FXってなに?


『FX』とは

FXの名前の由来は 『Foreign Exchange』 という英語の頭文字をとって略したものです。

日本語では『外国為替証拠金取引』と言います。

FXで取引を行う場合、プラットフォームを持つFX取引業者や証券会社などに先ず口座を開設します。

そして実際に取引する段階で、先にお金を担保として預け入れるのです。

この担保で預け入れるお金を証拠金と言います。

FXとは、この証拠金を預ける事によって何倍ものレバレッジを掛け取引できる投機の事を言います。

 

FXってなに?
FXの仕組み

『FX』の取引内容

例えば日本の『円』を、アメリカの『ドル』に交換する行為を『ドル買い』または『円売り』と言います。

通貨の価値は、その時その時で常に変動しています。

ニュースなどで見る為替情報で『現在1ドルは〇〇円で取引されています。・・』等、良く皆さんも見聞きすると思いますが、FXは、この価格変動に着目した取引のことを言います。

では、もう少し深堀しましょう。

例えばあなたが1ドルを100円で買ったとします。

時が経ち、ドルの価値が110円まで上がったところで売ったとします。

この時点で10円利益がでます。

この利益のことを、『為替差益』と言います。

FXは、この『為替差益』に特化した金融取引(金融商品)となります。

取引は例に挙げた『米ドル』や日本の『円』だけではなく、世界中のありとあらゆる通貨での組み合わせで取引が可能です。

また、FXの最大の魅力は、少額資金でスタートできることです。

但しリスクも相応についてきます。

FXはレバレッジ効果により、あなたが投じた資金の何倍という利益を手にするこも可能ですが、逆に言うと何倍もの損失がでる可能性もある『投機』だということです。

これからFXでの投機をお考えになられている方は、こういったリスクがあるという事を必ずアタマに入れておいてください。

FXに限らず、全ての投資や投機には必ず相応のリスクが伴う事を知っておきましょう。

 

 FXってなに?
通貨の種類には限りがある

『FX』と他の投資との違い

ではココで少し、FXと他の投資との違いを書き留めておきます。

例えば『株式投資』や『投資信託』というモノがあるのは皆さんもご周知の事だと存じます。

この『株式投資』の銘柄数や『投資信託』の商品数は膨大な数となり、またこれらを分析し、投資先を決めるだけでも、かなりの手間暇を要します。

これに比べ、FXであれば投資対象でもある外国通貨の種類に限りがあるのはご周知の通りです。

つまりFXは、入口の敷居が低く設定されているので、投資対象としては初心者でも入りやすい環境だということになります。

あと前述した通り、FXの最大の魅力は何といっても少額資金でスタートできる事です。

少額資金で多額の資金を動かせるところにFXの魅力があります。

但し、何度も書き留めますが逆にそこにリスクも潜みます。

FXはあなたが投じた資金の何倍もの利益が期待できる代わりに、何倍もの損失が出る可能性がある投機です

如何にトレード時に使用する、根拠ある『手法』が持てるのかが重要となり、また『資金管理』は当然の如く、『レバレッジ』や『ロット数』の調整も上手く行いリスクを抑えるかが重要な課題となってきます。

まとめ▼

少し難しく書いてしまいましたが、これからFXでトレードをお考えになられているなら上記内容を踏まえ、先ずは少額資金(それが余剰資金であること)で低いレバレッジ、且つ低ロッドでのトレードを推奨します。

こうすればリスクも最小限に抑えられます。

私は約3年でコツを掴み、現在プロトレーダーとして生計を営んでおります。

当ブログを通じ、少しでも皆さんのお役に立てれば嬉しい限りです。

FXってなに?
FX口座はカンタンに解説できます

さっそくFXの口座開設をしよう!

FXで取引を始めるには先ず『取引口座』の開設が必要です。
国内・外とFXを扱う業者は様々ですが、『SBIネオモバイル証券』は、国内で初となるTポイントも使え、『1通貨』単位で取引が出来る(証拠金は約『5円』)証券会社です。
他社では最低でも『1.000通貨』単位での取引が多く、証拠金も4.000円以上が必要となってきます。
初心者はリスクを抑えるために、最初は如何に低いロットで取引できるかが重要です。
こういった観点から見ても『SBIネオモバイル証券』は、初心者にもとても親切な会社だと思います。
※『SBIネオモバイル証券』では1株単位の株取引もできます。
 

 

FXってなに

 

TOPページへ