はあっても継続して勝ち続けるのは困難だと書き留めて置きます。

その結果、大概の個人トレーダーは遅かれ早かれ相場から去って行くのが実情です。

FXの本質は全く違うところにあるのです。(※詳しくは『FXの極意』に書き留めています)

FX、ギャンブルトレード
FXで成功するには時間が必要

なぜ『ギャンブルトレード』を繰り返すのか?

これは偏に目先のお金欲しさに走っているからだと思います。

間違ってもFXは一朝一夕で勝てるような容易い投機ではありません。

相応の努力と時間が必ず必要となります。

実際に勝っている方についても、勝てる迄には最低3年は掛ると思って下さい。

外ならぬ私自身もそうでした。

ましてや独学なら最低10年は必要だと思って下さい。

また、FXで成功するには『継続して勝てる手法』と『正しい相場観』が必ず必須となります。

このどちらが欠けてもFXで成功する事は困難です。

間違っても一般で入手できる手法等で勝てるFXではありません。

『継続して勝てる手法』も安易に習得できませんが、『正しい相場観』を培うのはそれ以上に難しいのも事実です。

『正しい相場観』を養うには、相場と真摯に向き合った方でも最低3年は掛ると思って下さい。

 


まとめ

今回は『ギャンブルトレード』について解説しました。

私は『ギャンブルトレード』を否定している訳ではありません。

ご自身が『ギャンブル』と認識して取引を行うのであればそれで良いと思います。

但しそれが大切な資金で、真面目にFXを投機として考えている方なら一度立ち止まって下さい。

前述した通り、FXは一朝一夕で勝てる相手ではない事を先ずは理解しましょう。

FXで成功されている方は、コツコツ努力してきた方達ばかりだという事を最後に書き留めて置きます。

 

FX、ギャンブルトレード

【関連記事】

TOPページ