ポジポジ病を治すには

ポジポジ病を治すには本質を改善する事が重要

どうも初めまして、トレーダーのジョーと申します。

今回は『ポジポジ病』について、私の長い投資歴の中で培った対策や克服方法について解説します。

『ポジポジ病』は治る、治らないと意見は様々です。

中には『ポジポジ病』を治すには『強いメンタル』が必要だと言われる方も多くいらっしゃいますが、私個人的には全く『根拠』の無い話だといつも感じております。

そもそも『ポジポジ病』は、トレードの『根拠』に問題が無ければ発症など致しません。

逆を言えばトレードに『根拠が無い限り、『ポジポジ病』は永遠に発症し続ける厄介なトレード病だとも言えるでしょう。

 

 

 

ポジポジ病を直す
ポジポジ病を深堀する

ポジポジ病とは

『ポジポジ病』とは、FXでトレードを行う際、『根拠』も無く短時間に何度もポジション(複数ポジ含む)を持つ行為の事を言います。

また『ポジポジ病』の傾向として、『負けトレード』を行った際、その直後からのトレードで良く見受けられるのも『ポジポジ病』の特徴です。

トレードで負けた直後は冷静さを失い、負けた分を直ぐに取り戻そうとします。

こういった主観的なトレードを行っている限り、FXで勝つ事は困難です。

 

 


『ポジポジ病』の発症パターン4例

では、どんな時にポジポジ病が発症するのか、過去の私の経験を踏まえ主な発症原因を4点ほど挙げていきます。

 

  1. 負けたトレードで失った資金を早く回収したい
  2. 『値ごろ感』で勝てると思い込み、ナンピンを重ねる
  3. 損切り直後にドテン打ち
  4. チャートの動きに少しでも不安を感じたら損切り、そして直ぐ入る、この繰り返し行動

 

上記4点が『ポジポジ病』の主な発症原因だと私は考えます。

みなさんは心当たりがありますか?

 

 


1.負けたトレードで失った資金を早く回収したい

この気持ちは痛いほど分ります。

過去の私自身がそうでした。

でも少し落ち着きましょう。

相場はあなたに合わせて都合よく動いてはくれません。

あなたが得意とする手法があるのなら、そのチャンスが来るまで待つのです。(詳しく知りたい方はココをクリック!)

2日、3日・・いや1週間か10日かも分かりません。

それでも待つべきなのです。

FXではトレーダーが得意とする場面(根拠の持てる局面)で取引される方が後に成功します。

根拠あるトレードを積み重ねる事に依って、FXは利益を得る事が出来るのです。

根拠無きトレードは只のギャンブルトレードと認識した方が賢明です。

資金を早く取り返したいという気持ちは理解できますが、それなら尚更チャンスが巡ってくるまで待つべきなのです。

相場は決してあなたに合わせてくれません。

FXでは『待つ事』が『勝つ事』に繋がる事をココで理解しておきましょう。

 

 


2.『値ごろ感』で勝てると思い込み、ナンピンを重ねる

ご自身のナンピン手法にキチンとした根拠があり、トレード自体に自信があるならそれでOKでしょう。

しかしそうでは無く、『値ごろ感』だけでナンピン取引するならそれは只のギャンブルです。

 

 

ポジポジ病を直す
ドテンするにも根拠が必要

3.損切り直後にドテン打ち

例えば、あなたが根拠を持ってトレードを行っている最中に何らかの分析ミスに気付いたとします。

この場合、一旦損切ってからのドテンならOKでしょう。

私自身もこういった凡ミスはよくします。

しかしこういった分析ミスなどではなく、単に逆行勢力が強くなったというだけでドテンするのは間違いです。

これも(2)と同様に、『値ごろ感』での取引になります。

 

 


4.チャートの動きに少しでも不安を感じたら損切り、そして直ぐ入る、この繰り返し行動

このパターンは一般トレーダーにおける典型的な『ポジポジ病』だと言えるでしょう。

特に初心者等のトレーダーに多いのも特徴的です。

もし読者の方で、こういった取引をされている方がいらっしゃるならトレードを一旦控えて下さい。

初心者等であっても、いくら根拠が薄いと言っても『チャートの動きに不安を感じたら直ぐ損切り』というのは既に手法とは言えません。

そんな状態で相場に臨むのは危険極まりない行為です。

大切な資金を守って下さい。

こういった方は先ずトレードを一旦休み、一から出直した方が賢明です。

先ずはFXの基本を勉強して下さい。

FXを上達したいなら、焦りは禁物です。

 

 

ポジポジ病を直す
メンタルを強化してもポジポジ病は治らない

『ポジポジ病』への対処法

冒頭でも少し書き留めましたが、『ポジポジ病』を治すには強いメンタルが必要だと言うFX情報発信者達が沢山いらっしゃいますが、私は全く以てそう思いません。

FXの本質を知る方なら、このようなアドバイスはしないでしょう。

特に初心者等の方は注意して下さい。

根拠ある手法を手にすれば『ポジポジ病』は発症しません。

根拠も無くトレードするから『ポジポジ病』は発症するのです。

『ポジポジ病』を発症する、その殆どの方が何処で入って(エントリーポイント)何処で利喰う(イグジッドポイント)かも分からない状態で取引を行います。

こんな状況下で『ポジポジ病』を発症しない訳がありません。

ましてやメンタルを強くして、ポジポジ病を治すなんて本末転倒です。

読者の方で、こういったメンタル強化に時間を割いているようなら、先に根拠が持てる手法等の勉強に勤しんだ方が賢明でしょう。

因みに私自身のメンタルも普通です。

特別に強い事もないですし、鍛える事もしません。

それでも『ポジポジ病』が発症しないのは『根拠』の持てる取引を行っているからです。

今後『ポジポジ病』を発症するか否かは、あなたの持ち合わせる手法次第です。

トレードには全て『根拠』が必要なのです。

 

 

 


『相場観』を養い本質を見つける

ポジポジ病を治す
木を見て森を見ず

 

上に示した図は、中・長期で上昇トレンド中のチャート図をイメージしたものです。

FXで継続して勝てない方に多い典型的なトレード内容を解説します。

赤丸の中をご覧ください。強い抵抗値となるレジスタンスラインサポートラインの狭間で相場がもみ合っているのが分かります。(レンジ帯)

FXで勝てない方の多くが、この赤丸の中だけを切り取りトレードを行います。

やれWトップだの三尊だのと・・上位足では上昇トレンドが継続中なのです。

そうです、始めから上抜けすることが分かっているのです。(※仮に逆行してもレートは殆ど戻って来ます。上位足にそぐうからです。)

この上位足の環境認識で、未だトレンドが継続中なのか否か判断できるトレーダーが相場で唯一勝ち残ることができます。

『ポジポジ病』は、こういった感覚を持ち合わせていないトレーダーの持病とも言えるでしょう。

前述したようにメンタルを鍛える時間があるなら、こういった環境認識を行い少しでも『根拠』の持てる勉強に時間を費やした方が得策だと私は考えています。

 

 


まとめ

私はFXを始めた当初から、勝てない時期が約3年ほど続きました。

それから数年を経て、現在使用するロジック(ハント・ダウン)を構築します。

今では『ポジポジ病』は皆無です。

トレードにおいては全てが『根拠』です。

この『根拠』を習得するには、地道にコツコツとFXを勉強し、また相場と接する事で養える、正しい『相場観』が必要です。

これらを習得するには長くキツイ道のりになるかも知れませんが、成功を掴みたいなら避けて通る事は出来ないでしょう。

 

追記:『ポジポジ病』が発症したら、直ぐにパソコン(スマホ)の画面(チャート)を落としてください。悔しいですが相場から一先ず撤退しましょう。相場から一旦離れる事を推奨します。そして時間が経てば、また客観的に相場と向き合う事ができます。『ポジポジ病』が発症したら、手間がらず空気を一度変えてみて下さい。相場では先ず生き残る事が重要です。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページへ