FXでいう『DD方式』とは

FXでいう『DD方式』とは

 

FX関連業者は、取引するシステムの内容により2つに分別出来ます。

一つは『NDD方式』と呼ばれるシステムを採用する業者、もう一つは『DD方式』です。

『DD方式(※Dealing Desk方式)』とは、ディーリング・デスクを介してFX関連業者とトレーダーとが直接取引するシステムの事を言います。

つまりトレーダーとFX関連業者が1対1で取引を行う事を言います。

例えばあなたがドル/円を売る場合、買うのはFX関連業者になります。

あなたが儲ければ業者は損をし、あなたが損をすれば業者は儲かるという相反性の関係が『DD方式』と呼ばれるものです。

又、『DD方式』はOTC取引(相対取引)やMM(マーケットメーク)方式とも呼ばれています。

 

 

FX、DD方式とは
DD方式を採用する業者との契約は慎重に!

『DD方式』を採用する業者の注意点

 

『DD方式』を採用する業者は、いわゆる約定拒否を行う業者が多いと一般的に言われています。

 

『約定拒否』を行う理由

例えば相場があなたの思惑通りに動いたとします。

売れば売るほど儲かる局面を想像して下さい。

こういった場合、『DD方式』を採用するFX関連業者は買う側になるので、前述したようにあなたが儲ければ儲けるほど『DD方式』を採用する業者側は損失を被るという事になります。

業者側はこれを避ける為に『約定拒否』を行います。(リクオート

『約定拒否』はFX関連業者側のメリットであって、トレーダー側には何一つメリットはありません。

他にもエントリー一つとってみても思惑の場所で約定出来ず、また含み益があっても約定出来ずに利益が減るや、含み損を損切しても約定出来ずに損失が膨らむ等々挙げられます。

 

 

FX、DD方式とは
DD方式を採用する業者の内情

『DD方式』を採用する業者の裏事情とは

 

『DD方式』を採用する業者は、トレーダー側が一方的に勝ち続ける事は好ましくありません。

それ故にこれを回避する為、『DD方式』を採用する業者は専門のディーラーをディーリングデスクへ配置します。

このディーラーは会社に『利益』を持たせる事が主な目的なので、例えば通貨ペアの提示価格を決定したり、オーダーの一部をカバー先へ流す(※全く流さない業者が多いのも事実。)等の作業を行います。

もちろん『約定拒否』も重要な作業の一つです。

 

 

スプレット幅が狭いのは『DD方式』を採用する業者の特徴

 

『DD方式』を採用する業者は、トレーダー側の全ての注文を直接インターバンクへ繋げる事はしません。

その殆どの注文を内部で完結する為、インターバンクへ繋げず直接トレーダーと取引を行っています。

この為、実際の為替相場で取引されるレートで約定させる必要性は一切ありません。

これが理由でスプレッド幅を自由に設定することが可能となる訳です。

本来ならスプレットはFX関連業者のドル箱ですが、『DD方式』を採用する業者側はトレーダーと直接取引する相対取引の方が大きく稼げます。

仮にスプレット幅を狭くしても、利益を十分に確保できる構造になっているのです。

スプレットを狭く設定する事は一見ユーザーにとっても有利な条件に見えますが、実際にはこういった背景がある事もトレーダーなら知っておく必要性があるでしょう。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページ