外国為替市場の仕組みを解説

『外国為替市場』の仕組みとは

『外国為替市場』とは、わかりやすく言うと異なる通貨の売買取引を行う場所の事を指します。

場所と言っても、モノを売買する生鮮市場等のような場所等は無く、取引はあくまで

インターネットを介した電子機器でのやりとりや電話が主な取引手段となります。

また『外国為替市場』という言葉を略し、『為替市場』とも呼ばれています。

英語表記:foreign exchange market

外国為替市場:がいこくかわせしじょう

『外国為替市場』の主な役目

  • 日本人であれば、海外旅行等の際は銀行で両替が発生します。
  • 日本における企業等が海外の商品等を日本へ輸入する際、代金決済を行う為に円を外貨に交換する必要性が生じます。またこれとは逆の輸出時にも交換業務が発生します。
  • 日本国内の投資家が、外貨建て預金等の金融資産を売買する時に、円を外貨に交換する必要があります。
  • 外国証券や海外不動産への投資、または企業の海外への進出時等でも外貨交換の必要性が生じます。

上記以外でも、世界各国の通貨を売買する必要性のある理由は幾つもあります。こういった用途に合わせ取引を行っている仕組みが『外国為替市場』となります。

取引に際し、先ず決済通貨(通貨の種類決めを行い金銭の授受法)を決め、自国(日本なら円)通貨でない場合、通貨を交換する必要性が生じ、『外国為替市場』で希望の通貨に交換するといった非常に重要なマーケットの仕組みとなります。


『外国為替市場』での主な取引手段の仕組み

対顧客取引

『対顧客取引』とは、わかりやすく言うと個人や企業等が金融機関を通じて行う為替取引の事を言います。これは金融機関側から見て、個人や企業等は『対顧客』となる取引の仕組みなので、『対顧客取引』と言われています。

インターバンク取引

インターバンク取引』とは、金融機関同士または『FX関連業者』等の外為ブローカーを介して行われる取引の仕組みの事を言います。


『為替レート(外国為替相場)』とは

為替レート』とは、わかりやすく言うと『外国為替市場』における通貨の交換比率の事を言います。

また『為替レート』は同義語で『外国為替相場』とも呼ばれています。

例えばアメリカドルを日本円で購入する場合、その時点での『為替レート』が1ドル/100円だったとします。

この時点では、日本円の場合、100円で1ドルが買える事になります。(手数料換算は無し)

また、皆さんがよく見聞きする為替ニュース等で『今日は昨日に比べ2円の円安です。』みたいな情報を得る機会があると思うのですが、円安とは円の価値が下がる事を意味し(外貨の価値は逆に上がる。)、昨日の時点で1アメリカドルを100円で買えていたとすると、今日は102円を出さないと買えなくなったという事になります。

これとは逆に、円高に向けば円の価値は上がり、先程より少ない円で安くなったアメリカドルを購入できるという図式になります。

【関連記事】

TOPページ