FXでの『約定拒否』とは

FXでの『約定拒否』とは

 

FXでいう『約定』とは、取引時の注文が成立する事を言います。

FXの売買注文は、トレーダーが各々契約する証券会社やFX関連業者の間で行われるのが普通です。

『約定拒否』とは、この注文取引を業者側が拒否する事を言います。

また『約定拒否』の事を『リジェクト』とも呼んでいます。

 

 

FX、約定拒否とは
約定拒否はFX関連業者の思惑

『約定拒否』を行う理由

 

為替相場は、ファンダメンタルズの影響や大口投資家達による売買によって大きく変動します。

『約定拒否』は、こういった場面で多く使われているのが特徴的です。

理由としては、こういった時(レートが大きく動く時)に売買注文を受けると、ある業者側(※DD業者)に大きな損失が出るからです。

また、こういった事情で『約定拒否』を行う状況を『リクオート』と言います。

 

 

『約定拒否』を行う業者とは

 

FX関連業者は取引するシステムにより2つに分別されます。

一つは『NDD方式』と呼ばれるシステムを採用する業者、もう一つは『DD方式』を採用する業者です。

『約定拒否』やストップ狩りを行う業者は『DD方式』を採用する業者です。

 

 

『DD方式』とは

 

『DD方式(※Dealing Desk方式)』とは、ディーリング・デスクを介し、FX関連業者とトレーダーが直接取引するシステムの事を言います。

例えばあなたがドル/円を売る場合、買うのはFX関連業者になるという事です。

仮に相場があなたの思惑通りに動き、ドル/円を売れば売るほど儲かる局面があったとします。

こういった場合、『DD方式』を採用するFX関連業者は買う側になるので損失を被る事になります。

FX関連業者は、これを避ける為に『約定拒否』を行います。

 

 

FX、約定拒否とは
約定拒否は防げる?

『DD方式』を採用する業者は要チェック

 

『約定拒否』は『DD方式』を採用する業者側のメリットであって、トレーダー側には何一つメリットはありません。

例えばエントリー一つとってみても思惑の場所では約定出来ず、また含み益があっても約定出来ずに利益が減る事もあります。

又、含み損を損切しても約定出来ずに損失が膨らむ事もあるでしょう。

『DD方式』を採用する業者と契約する場合は注意が必要です。

 

 

『約定拒否』を防ぐには

 

FX関連業者の中には、目に余る『約定拒否』を堂々と行う者も存在します。

昨今ではSNS等の情報もあり、こういった約定力の低い業者は容易に情報も掴める時代です。

先ずは日本国内での登録を行っている事業者を最低でも選ぶよう心掛けて下さい。

それでも中には悪質な業者が存在しますので、前述したSNS等での情報等上手く活用するのが賢明でしょう。

 

 

お勧め記事

 

TOPページ