トレンドフォローを使い勝率を上げる

 

『トレンドフォロー』で勝率を上げる

『トレンドフォロー』とは、成功を収めた数多くのトレーダー達が使用する手法です。

『トレンドフォロー』の仕組みをシッカリと理解すれば、自ずとFXでの勝率も上がります。

今回はこの『トレンドフォロー』について分かりやすく解説します。

 トレンドフォロー、勝率
トレンドフォローはFXの要

『トレンドフォロー』とは

『トレンドフォロー』とは、トレンド(相場の流れ)をフォロー(支持)する運用手法(投資戦略)のことを指します。

わかりやすく言うと、『順張り』です。

『トレンドフォロー』は、相場の動きに合わせて行くという手法であり、上昇トレンドでは『買い』、下降トレンドでは『売り』を仕掛けていく手法だと思って下さい。

 


『上昇トレンド』における『トレンドフォロー』

トレンドフォロー、勝率
絵で見る『上昇トレンド』

FXでは『上昇トレンド』が明確な場合、『買い』を意識して取引するのが基本となります。

これは『順張り』手法と言われるものです。

上記参照図をご覧下さい。『上昇トレンド』は一方的に上げる事は無く、調整波と言われる下降波を交えながら上昇するのが特徴です。

『押し目』とは

一旦上げ切った場所から下降に転じ、下げ切った場所までを『押し目』と言います。

『押し目買い』とは

『トレンドフォロー』を使った『上昇トレンド』での『買い』とは、下げ切った場所から『新規買い』を行う事を言います。

この『買い』の事を『押し目買い』と言います。

追随買い』とは

また『上昇トレンド』の勢いが強く、高値を繰り返し更新する場合に入れる『買い』の事を『追随買い』と言います。

追随買い』は有効なテクニックとされていますが、途中で急落し思わぬ高値づかみになるリスクもあるので注意が必要です。

※『上昇トレンド』では、『新規売り(逆張り)』のポジションを保有する事はタブーとされています。

 


『下降トレンド』における『トレンドフォロー』

トレンドフォロー、勝率
絵で見る『下降トレンド』

 

次は『下降トレンド』です。この場合は『売り』を意識して勝負するのが基本となります。

これも『上昇トレンド』と同じく『順張り』手法と言われるものです。

上記参照図をご覧下さい。『下降トレンド』は一方的に下げる事は無く、調整波と言われる上昇波を交えながら下降するのが特徴です。

『戻り目』とは

一旦下げ切った場所から上昇に転じ、上げ切った場所までを『戻り目』と言います。

『戻り売り』とは

『トレンドフォロー』を使った『下降トレンド』での『売り』とは、この上げ切った場所から『新規売り』を行う事を言います。

この『売り』の事を『戻り売り』と言います。

追随売り』とは

また『下降トレンド』の勢いが強く、安値を繰り返し更新する場合に入れる『売り』の事を『追随売り』と言います。

追随売り』も有効なテクニックとされていますが、途中で急上昇し思わぬ底づかみになるリスクもあるので注意が必要です。

※『下降トレンド』では、『新規買い(逆張り)』のポジションを保有する事はタブーとされています。

トレンドフォロー、勝率
レンジ相場は取引しないが鉄則

『レンジ相場』でのトレード

レンジ相場』でのトレードですが、一般にはレンジの高値付近から下落したら『売り』、安値付近から上昇したら『買い』と言われています。

また『レンジ相場』上限の『高値』を勢いよく超えて来たら『追随買い』、『レンジ相場』下限の安値を割り込んだら『追随売り』が有効とされています。

しかし『レンジ相場』は私の知る限り、こういった感覚で取引して容易く勝てるといった環境ではありません。

『レンジ相場』は方向性も無く、テクニカルも殆ど効かないのが実情です。

値幅もなく私たちプロトレーダーは敬遠する相場だと理解して下さい。

特に初心者等の方は、『レンジ相場』でわざわざ必要以上のリスクを負って取引をする事は無いでしょう。

FXで勝率を上げたいなら、先ずは『トレンドフォロー』に沿った『順張り』でトレードを行う事を強く推奨します。

 

トレンドフォロー、勝率

【関連記事】

TOPページへ