FXで使用する『ライントレード』とは

FXで使用する『ライントレード』とは

 

『ライントレード』とは、FXでの取引をスムーズに行なうため、予めチャートへ引いたライン(線)を使ってトレードを行う事を言います。

 

トレーダーによってラインを引く目的は様々ですが、主な目的として利確損切を行う目安として多く使われています。

 

またラインを引く事で視覚的にも各ポイントを容易に見出すことが可能です。

 

 

利確時の目安

ラインの手前で利食う

 

損切り時の目安

ラインを超えたら損切を執行

 

またトレンドフォローで使うライン(トレンドライン・チャネルライン)ですが、上昇トレンドなら押し目の目安とし、下降トレンドなら戻り目の目安として使います。

 

 

 

FX、ライントレードとは
ライントレードで使用する主なラインは2つ

『ライントレード』で使用する主なラインとは

 

FXトレードで使用される主なラインは下記に示す2種類です。

  • 水平線
  • 斜め線

 

『水平線』とは

水平線』とは、いわゆるレジスタンスラインサポートラインの事を言います。

 

 

『斜め線』とは

『斜め線』とは、トレンドラインチャンネルラインの事を言います。

 

 

 


『ライントレード』におけるメリット&デメリット

 

メリット

『ライントレード』の最大のメリットは、ラインを引く事で各ターゲットを明確に出来ます。

 

デメリット

『ライントレード』のデメリットとして、全く機能しない局面も多々あるという事です。

 

 

 


『ライントレード』のまとめ

 

FXは今回解説した『ライントレード』で使用する『水平線』と『斜め線』だけでは勝つ事は出来ません。

 

トレードにおける一つの根拠だと思って下さい。

 

昨今では、このライントレードだけで継続して勝てると言った詐欺めいた情報も多く出回っています。

 

初心者等の方は、こういった情報を鵜呑みにされないよう気を付けて下さい。

 

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページ