【青天井とは】意味をわかりやすく解説

青天井とは

為替界では良く耳にする『青天井』と言う言葉ですが、皆さんはこの『青天井』と言う言葉の意味を理解されていますか。今回はこの『青天井』の正しい意味合いや、『青天井』に関連する『為替用語』を解説していきます。

『青天井』とは、『相場』での専門用語となり、『相場』での『上昇トレンド』が続き、どこまでも、どもまでも上がり続けそうな『相場』の状態のことを指し、またマーケットに参加するトレーダーが強気になる相場の状態の事を言います。

『青天井』の言葉の意味合いとしては、『雲ひとつない青空のように陰りが見られず、天井が見えない』ということです。

実際には取引相場が天井知らずで、長期間上がり続ける状態のことを示します。

しかし、いくら『青天井』の相場だと言っても必ず反転期が相場には必ずやって来ます。トレーダーは客観的且つ冷静に相場を見る必要性があります。


『青天井』の関連用語4種の意味とは

  • 天井

上昇トレンドにおける高値水準域のこと

  • 一番天井

上昇トレンドにおける最初の高値のこと

  • 大天井

上昇トレンドにおける最高値のこと

  • 青天井

連日最高値を更新し続け、大天井が確認できない状況を言います

【関連記事】

TOPページへ