【建値とは】FXやその他の意味合いを絵で解説

『建値』はFX以外でも使用される

『建値』とは、為替用語の1種でもありトレーダーなら誰しも使う言葉でもあるのですが、広義での『建値』とは、また違った意味合いがあるのをご存知でしょうか。今回はこの『建値』について詳しく解説します。


『FX』での『建値』とは

FX』における『建値』の意味とは、『ポジション』を持った時点のレートの事を指します。

『建値』とは、元々『建値段(たてねだん)』を略した言葉です。

『建値』の英語表記(3種)
  • 『公定相場』での『建値』: an official quotation
  • 『為替相場』での『建値』 :an exchange rate
  • 『市価』での『建値』:a market price.

広義での『建値』とは

広義での『建値』の意味は幾つかあります。

先ずは外国為替市場における『建値』とは、銀行が『為替相場』で公表する標準の値段(為替レート)のことを指します。

また『取引所』での『建値』とは、売買の決定後、受け渡しを簡易にするための為替標準値段の事を指します。

『建値』は、『先物取引』や『オプション取引』等の『建玉』を持った時の値段を指す意味合いでも使用されます。

また為替業界外では『ビジネス用語』としても広く使われています。

これは製造業者(メーカー)が卸売業者に対し設定する販売価格の事を指します。


『建値決済(建値撤退)』とは

FXでは、ポジションを持った場所が『建値』となります。

ポジションを持った後、思惑通りにレートが動かず、結局元の注文ポイントで決済を行う事を『建値決済(又は建値撤退)』と言います。

『建値決済』のメリット

『建値決済』のメリットとして、注文箇所で決済を行う事に依り損益を±0で取引を終える事ができます。但し細かく言うと『FX取引業者』等の手数料など、取引コストは掛かっているので全く損失がない訳ではありません。こういった『建値決済』を多く使わないよう普段から相場分析するなり勉強するなりしておくのが大切でしょう。

『建値決済』のデメリット

先述した通り、『建値』とはポジションを持った地点の事をさし、ここで決済を行うことを『建値決済』といい、また損益も±0なので一見リスクのないトレードが行えるようにも見えますが実際には違います。

先ず『建値決済』でも取引手数料は必ず発生しますので、厳密にはマイナス取引となります。

またこの『建値決済』を行う方の殆んどが『初心者』の方に多く見られ、根拠のないトレードを行う事に依り、何度もこういった『建値決済』を余儀なくされています。

数多く『建値決済』を行う事に依り、取引手数料が嵩み、結局は損失を膨らませていく事になるのです。


『建値ストップ』とは

FXにおける決済方法の一つで『ストップ注文』と言う決済方法があります。

これは前もって決めておいた水準まで損失が膨らんだ時などに自動的に決済する仕組みの事を言います。

またこの『ストップ注文』を『建値』に置く事を『建値ストップ』と言います。

この『建値ストップ』を置くことに依り、手動での『建値決済』がなくなるのでチャートを随時監視する必要性もなくなり、トレードにも余裕が持てます。


『建値』とは『エントリーポイント』

『建値』とは、『ポジション』を持つポイントの事です。

このポイントを『エントリーポイント』とも呼びます。

私がトレードで重要視している中の一つの項目でもあります。

FXでは、トレンドの有無は関係なく、レートが一方向に進む事はありません。

必ず調整波(逆方向)が入り、ジグザグというカタチをチャートに刻みながら進んでいくものです。

この調整波は、小さいものから大きなものまで要因に依り様々です。

『初心者』の方は、こういった調整波を予測できずに『建値決済』を余儀される場合が殆どです。

この理由として挙げられるのが、トレードにおける『シナリオ』がない事や、値ごろ感で売買される事に原因があります。

先述した通り、値ごろ感等で根拠のないエントリーを行っているのであれば、幾らポジっても『建値決済』により手数料が嵩んでいくだけの事になります。

もし読者の方で、こういったエントリーを行っているのであれば初心に戻り、一からFXを勉強される事を勧めます。

何故なら、こういったエントリーを行っている以上、只の『ギャンブルトレード』になるからです。


絵で見る『建値決済』

建値とは、FX
建値参照画像

Aから上昇したレートはCでアマタ打ちし、最終的にはE方向へ下降する様相を描いたものです。

先述した通り、相場はジグザグを刻みながら動いていきます。

図で示すA1、A2、A3(ロング狙い)や、C1(ショート狙い)のポイントでエントリーすればどうでしょう。

見事に『建値決済(エントリーポイント)』に掛かるのがイメージできると思います。

ではBでエントリーしたらどうでしょうか。

Cまで逆行(調整)することはなく、このどこか(B-C間)で『利確』を行えば利益がでます。

この手法を為替用語で『押し目買い』と言います。

次に下降途中のDでエントリーした場合はどうでしょうか。

これもEまで逆行(調整)することはなく、D~E間で利確を行えば利益が乗ります。

これの手法を為替用語で『戻し売り』と言います。

このエントリーポイントで、私が最も重要視するのは参照図の中央付近に引いた『重要視されるポイントライン』です。

いわゆる『レジスタンスライン』や『サポートライン』の事を指します。

図を見ても分かるように、如何にこういった重要なポイントが見つけられるかがFXでは重要なカギになります。

FXで継続して勝てるようになるには、こういった『レジスタンスライン』や『サポートライン』が引けるかどうかが重要になるという事です。(ここではライン等の話は長くなるので割愛します)


『プロトレーダー』が考える『建値決済』とは

先述した通り、私の『ロジック』における『建値(エントリーポイント)』は、トレードにおいて重要な項目の一つです。

トレードでのシナリオを描き、いわゆる『押し目』や『戻し』のポイントはある程度アタマでイメージし、また予測も行います。

この『押し目』や『戻り目』のポイントを狙いエントリーを仕掛けるのです。

リスクを抑えるため、こういった『押し目』や『戻り目』でのエントリー法は必須でもあります。

また、『建値決済』を行う場合ですが、私が持つシナリオ通りに相場が動いてくれたら問題はないのですが、時にして相場は想像すらつかない動き(ファンダメンタルズヘッジファンドの影響等)に傾く事も度々あります。

こういった場合、根拠あるシナリオでエントリーはしたものの、見事に思惑とは逆方向に動き出します。

『建値』を越えて、再度『建値』へ戻ってくる確証が見いだせない場合に限って『建値決済』を行います。

※こういった場所に限って、殆どの『初心者』は根拠なくポジションを保有し続けます。(これはプロスペクト理論から成るものです。)レートが返ってくる根拠もなく、只ひたすら損失が膨らむのを見ているだけです。何度も言いますが根拠のないトレードを行い、レートが思惑とは逆の方向に動く時は必ず『建値決済』を行えるよう心掛けて下さい。

【関連記事】

TOPページへ