【資源国通貨の特徴とは】わかりやすく解説

『資源国通貨』の特徴とは

『資源国通貨』とは、下へ記す主な3資源を産出し、この資源を主な輸出品としている国の『通貨』のことを言います。

『資源国』の主な3資源

  • エネルギー資源
  • 鉱物資源
  • 食料資源

では、この3資源を主要な輸出品としている『資源国』を具体的に見ていきましょう。

代表的な『資源国』とは

オーストラリア

通貨名:オーストラリアドル

主な資源:鉄鉱石、石炭、石油、金、ボーキサイト、ウラン、農産物

主な輸出先相手国:中国・日本・韓国

ニュージーランド

通貨名:ニュージーランドドル

主な資源:農産物、畜産物

主な輸出先相手国:中国・オーストラリア・アメリカ・日本

カナダ

通貨名:カナダドル

主な資源:石油、天然ガス、石炭、金、ウラン、農産物

主な輸出先相手国:アメリカ・EU・中国・メキシコ・日本

ブラジル

通貨名:ブラジルレアル

主な資源:農業、鉱業、原油

主な輸出先相手国:中国・アメリカ・アルゼンチン・オランダ・チリ・ドイツ・スペイン・メキシコ・日本

南アフリカ

通貨名:南アフリカランド

主な資源:金、プラチナ、ダイヤモンド

主な輸出先相手国:中国・米国・ドイツ・日本・インド・ボツワナ

ノルウェー

通貨名:ノルウェークローナ

主な資源:石油、天然ガス

主な輸出先相手国:イギリス・ドイツ・オランダ・スウェーデン・フランス


『資源国』の主な輸出相手国の特徴

上に示す『資源国』の主な輸出相手国の特徴として、オーストラリア・ニュージーランド・ブラジル・南アフリカは中国に対する依存度が非常に高く、中国経済と密接な関係があります。

こういった背景もあり、中国経済が好調な場合は『資源国通貨』も買われやすい傾向となりますが、逆に中国経済に陰りが見えた場合、瞬時に影響されるのも『資源国通貨』の特徴です。

また、カナダやノルウェーの主な輸出相手国は先進国となるため、『コロナショック』における損失は中国へ輸出依存している国に比べ少ないとされています。


『資源国通貨』の特徴

外国為替市場での『資源国通貨』の特徴として挙げられるのが、『資源』を主に輸出する事が、その国の経済的な軸となっているため、扱う『資源』の価格推移により影響を受けやすいということです。

例えば『資源国通貨』でもある『カナダドル』は『原油価格』と密接な相関性があります。ファンダメンタルズ等における何かの影響を受け、『原油価格』が下落すれば『カナダドル』も売られる傾向にあるということです。


資源国通貨とは、特徴
コロナショック

 

コロナショックによる『資源国通貨』への影響

未曽有の金融危機でもある、今回の『コロナショック』による『資源国通貨』への影響は計り知れないものが在ります。

『世界恐慌』をも上回るとされる『コロナショック』によって、今後も『資源国通貨』は投資家たちのリスク回避策として資金が引き揚げられ、これにより急落する可能性が大きいと言われています。

『コロナショック』による世界経済への低迷が続く中、リスクマネーの供給が途絶え、『資源国通貨』が暴落するというシナリオも投資家たちには必要です。

『資源国通貨』は、金利変動における観点からも高金利に推移してきた以上、下げ幅の余地も大きく、『コロナショック』による景気低迷で目が離せない状態が続く事が予想されます。

2008年に起こった『リーマンショック』では、『資源国通貨』の対円での下落率はアメリカドルを比較しても大きく急激な弧を描き暴落しました。

こういった過去もあり、『コロナショック』以前はハイリターンが望める『資源国通貨』ではありましたが、現在ではハイリスクを伴う通貨でもありますので安定を求める資金には不向きだということが分かります。

【関連記事】

TOPページ