FXでの『ギャンブルトレード』とは

ギャンブルトレードとは

FXでの『ギャンブルトレード』とは

英語表記:gamble trade(和製英語)

FXでの『ギャンブルトレード』とは、『博打』や『賭け事』を意味する取引の事を言います。

具体的に言うとトレードにおける『根拠』が無く、『値ごろ感』等で売買を行うトレードの事を指します。

“FXでの『ギャンブルトレード』とは” の続きを読む

『公開市場操作』をわかりやすく解説

公開市場操作、わかりやすく

『公開市場操作』をわかりやすく解説

英語表記:open market operation

『公開市場操作』とは、わかりやすく言うと、その国の景気が良い時や不況時に中央銀行が行う金融政策の一つの大きな柱となります。

『公開市場操作』は国債や社債、手形、上場信託等を金融市場で売り買いすることによりマネタリーベース量を調整し、マネーサプライや金利を調整する金融政策における重要な手法となります。

『公開市場操作』は『オペレーション』、または略して『オペ』とも呼ばれています。 “『公開市場操作』をわかりやすく解説” の続きを読む

【現物取引とは】わかりやすく解説

現物取引とは、わかりやすく

【現物取引とは】わかりやすく解説

英語表記:Physical transaction

『現物取引』とは、いわゆる株式や債券等の有価証券と呼ばれるもので、わかりやすく言うとリアルタイムでの相場価格で算出したレート(価格)を元に売買代金を設定し、それを受け渡す事で取引を完結する通常の取引の事を指します。 “【現物取引とは】わかりやすく解説” の続きを読む

FXは根拠が複数あると勝率もあがる

FX、根拠、複数

FXにおける『根拠』とは

FXにおける『根拠』とは、未来の為替レートを予測する為に使用するトレードでの『理由』の事を言います。

広義ではテクニカルによる『エントリーイグジットポイント』の設定や、チャート分析等も全てトレードにおける『根拠』が必要とされています。

FXでの『根拠』とは、何故ここまで上がる(下がる)等の予測が立てられるのかを、決定付けする『理由』の事です。

『根拠法』における程度(レベル)は、個々のトレーダーの器により様々です。

また、シッカリとした優位性の有る理由付けができる『根拠』を『根拠が厚い』と表現し、これとは逆に、大した有効性が見いだせない『根拠』を『根拠が薄い』とも表現します。(強い・弱いでも表現されています)

トレードにおける『根拠』が複数用意できると、より一層自信の持てるトレードが行えるようになります。

FX、根拠、複数
『リアルトレード』だけが真実

確かな『根拠』は一般で入手できる情報ではない

私は株・先物取引で約20年、FXで約12年の通算で約32年の投資歴を有します。現在はFXで生計を立てプロトレーダーとして取引を行っております。

しかしFXでは最初の3年間は鳴かず飛ばずの状態でした。理由は今回書き留める『根拠』が手中に無かったからです。

偶然にも私の場合は『師匠』と出会う事ができ、『気付き』を頂く事によって『根拠』が持てるようになりました。

FXを勉強するにあたり、皆さんはどういった情報等で勉強されていますか?

私の経験上、FXで成功を掴むには実はココがたいへん重要な項目だと思っています。

FXは残念ながら一般に出回る情報や教材を使って勝てるような相手ではありません。

FX、根拠、複数
FX界隈は偽トレーダーだらけ

皆さんが今師事する方の『リアルトレード(生のトレード)』はご覧になりましたか?

その方が『リアルトレード』を公開している方で、あなた自身が『継続して勝てるトレード』をその目で確認しているなら大丈夫(詐欺ではない)でしょう。

何故なら『リアルトレード』だけが真実だからです。後はその方の技を盗む事が重要です。

トレーダーとして本物かどうかの見極めは、『リアルトレード』しかない事を先ずはお知り下さい。

取引明細や通帳の残高、タラレバはもちろんの事、こういった類のものは信用しない方が賢明でしょう。FX情報発信者のその殆どが改ざんしている世界です。

これを見る方で、『リアルトレード』を公開されない方の情報等を有償で購入されようとしているなら一度立ち止まった方が賢明でしょう。

『リアルトレード』を公開されてないFX情報発信者は、実際には『勝てていないトレーダー』だと思って下さい。

公開できない理由は『勝てないから』が理由です。

こういった方達の基で勉強されても当然勝てる事はないでしょう。月利1%の方が月利10%のトレーダーを育てる事は出来ません。

しかしFXで勝てない方の殆どが、こういった偽トレーダーの基で学習しているのが現実です。キツイ内容を書き留めますが、これがFXの真実です。

 


FX、根拠、複数
根拠と勝率は比例する

 

勝てる手法は『根拠』が厚い

取引で使う手法はトレーダーに依って様々です。『根拠』の薄い手法でトレードを行う初心者もいれば、『根拠』の厚い手法でガンガンと稼ぐトレーダー達もいます。

上の図で示すように『根拠』が増せば自ずとFXの勝率も比例します。(※もちろん獲得pipsもです)

また、こういった成長線を形成するには『根拠』の一つや二つで出来るものではありません。

如何に複数の『根拠』を上積みしていくかが重要で、成長線を更に伸ばす(右肩上がり)事に繋がります。

また『根拠』は一度手に入れると失う事は無い人生の『宝物』になります。

如何にこの『根拠』が重要なのかは『継続して勝てるトレーダー』なら分かると思います。

『根拠の薄い』手法でトレードを行えば、相場は容赦なく資金を奪い取っていきます。

また『根拠の厚い』手法を手にすれば、もはや億万長者も夢ではありません。

 FX、根拠、複数
『値ごろ感取引』は只のギャンブル

『根拠』無きトレードは只のギャンブル

個人的には残念ですが、昨今ではFXをギャンブルと捉えてトレードを行っている方も決して少なくありません。絶対数を見ても、そういった方達の方が逆に多いのかも知れません。

ギャンブルと捉える方達のその殆どが、『根拠』無き『値ごろ感』で取引される方達が殆どです。

こういった方達は単発で勝つ時もあるのですが、継続して勝ち続ける事は不可能でしょう。

FX、根拠、複数
正しい『学習法』は継続して勝てるトレーダーが持っている

『根拠』を得るにはトレードを継続し学習を続けること

私は長くプロとしてトレードを行っています。FXはそれなりの経験値と正しい情報を持ってトレードすれば、優位性に立てる投機でもあります。

今回解説したFXにおける『根拠』は、『勝つトレード』においては必要不可欠であり、また『根拠』の厚み(理由の確証性が高いもの)によってはトレードが随分と楽に行えます。

前述した通り、あなたが一般で入手できる教材等で学習を続けているなら一度立ち止まって下さい。

その情報を発信されている方の『リアルトレード』を確認し、本当に勝てるトレーダーなのかを判断する事です。

もし確認が取れないのであれば、その情報から一旦離れる事を推奨します。

新たに『リアルトレード』で本当に勝っているトレーダーを見つけ、技を盗む事が成功への近道だとココに書き留めて置きます。

FX、根拠、複数

【関連記事】

TOPページ