【円高円安をわかりやすく解説】/為替基礎編

『円高円安』とは

外国為替取引』において『円高円安』とは、『ドル/円』や『ユーロ/円』などのように、2つの通貨の交換時における『円』の強さを言います。

わかりやすく言うと、これは為替取引の性質上、一方の通貨が高く(安く)なれば、もう片方の通貨が低く(高く)なるという関係が常に成り立ちます。

一般に『円高』と『円安』は、『外国為替市場』において、『日本円』が他の通貨に対して強い(高い)か、弱い(安い)かを表す事を指し、この高いか・安いかという概念は、他の国の通貨に対する日本円の相対的な価値を意味する事になります。


『円高』とは

『円高』とは、わかりやすく言うと、『ドル/円』では、日本円の側から見れば『円高』となりますが、米ドル側から見れば『ドル安』となります。

  • ドルに対して円の価値が上がれば『円高』と言います。
  • 円の価値が上がる ⇔ ドルの価値が下がるという事。

※例えば1ドルが100円から90円になれば『円高』となります。

こいった場合、経済への影響で例えると、輸入企業はメリットが大きくなり(円が強いのでその分安く買える)、海外旅行で両替も有利となります。


『円安』とは

『円安』とは、わかりやすく言うと、ドル/円では、日本円の側から見れば『円安』となりますが、米ドル側から見れば『ドル高』となります。

  • ドルに対して円の価値が下がれば『円安』となります。
  • 1ドル買うのに今までより、より多くの円が必要となります。
  • 円の価値が下がる ⇔ ドルの価値が上がるという事。

※例えば1ドルが100円から110円になれば『円安』となります。

こういった場合、経済の影響で例えると輸出企業はメリットが大きくなり(円が弱いのでその分多く売れます)、海外旅行では両替が不利となります。


『円高円安』の要因

『為替相場』においては、円高円安を考える際に、日本円と外貨のどちらに要因があるのかを確認する事が重要です。特に『ドル/円』の動向については、全てのクロス円(米ドル以外の外国通貨と日本円の組み合わせ通貨ペア)に絡むのでたいへん重要となります。

【関連記事】

TOPページへ