【FXの逆張りとは】絵を使い、わかりやすく解説

【FXの逆張りとは】絵を使い、わかりやすく解説

読み方:ぎゃくばり

英語表記:resistance operations 又は resistance dealing

『逆張り』とは、大きな相場の流れ(方向)とは逆の方向に売買を行う事を言います。

またこれとは逆に、相場の大きな流れと同方向へ売買する事を『順張り』と言います。

 

 

逆張りとは、分かりやすく
上昇トレンドでの逆張りを絵で見る

『逆張り』とは、『上昇トレンド(アップトレンド)』なら『売りポジション』を持つ事を指し、『下降トレンド(ダウントレンド)』なら『買いポジション』を持つという事を指します。

 

 

『上昇トレンド』における『逆張り』

逆張りとは、FX
上昇トレンドでの逆張り

上の参照図は『上昇トレンド』を絵にしたものです。

相場は一方的に上がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

下から上がってきたレートは『高値』を迎え、逆方向に位置する『安値』に向かいます。

『上昇トレンド』における『逆張り』とは、『高値』を付けたあと、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『安値』を付けたあと、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を『上昇トレンド』での『順張り』と言います。

 

 

 逆張りとは、分かりやすく
下降トレンドでの逆張り絵で見る

『下降トレンド』における『逆張り』

逆張りとは、FX
下降トレンドにおける逆張り

上の参照図は『下降トレンド』を絵にしたものです。相場は一方的に下がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

上から下がってきたレートは『安値』を迎え、逆方向に位置する『高値』に向かいます。

『下降トレンド』における『逆張り』とは、『安値』を付けたあと、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『高値』を付けたあと、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を『下降トレンド』での『順張り』と言います。

 

 

 逆張りとは、分かりやすく
レンジ相場での逆張りを絵で見る

『レンジ相場』における『逆張り』

上の参照図は『レンジ相場』をイメージしたものです。『レンジ相場』とはレジスタンスラインを上限とし、サポートラインを下限とした空間の中で上下動をとる相場の動きの事を言います。

『レンジ相場』での『逆張り』は、図に示す『レ点』で行うのが理想とされていますが、実際には絵に示すような単純な動きでは無く、Aの『レ点』に描くような事(上・下限ラインを突破する事)も度々起こりうる予想困難な相場環境です。

『レンジ相場』では、方向感は基本的に失われやすく、根拠ある手法を使い取引しても勝つ事が非常に困難な相場と言っても過言ではありません。

 

 

逆張りとは、分かりやすく
逆張りはシナイが一番

『逆張り』は大きなリスクを伴う

『逆張り』は『順張り』に比べリスクが非常に大きい手法です。

もし『逆張り』を行うなら、そのリスクに伴う根拠が必ず必要となります。

『逆張り』は、それまでの経験値とテクニックが必要なので初心者等が仕掛けても勝てない事が殆どです。

『そろそろ天井付近かな』や『そろそろ底値付近かな』みたいな『値ごろ感』でもし取引を行っているなら、それはギャンブルトレードと認識した方が賢明です。

 

 

逆張りとは、FX
逆張りのリスク

『逆張り』を検証

上の参照図を使い、『上昇トレンド』における根拠の弱い『逆張り』を例に挙げて検証します。

仮に『a』のレ点で『売りポジション』を保有し、根拠の弱い『逆張り』を行ったとします。

ポジションを持った直後から思惑通り下降を始めます。しかし『b』で下げ止まった後も利益欲しさに利確を行わず更に保有します。

レートは反転し、『c』で『高値』更新を行い、再度下降へ転じるのですが、このとき弱い根拠で仕掛けたトレーダーの多くが損失を少しでも抑えたい欲望にかられ、『建値』付近までレートが下がって来るのを待ちます。

しかしこのトレードは、『上昇トレンド』という大きな流れが既にできており、下がってくるハズもないレートを待ち受けている以上、含み損がドンドンと膨らんでいくという最悪なパターンに陥ります。

これは『値ごろ感』を含め、弱い根拠で『逆張り』を行った典型的なパターンと言えるでしょう。

 

 

『逆張り』トレードは強い根拠が必要

逆張りとは、FX
初心者は逆張りトレードは行わない

例えば絵に示す『a』から『b』ポイントまで『新規売り』ポジションを保有するなら下がるという強い根拠(理由)が『逆張り』には必要です。

未だ強い根拠が持てない初心者等の方は、こういった局面での『逆張り』トレードは出来るだけ避けて下さい。

リスクが大きく伴う事を知っておきましょう。

 

 

逆張りとは、分かりやすく
トレードは順張りが基本

初心者は『順張り』でトレードを行う

『逆張り』は『順張り』に比べ、『強い根拠』が無ければリスクが非常に大きくなる取引です。

初心者は『順張り』でトレードを行って下さい。

『順張り』でコツコツ取引すれば利益も増えていきます。

『逆張り』で利益をだす事も可能ですが、前述したように一つ間違えると大きな損失をだすリスキーな手法です。

『逆張り』は相応の強い『根拠』が必要となる上級者の手法だと思って下さい。

 

 

逆張りとは、分かりやすく
ピラミッディングとは積み上げていくこと

『ピラミッティング』とは

FXのトレードで一般の方が勝ちやすい相場と言うのは1本調子と呼ばれる『トレンド相場』です。

私が徐々に勝てるようになってきた時期の『順張り手法』をココで少し紹介します。

例えばチャートの方向性を確認し、コレだと思うタイミングで『エントリー』が出来たとします。

その後、相場は思惑通りの方向へ動きます。

ココで『ピラミッティング』を仕掛けるのです。

『ピラミッティング』という手法は、分かりやすく言うと思惑通りの方向へ相場が動き始めたら『買い増し』や『売り増し』を仕掛け更に利益を追求する手法だと思って下さい。

 

『ピラミッティング』の具体例

例えばエントリー時に1ドルを100円で買ったとしましょう。

その後、相場は思惑通りに上昇相場となり『ピラミッティング』で1ドル/105円を『買い増し』したと想定します。

その時の『持ち値』に対する平均レートは1ドル/102円50銭になります。

この平均の『持ち値』と現レート値を見て利益を算出し、『イグジットポイント』を決めるというやり方です。

あと『ピラミッティング』で注意したいのが、天井圏や底値圏での『買い(売り)増し』は控えるということです。

こういった高値や安値で『買い(売り)増し』を行うと、そのポジションだけで平均の買い付けコスト』が上昇してしまいます。

こうなると相場が反転した時に損失が出やすくなり、仮に上昇したとしてもコストを加味すると利益が得られにくくなるからです。

『順張り』相場でもこういったコントロールを上手く活用できないと利益が出にくいという現実があります。

 

『ピラミッティング』における注意事項

『ピラミッティング』を行う際には必ず初回のロット数より少ないロットを注文する事が大事です。

出来れば初回の半分以下を推奨します。

初回と同数またはそれ以上のロット数でトレードを行うと、相場が反転すれば同時に損失が膨れ上がると言う、リスクを負うカタチのトレードになります。

 

 


マトメ

あなたがもしチャートの方向性を見定める手法を未だお持ちでなければ『順張り』メインで取引をしましょう。

『トレンド』がでればその方向性について行くというスタイルが一番安全で利益も追求できます。

相場の方向性が確認できないレベルの『逆張り』は、まさに『ギャンブルトレード』になると認識して下さい。

『逆張り』は初心者や一般トレーダーには難しい相場です。

敢えてトレードを行わなくても良い局面だということを知っておいて下さい。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページへ