FXにおけるフラクタル構造

『フラクタル構造』とは

『フラクタル構造』を簡単に説明すると、『どんなに小さな一部分を切り取っても、それが全体と同じ形をあらわしている構造』の事を意味し、また、日本語では『自己相似』とも呼ばれています。今回は『フラクタル構造』の概念を通じ、FXでの取り入れ方なども交えて解説していきます。

『フラクタル構造』の例えで有名なのが、『雪の結晶』、『海岸線』、『ブロッコリー』などです。『雪の結晶』を顕微鏡で先端拡大してみると、そこには結晶全体と同じ形をした小さな結晶が集まっていているのが分かります。

あと、『フラクタル構造』の具体的な例として、『海岸線』の形などが挙げられます。『海岸線』を上空から見た場合、一般的な図形は複雑に入り組んだ形状をしていても、更に上空から観察する事(拡大)で、その細部の変化が少なくなり、滑らかな形状になっていきます。これとは逆に『海岸線』へ上空から近づき、どれだけ近づいて(拡大)も同じように複雑に入り組んだ形状が現れてくるのです。こういった構造も雪の結晶と同じ『フラクタル構造』と言います。

フラクタル構造とは、FX
フラクタル構造の海岸地形

FXにおけるフラクタル構造/考案者

【フラクタル幾何学の創始者】

Benoit B. Mandelbrot
数学者,フラクタル幾何学の創始者
(1924年~2010年)
先述した『海岸線』や放電パターンなどは滑らかな線ではなく、細かく見れば 見るほど凸凹や枝分かれが見えてきます。

『自己相似』なパターンに対して『フラクタル』という言葉を考案し現代に残しています。
『フラクタル』は、数学、物理学はもとより、経済学、生物学など幅広く利用されています。


FXにおけるフラクタル構造/チャート

『チャート』における『フラクタル構造』

私達、FXトレーダーが日々使用する『チャート』も、この『フラクタル構造』から成っているのはご存知でしょうか。

例えば『日足チャート』をご覧になって下さい。

『日足チャート』で示されるロウソク1本が24時間で生成されたものになります。

その内容を見るには下位足のチャート(この場合8時間、4時間と言った感じ)を見れば確認出来ます。

更に下位足チャート(次は1時間、15分足といった感じ)を見て行けば更に内容を細かく確認する事も可能です。

FXで使用するチャートは『フラクタル構造』から成ると先述しましたが、『下位足』は『上位足』の一部と理解して下さい。

この『フラクタル構造』を使い、複数時間軸を応用した手法が『マルチタイムフレーム分析』と言われるものです。

例えば、4時間足のチャートが『上昇トレンド』だったとします。

この『上昇トレンド』の先端を、15分足で拡大すると、そこにはヘッドアンドショルダーが出来ていたりもします。

長期的に、まだ『上昇トレンド』が続くかもしれませんが、短期的には上昇の動きは収まる可能性が高いと判断できます。

こういった場合は買いのポジションを手仕舞いしても良いと判断ができます。

このように『マルチタイムフレーム分析』一つとっても『フラクタル構造』の特徴を利用し、『大きな流れの中の小さな動き』を分析したり、『小さな動きが、大きな流れに及ぼす影響』を推測できたりもするのです。

【関連記事】

TOPページへ