【逆張り/読み方】絵を使い、わかりやすく解説

『逆張り』とは

読み方:ぎゃくばり

英語表記:resistance operations 又は resistance dealing

『逆張り』とは、大きな相場の流れ(方向)とは逆の方向に売買を行う事を言います。

『逆張り』とは、『上昇トレンド』なら『売りポジション』を持つ事を指し、『下降トレンド』なら『買いポジション』を持つという事を指します。

『上昇トレンド』における『逆張り』

逆張り、読み方
アップトレンドでの逆張り

上の参照図は『上昇トレンド』を絵にしたものです。相場は一方的に上がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

下から上がってきたレートは『高値』を迎え、逆方向に位置する『安値』に向かいます。

『上昇トレンド』における『逆張り』とは、『高値』を付けた以降、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『安値』を付けた以降、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を『下降トレンド』での『順張り』と言います。

※上昇トレンドは『アップ・トレンド』とも呼ばれています。

『下降トレンド』における『逆張り』

逆張り、読み方
ダウントレンドにおける逆張り

上の参照図は『下降トレンド』を絵にしたものです。相場は一方的に下がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

上から下がってきたレートは『安値』を迎え、逆方向に位置する『高値』に向かいます。

『下降トレンド』における『逆張り』とは、『安値』を付けた以降、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『高値』を付けた以降、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を『下降トレンド』での『順張り』と言います。

※下降トレンドは『ダウン・トレンド』とも呼ばれています。


『逆張り』は大きなリスクを伴う

『逆張り』は『順張り』に比べリスクが大きく、このリスクに伴うトレードでの根拠(理由)が必ず必要となります。

『そろそろ天井付近かな』、『そろそろ底値でしょ』みたいな、いわゆる『値ごろ感』で取引を行っているなら、それこそ話にもならないでしょう。

逆張り、読み方
逆張りのリスク

『逆張り』のリスクとは

上の参照図を使い、『上昇トレンド』における『逆張り』を検証します。

仮に『a』のレ点で『売りポジション』を保有したとします。ポジションを持った直後から思惑通り下降を始めます。しかし『b』で下げ止まった後も利益欲しさに利確を行わず更に保有したとしましょう。レートは反転し、『c』で『高値』更新を行い、再度下降へ転じるのですが、この時トレーダーの多くが損失を少しでも抑えたい欲望にかられ、『建値』付近までレートが下がって来るのを待つのです。しかしこのトレードは、『上昇トレンド』という大きな流れが既にできており、下がってくるはずもないレートを待ち受けている以上、含み損がどんどんと膨らんでいくという最悪なパターンに陥ります。

如何に『逆張り』がリスキーな手法か理解頂けたでしょうか。

『逆張り』トレードで必要なポイント

逆張り、読み方
逆張りトレードに必要なポイント

『逆張り』トレードを行うにあたり必要な2つの重要なポイントを書き留めます。

  • 上の参照図に示す『a』ポイントから下がるという根拠(理由)
  • 『b』ポイントまでは下がると言う根拠

※『逆張り』は上記の根拠等が必ず必要となります。初心者等こういった根拠が未だ持てない方は潔く『逆張り』でのトレードは行わないようにしましょう。リスクが大きく伴います。


FX初心者は『順張り』でトレードを行う事が重要

『逆張り』とは、マーケットが大きな流れで上昇している時は、その流れに逆らって『売り』を行い、また下がってくれば『買い』を行うといったものです。(※下降時は逆)

『逆張り』は『順張り』と比べ、リスクが大きくなります。

初心者は必ず『順張り』でトレードを行って下さい。

『順張り』をコツコツ行う事により利益も必ず増えていきます。

『逆張り』は大きな利益をだす事も可能ですが、一つ間違えると大きな損失をだすリスキーな手法です。

『逆張り』には相応の『根拠』が必要となる上級者の手法だと思って下さい。

あと注意して欲しいのは『順張り』だから安全だという事ではありません。

『順張り』にも相応のリスクは伴います。

よく初心者等に在りがちなのが、例えば『上昇トレンド』で買った場所が『天井圏』で、最悪は『底値』まで持って行かれるといったパターンです。

『トレンド』と言っても必ず終焉が訪れます。

こういった目利きが出来ない限り大きな損失を抱える可能性が常にあるので、初心者等はトレードを行いながら相場観を養っていく必要性があります。


『値ごろ感』でトレードはしない

勝てないトレーダーの取引を見ていると、値ごろ感で『上がったら売る』、『下がったら買う』を繰り返すトレーダーをよく目にします。

何の根拠もなく繰り返すこの行為は只の『ギャンブルトレード』だという事を肝に銘じて欲しいのです。

根拠があれば別ですが・・・


『ピラミッティング』とは

FXトレードで一般の方が勝ちやすい相場と言うのは1本調子と呼ばれる『トレンド相場』です。

私が徐々に勝てるようになってきた時期の『順張り手法』を少し解説します。

チャートの方向性を確認し、コレだと思うタイミングで『エントリー』が出来たとします。

その後、相場は思惑通りの方向へ動きます。

ココで『ピラミッティング』を仕掛けるのです。

『ピラミッティング』という手法は、分かりやすく言うと思惑通りの方向へ相場が動き始めたら『買い増し』や『売り増し』を仕掛け更に利益を追求する手法だと思って下さい。

ココで注意したいのは相場には必ず反転(調整)が入ります。

まだあなたがチャートの方向性が読めないトレーダーなら、この反転(調整)が入るタイミングを見失い一挙に利益が損失に変わる可能性がでてきます。

私も当時は相場の方向性を読み解く力がありませんでした。

そこで行ったのが次に示す方法です。


『ピラミッティング』の具体例

例えばエントリー時に1ドル/100円で買ったとしましょう。

その後、相場が思惑通り上昇相場となり『ピラミッティング』で1ドル/105円を『買い増し』したと想定します。

その時の『持ち値』に対する平均レートは1ドル/102円50銭になります。

この平均の『持ち値』と現レート値を見て利益を算出し、『イグジットポイント』を決めるというやり方です。

あと『ピラミッティング』で注意したいのが天井圏や底値圏での『買い(売り)増し』は控えるということです。

こういった高値や安値で『買い(売り)増し』を行うと、そのポジションだけで平均の買い付けコスト』が上昇してしまいます。

こうなると相場が反転した時に損失が出やすくなり、仮に上昇したとしてもコストを加味すると利益が得られにくくなるからです。

『順張り』相場でもこういったコントロールを上手く活用できないと利益が出にくいという現実があります。


『ピラミッティング』における注意

『ピラミッティング』を行う際には必ず初回のロット数より少ないロットを注文する事です。

出来れば初回の半分以下を推奨します。

初回と同数またはそれ以上のロット数でトレードを行うと、相場が反転と同時に損失がドンドン膨れ上がると言うリスクを負うカタチのトレードなります。

『ピラミッティング』に自信がないというトレーダーは特に慎重に行って下さい。


マトメ

あなたがまだチャートの方向性を見定める手法をお持ちでなければ『順張り』をメインで取引しましょう。

『トレンド』がでればその方向性について行くというスタイルが一番安全で且つ利益も追求できる手法だからです。

方向性が確認できないレベルでの『逆張り』は、まさに『ギャンブルトレード』にしかなりえません。

『逆張り』はレンジ相場(東京時間等は典型的なレンジ相場が多い)で効果を発揮しやすく、初心者や一般トレーダーには難しい相場となります。

敢えてトレードを行わなくても良い場面だということを認識しておきましょう。

【関連記事】

TOPページへ