【レジスタンスラインとは】絵でわかりやすく解説

『レジスタンスライン』とは

英語表記:Resistance line(日本語:上値抵抗線)

『レジスタンスライン』とは、『上値抵抗線』と言います。わかりやすく言うと、過去におけるレートの上値と上値を結び付けたラインの事を指します。

通常、こういったライン近くでは上値は伸びにくくなる傾向が有り、下降に転ずるパターンも多くなります。

『レジスタンスライン』は、トレンドライン等を含めた斜め線とも深い関係があります。またネックラインに引かれる場合も多く、ブレイクを狙ったトレーダー達が挙って売買を仕掛ける重要な場所でもあります。


『レジスタンスライン』を突破すると

『レジスタンスライン』を突破すると更に上昇する傾向が強くなります。

これは『レジスタンスライン』付近で『売りポジション』を仕込んだトレーダー達が一斉に『損切り』を行う事と、新たにこの『レジスタンスライン』付近で『買いポジション』を持とうとするトレーダー達が増える事に依り、より一層上昇に拍車がかかると言った仕組みになります。


『レジスタンスライン』付近で起こる事象とは

強い抵抗線の『レジスタンスライン』では、何度もラインの突破を試みるも跳ね返される事が多くあります。

こういった相場のせめぎ合いの結果、カタチづけられる事象がダブルトップであったり、三尊であったりする訳です。

こういったダブルトップや三尊でのトレードは推奨できません。

先述したように、こういった事象はあくまで相場のせめぎ合いによってカタチ付けされるものです。

ダブルトップや三尊を切り取ってのトレードは全く根拠が無い、只のギャンブルトレードだと認識して下さい。(この情報を疑われる方は、ご自身で過去の検証を行って下さい。如何に世に出回る情報がデタラメだという事が認識できるでしょう。)

相場の方向性とは、ダブルトップや三尊をブレイクして決められるものではないからです。

トレードの本質は違う所にあるのです。


『レジスタンスライン』は非常に強い抵抗線と認識すること

『レジスタンスライン』は通常の抵抗線より強い抵抗線だと思って下さい。(トレーダーに依っては移動平均線と認識されている方も多くいます)

その場所付近には市場参加者の様々な思惑や欲があると言っても過言ではないでしょう。

下から『買いポジション』を持ったトレーダーは『レジスタンライン』付近で利益を確定し、このポイントから『売りポジション』を持つ方もいます。

更に『レジスタンスライン』付近では新たに『買いポジション』を持つトレーダー達を出現します。

つまりはその場所付近で売買が盛んに行われると言うことです。


『レジスタンスライン』を絵で見る

では下の参照図をご覧ください。

レジスタンスラインとは、わかりやすく
レジスタンスライン

参照図、左下から上方向にレートが上がり、図に示すAの『レジスタンスライン』に抑えつけられ一旦は下降に転じます。

この段階でのラインはまだ『レジスタンスライン』としての機能を持ち合わせています。

では次にBをご覧ください。

『レジスタンスライン』として機能していたラインを突破し上昇を始めます。

この時点で『レジスタンスライン』は『サポートライン』に変わったと言って良いでしょう。

Bを突破後、上限である『レジスタンスライン』にタッチ後、再度下降します。

前回まで『レジスタンスライン』であったラインにタッチし、反発して上昇・・

これを見て分かるように今度は『サポートライン』としての役割に転じたという事です。

この『レジスタンスライン』と『サポートライン』が入れ替わる事を『レジサポの転換』と言います。


『レジスタンスライン』の重要性

『レジスタンスライン』の重要性はご理解頂けたでしょうか。

この『レジスタンスライン』を知ってるか否かでFXでのトレードには大きく差がでます。

FXで継続して勝ちたいと望むなら、この『レジスタンスライン』の習得は必須です。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』へ全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

FXの極意(ハント・ダウン)では、FXの本質を惜しみなく公開していきます。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

レジスタンスラインとは、わかりやすく

【関連記事】

TOPページへ