【ソロスチャートとは】わかりやすく解説

ジョージ・ソロスのチャート

アメリカ人の投資家で、世界的にも有名な『ヘッジファンド』率いる『ジョージ・ソロス』氏。現在では世界一著名な投資家と言っても過言ではありません。今回はこの『ジョージ・ソロス』氏が考案した『ソロスチャート』について解説していきます。


『ソロスチャート』とは

『ソロスチャート』とは、ある国とある国(2国間)の『マネタリーベース』を比較したチャートのことを言います。

『ソロスチャート』は『ジョージ・ソロス』氏が考案したもので、『外国為替相場』はこの『マネタリーベース』との相関性が高いことに着目し、2国間における『マネタリーベース』の比率と『外為相場』の値動きを比較し、投資に活用できるよう考案されました。

またこの『ソロスチャート』の見方では、資金供給量が多ければ多いほど、その国の通貨安が進みやすい傾向があると言われております。

日本における『ソロスチャート』とは、日本とアメリカの『マネタリーベース』における比率と、『ドル/円』の為替レートにおける2つの数値を1つのグラフにまとめたものです。


『マネタリーベース』とは

日銀が新たな量的緩和策で、金融政策の操作目標を従来の『無担保コール翌日物』の金利から、『マネタリーベース』へと改めました。

この『マネタリーベース』とは、『日本銀行』が供給する資金量を示す指標の事を言います。

わかりやすく言うと、『マネタリーベース』とは、『資金供給量』とも言われており、紙幣と貨幣を合わせた発行高(現金)と、金融機関等が決済等で日銀に預けている当座預金残高の合計となります。

『マネーストック』とは

この『マネタリーベース』を、『マネーストック』と同じ意味合いで使用されている方が多くいるのですが、内容は全く異なります。

『マネーストック』は、国や金融機関以外の企業や一般家計等、一般の民間部門が保有する通貨の総量を示す指標が『マネーストック(旧マネーサプライ=通貨供給量)』となります。


『ソロスチャート』の見方

『ソロスチャート』の見方ですが、アメリカ合衆国での通貨供給量が増えればドル安傾向になり、また日本の通貨供給量が増えれば円安になる傾向があるということを覚えておきましょう。

またこの『ソロスチャート』を、広義での中・長期スパンで比較すると、『マネタリーベース』と『為替レート』がほぼほぼ同じように推移するという特徴があるのも注目される理由の一つです。

例えば、過去にあった『円高ドル安』(2007-2012年)については、アメリカ合衆国の『マネタリーベース』の増加があり、これに連動して『為替レート』が実際に推移しています。

また『日本銀行』が行った『金融緩和政策(2013年)』では、『異次元金融緩和』で『マネタリーベース』を2年で倍に増やすと明言しています。

もしこれが実現となると、日本とアメリカ合衆国での『マネタリーベース』における比率が変わり、これにより『ソロスチャート』が反応し、『ドル/円』が総じて動くことになれば円安へ向かうことになるでしょう。

※『ソロスチャート』を見るにはココをクリック!


ソロスチャートとは
ソロスチャートの見方

 

『コロナショック』を『ソロスチャート』で見る

コロナショック』により、未曽有の経済危機を目前に控えた世界経済。

アメリカの『連邦準備制度理事会(FRB)』のドル資金発行に日銀の円資金発行が追いかず、ここへタイムラグが生じると大幅な円高になります。

実は実際に、過去に起きた実例があるのをご存知でしょうか。

それは2008年9月に起こった有名な金融危機でもある『リーマン・ショック』です。

『コロナショック』の最中でもある今、日本やアメリカ、ヨーローッパの中央銀行が金融の量的緩和、わかりやすく言うと、お金を刷り増していることを公表しています。

『リーマンショック』後の『FRB』のドル資金発行1ドル当たりの日銀資金発行額の推移を『ソロスチャート』で比較してみると見事に相関が保たれていることに気が付きます。

以前、日本政府の高官が『ジョージ・ソロス』氏側近にこの事実を聞いたエピソードがあるのですが、『ジョージ・ソロス』氏側の回答はただ『無関係』との答えだったと言います。

『ジョージ・ソロス』氏の『ソロスチャート』においては、学術的に『ソロスチャート』が対ドル・レートを左右するということは証明できておらず、結果、合理的な考えを好む『ジョージ・ソロス』氏は『ソロスチャート』で為替投機を行っていると思われるのが心外なのでしょう。

しかし、過去における『ソロスチャート』のデータを追ってみると、怖いぐらい現実の円・ドル交換レートと関連性が高いのに気が付きます。

『リーマンショック』前(08年5月)、『ソロスチャート』のレートと円ドル相場は1ドル=105円で一致しています。

また『リーマンショック』後、『FRB』は一挙にドルを刷りますが、当時日銀の『白川総裁』は円を刷りません。

その結果どうなったかと言うと、『ソロスチャート』のレートは急激に下がり始めます。

また外国為替市場もこれに引きずられるように急激な円高局面に突入していくのです。

この時白川総裁は『金融政策ではデフレを解決できない』という趣旨を公表しています。

日本は、その後も東日本大震災を含め未曽有の金融危機を経験しますが、日銀の失態(金融の引き締め等)により、デフレの加速という経済危機に陥いります。

当時の政権を奪回(12年12月)した安倍首相の勝因は、この失態を軸に、的を絞った日銀の量的緩和を主軸とする『アベノミクス』の提唱が幅広い層の支持を集めたことによるものです。

日銀の総裁は白川氏から黒田氏へと代わり、今度は『異次元金融緩和』に様変わりを遂げていきます。

するとどうでしょう、『ソロスチャート』は見事反転し、円安局面に切り替わった後、1ドル=110円前後の水準で相場は安定するようになります。

そして今年に入り、『新型コロナウイルス』の影響を受け、『FRB』は今年3月中旬から『リーマンショック』をしのぐ勢いでドルの増発を続けます。

これとは逆に日銀による円の増量幅は少なめです。

『ソロスチャート』におけるレートは2月に147円でしたが、4月には107円を付けています。

同月の円相場は106円台と円高に振れています。

『ソロスチャート』における動きは、なんと『リーマンショック』後の動きと恐ろしいぐらい全く同じなのです。


『ソロスチャート』まとめ

『ソロスチャート』は、有名な投資家『ジョージ・ソロス』氏が考案したチャートです。

日本における『ソロスチャート』は、日本とアメリカ合衆国の通貨当局による『マネタリーベース(通貨供給量)』での増減と、『ドル・円相場』の相関性を1つにマトメてグラフ化したものとなります。

【関連記事】

TOPページへ