トレンドフォローを使い勝率を上げる

『トレンドフォロー』とは

『トレンドフォロー』とは、成功を収めた数多くのトレーダー達が使用する手法でもあります。『トレンドフォロー』の仕組みをシッカリと理解すれば、自ずとFXでの勝率も上がります。今回はこの『トレンドフォロー』について、わかりやすく解説します。

『トレンドフォロー』とは、トレンド(相場の流れ)をフォロー(支持)する運用手法(投資戦略)のことを指します。

わかりやすく言うと、『順張り』の投資です。

また『トレンドフォロー』は、相場の動きについていこうという手法でもあり、上昇時(上昇トレンド)には『買い』、下降時(下降トレンド)は『売り』を仕掛けていく手法です。

一般的に『トレンドフォロー』では、相場の大きな流れ(上昇トレンド&下降トレンド)に乗ったポジションを取ることにより利益を出そうというものであり、『カウンタートレード』とは反対(逆)の手法となります。


『上昇トレンド』における『トレンドフォロー』とは

トレンドフォロー、勝率
アップトレンド

FXなどでは『上昇トレンド』が明確なときは『買い』で勝負するのが基本となります。

これがいわゆる『順張り』手法と言われるものです。

この『トレンドフォロー』において、最も一般的なトレード・テクニックは、『上昇トレンド』が一旦止まり、その後下落したあと再上昇しますが、この転換時に『買い注文』を入れ利益を伸ばすといったテクニックです。

また、この上昇が一旦止まることをトレーディング用語で『押し目』といい、先述した転換時の『買い注文』のことを『押し目買い』と言います。

また、『上昇トレンド』が強く、勢いよく高値を更新する動きに便乗した行為を『追随買い』と言い、この『追随買い』も有効なテクニックとなりますが、途中で急落し思わぬ高値づかみになるリスクもあるので注意が必要です。

『上昇トレンド』では原則として新規『売り(逆張り)』の取引は控えるのが基本です。


『下降トレンド』における『トレンドフォロー』とは

トレンドフォロー、勝率
ダウントレンド

『上昇トレンド』とは逆で、『下降トレンド』が明確なときは『売り』で勝負するのが基本となります。

これも『上昇トレンド』における『トレンドフォロー』と同じで、『下降トレンド』時における『順張り』手法となります。

この『トレンドフォロー』において、最も一般的なテクニックは、『下降トレンド』が一旦止まり、その後上昇したあと再下降しますが、この転換時に『売り注文』を入れ利益を伸ばすテクニックです。

また、この下降が一旦止まることをトレーディング用語で『戻り目』といい、先述した転換時の『売り注文』のことを『戻り売り』と言います。

『下降トレンド』が強く、勢い良く急落が始まった瞬間に便乗する行為を『追随売り』と言い、この『追随売り』もテクニックとして有効です。

『上昇トレンド』では、ゆっくり、ジワジワと上昇することが多いのですが、コレとは逆に『下降トレンド』では、短時間で急激に下落(急落)することが多いので注意しなければなりません。

但し、こういった急落時は大きく下がる傾向が強く、思惑が当たれば利益も大きく伸ばせる結果となります。

※『下降トレンド』では原則として新規『買い(逆張り)』の取引は控えます。


『レンジ帯』でのトレード

レンジ高値近辺から下落したら『売り』、安値近辺から反発上昇したら『買い』という取引です。

為替レート』が横ばいの相場の『高値』を勢いよく超えて上昇したら『追随買い』、安値を割り込んで下落したら『追随売り』も有効とされています。

但し、私個人的に『初心者』の方へはお勧めできないトレードとなります。

こういった『レンジ帯』におけるトレードは経験と知識が必要となり、『初心者』には推奨出来ません。

『初心者』の方は先ず、勝率を上げる『トレンドフォロー』に沿った『順張り』でトレードを行う事を強く推奨します。

※トレンドフォロー系の代表的なテクニカル指標には、移動平均MACDなどがあります。

【関連記事】

TOPページへ