FXの『ダブルトップ』とは/絵で解説

『ダブルトップ』とは

英語表記:Double top

FXでいう『ダブルトップ』とは、通常、相場の天井圏で作られる二つの山も持った『レンジ帯』の事を指します。

上昇傾向にあった相場がレジスタンスラインに当たり、2度アタックしますが突破しきれずに跳ね返って来る時に形成されるものです。

こういった場所では売買が盛んに行われ、マーケット参加者の心理戦が行われる場所でもあるので、揉みあう『レンジ帯』を形成するのが特徴です。

では実際のチャートを見ていきましょう。

下図チャート(ドル円1時間足)をご覧ください。青枠内の赤枠で示した2つの山が『ダブルトップ』と言われる事象です。

ダブルトップ、fx
『ダブルトップ』とは2つの山

『ダブルトップ』を形成後、相場は下抜けするのか?

前述した通り、『ダブルトップ』を形成後、相場は下落すると通常言われておりますが、私が思うにそうのような事実はございません。では下記参照チャートをご覧ください。

ダブルトップ、fx
『ダブルトップ』後は下降に転じる?

先ずA枠をご覧ください。『ダブルトップ』形成後、一旦はネックラインを抜け下降に転じますが再度上昇。

次にB枠をご覧ください。A枠同様に一旦は下落に転じますが、やはり再上昇します。こういった事象をFX界では相場での『騙し(だまし)』の一言で片づける傾向が強くあります。

私の考える『ダブルトップ』とは、単に売り買いが盛んなポイントなだけで、揉みあう結果として『ダブルトップ』が形成されると考えます。

前述しましたが、『ダブルトップ』とは上昇傾向にあった相場がレジスタンスラインに当たり、2度アタックしますが突破しきれずに跳ね返って来る時に形成されるものです。

3度目や4度目でレジスタンスラインを超えて来るなどザラにあります。

簡単に言うと下降に転じる『根拠』は無いという事です。

※巷では、『ダブルトップ』の右肩上がりや右肩下がりについてのトレードが示されていますが、これも『根拠』の無い話なので鵜呑みにされない方が良いでしょう。また『ダブルトップ』で使用できるとするインジケーターも販売されていますが、有効性がないのでご注意ください。


『ダブルトップ』後の方向性は既に決まっている

一般トレーダー達のその多くが、こういった(ダブルトップ等)事象だけを切り抜いてトレードを行います。その殆どが『ダブルトップ』後は下降に転じる事を強く信じている方達ばかりです。

こういった方は一度ご自身で検証してみてはどうでしょうか。確率的に本当にそうなのかを・・

私の『ロジック』では、中・長期足で方向性を確認し、短期足でレートを追い詰めるといったトレーディングスタイルです。

今回解説する『ダブルトップ』も、単に一つの『レンジ帯』と見ており、レンジ後の方向性も中・長期で描いたシナリオ通りに追って行くだけの作業となります。

私はこのやり方で約10年間、継続して勝ち続けています。

こういった場面だけを切り取りトレードを行っている以上、FXで勝つ事は永遠に難しいと私は考えます。

残念ながら『木を見て森を見ず』のトレードです。


マトメ

『ダブルトップ』が形成される場所というのは、過去に売買が盛んに行われた場所です。揉み合うことにより2つの山が形成される事象を『ダブルトップ』と言います。

また『ダブルトップ』が形成されることで下降に転じるという有効性も無いので注意が必要です。

FXで継続して勝てるトレーダーになりたいのであれば、こういった在り来りの情報を鵜呑みにせず、ご自身で検証する事を私は強く推奨します。

 

【関連記事】

TOPページ