【FXのチャネルラインとは】わかりやすく解説

『チャネルライン』とは

FXの『チャネルライン』とは、『トレンド相場』で引く『トレンドライン』に平行して引く『斜め斜線』の事を言います。

相場が上昇を伴う傾向がある時を『アップトレンド』と言い、下降を伴う傾向がある時を『ダウントレンド』と言います。

『トレンドライン』とは、この『アップトレンド』や『ダウントレンド』を事象を、より分かりやすく確認するためのテクニカルラインだと思って下さい。

また、この『トレンドライン』に平行して引く『チャネルライン』を設定する事で、視覚的にも更にトレードが行いやすくなるのが『チャネルライン』の特徴です。

注:『トレンドライン』と『チャネルライン』は、『ダウ理論』と切っても切れない関係柄であり、トレーダーなら重要な必須項目でもあります。まだご存知ない方は、この機会に是非お読みください。


アップトレンドでの『チャネルライン』

チャネルラインとは、FX
チャートで見るアップトレンドでの『チャネルライン』

上の参照チャートをご覧ください。ドル円の『ローソク足』チャートにおける『アップトレンド』相場となります。赤で引いた『トレンドライン(下)』と『チャネルライン(上)』が確認できると思うのですが、『トレンドライン』に接した黒枠の中を見て分かるように、相場が支持線にサポート(レートが反発)されているのが伺えます。『トレンドライン』とは、こういった指示線に接した『ローソク足』の先端同志を結んだラインだという事です。

次に上に位置する『チャネルライン』をご覧ください。緑枠の中ですが、『トレンドライン』同様に相場が支持線にサポート(レートが反発)されているのが分かります。『トレンドライン』同様に、こういった指示線に接した場所へ如何に『チャネルライン』を設置できるかが、トレードを行う際に重要となります。


ダウントレンドでの『チャネルライン』

チャネルラインとは、FX
チャートで見るダウントレンドでの『チャネルライン』

上の参照チャートは、『ダウントレンド』相場となります。赤で引いた『トレンドライン(上)』と『チャネルライン(下)』が確認できると思うのですが、『トレンドライン』に接した黒枠の中を見て分かるように、相場が支持線にサポート(レートが反発)されているのが伺えます。

次に下に位置する『チャネルライン』をご覧ください。緑枠の中ですが、『トレンドライン』同様に相場が支持線にサポート(レートが反発)されているのが分かります。『トレンドライン』同様に、こういった指示線に接した場所へ如何に『チャネルライン』を設置できるかが、トレードを行う際に重要となります。


『チャネルライン』の引き方

基本的に『チャネルライン』は、『トレンドライン』を平行に移動し、『支持線』と『ローソク足』の当たりを確認しながら設定します。

『トレンドライン』同様に、この設定場所を間違えるとレートの反発箇所が分からずトレードに支障がでる重要な作業です。

いきなり『トレンドライン』や『チャネルライン』を設置するのではなく、先ずは『水平線(支持線)』の抽出のやり方を覚えるのが先決でしょう。

この『水平線』の抽出に関しては、深く勉強する事は勿論の事、何度も検証を行い身に付けていく事が重要です。

決して楽しい作業ではないですが、FXを極めるにあたり大変重要な作業にもなってきます。

また『チャンネルライン』の引き方は、異なる通貨ペアや時間軸、使用するトレーダーによっても異なりますので注意が必要です。参考記事➡ココ

【関連記事】

TOPページ