絵で見るFXのネックラインとは

『ネックライン』とは

FXトレーダーなら誰しも耳にする『ネックライン』。この『ネックライン』が形成されるポイントを何となく理解されている方が多いのですが、実は重要性のあるFXでは大切な場所でもあるのです。

今回はこの『ネックライン』について、プロトレーダー・ジョーが皆さんの知らない真実を書き留めていきます。

『ネックライン』を定義する

『ネックライン』を定義する前に重要なのは『ダウ理論』です。そもそも『ネックライン』はこの『ダウ理論』から派生するものです。

『ダウ理論』では、高・安値を更新することでトレンドを形成すると位置づける基本軸があり、コレが崩れることによって、ある場所に引かれるラインの事を『ネックライン』言います。

では『ネックライン』を2つに定義します。

  • 『ネックライン』とは、アップトレンド中にダウ理論で言う『高値』を更新せずに下抜かれた『安値』のポイントの事を言います。
  • 『ネックライン』とは、ダウントレンド中にダウ理論で言う『安値』を更新せずに上抜かれた『高値』のポイントの事を言います。

『ネックライン』が形成される場所

『ネックライン』が形成される場所ですが、見つけ方としては揉みあい相場と言われる『レンジ帯』での事象が殆どなので解り易いと思います。

コレは皆さんの知る『三尊(トリプルトップ)』や『逆三尊(トリプルボトム』、『Wトップ』や『Wボトム』が形成される時に多く現れます。

  • 例えば『三尊』でのラインの引き方

『三尊』では、『高値』、『安値』、『高値』、『安値』、『高値』の順でレートを付けます。このうちの2つの『安値』を繋げた線が『ネックライン』となります。

  • 例えば『逆三尊』でのラインの引き方

『逆三尊』では、『安値』、『高値』、『安値』、『高値』、『安値』の順でレートを付けます。このうちの2つの『高値』を繋げた線が『ネックライン』となります。


絵で見る『ネックライン』

では、様々な『ネックライン』を確認していきましょう。

Wトップのネックライン
ネックラインとは、FX
Wトップでの『ネックライン』
Wボトムの『ネックライン』
ネックラインとは、FX
Wボトムでの『ネックライン』
その他の『ネックライン』1
ネックラインとは、FX
レンジ帯での『ネックライン』
その他の『ネックライン』2
ネックラインとは、FX
ネックラインはサポートラインやレジスタンスライン付近に出現しやすい
持合い時の『ネックライン』
ネックラインとは、FX
三角持合いでの斜めの『ネックライン』

『ネックライン』を使ったトレードの優位性

例えばWトップでの『ネックライン』をブレイクすると下降するとか、Wボトムの『ネックライン』をブレイクすると上昇するとか皆さんも普通に勉強されたと思います。

こういった情報は鵜呑みにされない方が良いでしょう。またこういった手法やインジケーターを使い取引されている限りFXで継続して勝つことは困難だと思って下さい。

確率論で『ネックライン』の有効性をうたう情報発信者が多くいますが、全く根拠の無い話だと私は考えています。

これを見る読者の方が実際に過去チャートを使い検証すれば分かる事です。『ネックライン』を使ったトレードの有効性はありません。


『ネックライン』が形成される場所

上に示した参照図をご覧になれば解るのですが、『ネックライン』の形成される場所は揉みあい相場で、いわゆる『レンジ帯』です。

こういった場所ではマーケット参加者たちの様々な思惑が重なり、駆け引きが行われています。また『ネックライン』は、流動性に欠けたボラティリティの低いマーケットにも現れることが多いのも特徴です。

『ネックライン』は只の事象

前述した通り、『ネックライン』を使ったトレードの有効性は無いと私は考えます。こういった手法で取引されているトレーダーの殆どは『環境認識』を行う事なく、その場その場の事象で上や下への判断をします。

仮に予測が当たったとしても只の偶然だと思って良いでしょう。

中・長期による相場の方向性は既に決まっています。これを理解せず、その場のチャートパターンを切り取ってトレードを行うから継続して勝てないのです。


マトメ

今回は私独自の目線で『ネックライン』ついて書き留めました。私も長く勝てない時期が約3年ほどあります。

この時期は、今回解説した『ネックライン』でのブレイク手法も多用し、トレードを繰り返した時期でもあります。

よく勝ててトントン、しかしその殆どが負けトレードで終わったのを今も記憶しています。

今の師匠と出会い私はヒントを頂き、『環境認識』の重要性に気が付きます。それ以降、中・長期でのチャート分析を行い、短期で追い詰めるといった現在の『ロジック』を構築し継続して勝てるようになりました。

『ネックライン』を使った手法もそうなのですが、その場その場の事象を切り抜いてトレードを行ってもFXでは継続して勝つ事は困難です。

正に『木を見て森を見ず』のギャンブルトレードとなる事をココへ書き留めておきます。

【関連記事】

TOPページ