【順張りとは/FX編】絵を使い、わかりやすく解説

『順張り』とは

FXでの『順張り』とは、大きな相場の流れ(トレンド相場)に沿って売買を行う事を言います。

『順張り』とは『トレンドフォロー』の同意語でもあり、チャールズダウが提唱した『ダウ理論』でも無くてはならない手法の一つとなります。

『順張り』とは、『上昇トレンド』なら『買いポジション』を持つ事を指し、『下降トレンド』なら『売りポジション』を持つという事を指します。


『上昇トレンド』における『順張り』

順張りとは、FX
アップトレンドでの順張り

上の参照図は『上昇トレンド』を絵にしたものです。相場は一方的に上がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

下から上がってきたレートは『高値』を迎え、逆方向に位置する『安値』に向かいます。

『上昇トレンド』における『順張り』とは、『安値』を付けた以降、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『高値』を付けた以降、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を『下降トレンド』での『逆張り』と言います。

※上昇トレンドは『アップ・トレンド』とも呼ばれています。

『下降トレンド』における『順張り』

順張りとは
ダウントレンドにおける順張り

上の参照図は『下降トレンド』を絵にしたものです。相場は一方的に下がり続ける事はなく、絵に示すよう必ず調整(大きな流れとは逆方向)が入ります。

上から下がってきたレートは『安値』を迎え、逆方向に位置する『高値』に向かいます。

『下降トレンド』における『順張り』とは、『高値』を付けた以降、次の『安値』までの間に『売りポジション』を持つ事を言います。

これとは逆に『安値』を付けた以降、次の『高値』までの間に『買いポジション』を持つ事を『下降トレンド』での『逆張り』と言います。

※下降トレンドは『ダウン・トレンド』とも呼ばれています。


FXでは『順張り』が王道

よく初心者の方でテクニカル手法等を用いて、『逆張り』でトレードを行う方を見かけますが私はNGだと思います。

私は『順張り』も『逆張り』も行うトレーダーですが、『逆張り』は『順張り』に比べリスクが大きく、このリスクに伴うトレードでの根拠(理由)が必ず必要となります。

『そろそろ天井付近かな』、『そろそろでしょ』みたいな、いわゆる『値ごろ感』で取引を行っているなら、それこそ話にもならないでしょう。

私が『逆張り』でトレードする理由は大きく利益が取れるポイントでもあるからです。

理由をココで書くと長くなるので割愛させて頂きます。(別記事でアップします)

順張りとは、FX
順張りの優位性

『順張り』の優位性

上の参照図は『上昇トレンド』における『順張り』の有効性を示すものです。仮に『a』のレ点で『買いポジション』を保有したとします。しかし買った直後から思惑とは逆方向へ向かいます。『b』で下げ止まった後に反転し、『c』のポイントで利益を確定というパターンです。このトレードの場合、左下から右上に向かう、『上昇トレンド』における大きな流れがあり、一旦は『e』に示す含み損を保有しますが、『上昇トレンド』における『順張り』なのでレートは次第に回復し、更には含み益を持てる『ポジション』となる訳です。

極論から言うと、こういった『上昇トレンド』の最中であれば、どこで『買いポジション』を持っても含み益がとれるというのが『順張り』手法が王道と言われる理由でもあります。

リスキーな『逆張り』

では次に、上の参照図を使い『上昇トレンド』における『逆張り』をイメージしましょう。仮に『a』のレ点で『売りポジション』を保有したとします。ポジションを持った直後から思惑通り下降を始めます。しかし『b』で下げ止まった後も利益欲しさに利確を行わず更に保有したとしましょう。レートは反転し、『c』で『高値』更新を行い、再度下降へ転じるのですが、この時トレーダーの多くが損失を少しでも抑えたい欲望にかられ、『建値』付近までレートが下がって来るのを待つのです。しかしこのトレードは、『上昇トレンド』という大きな流れが既にできており、下がってくるはずもないレートを待ち受けている以上、含み損がどんどんと膨らんでいくという最悪なパターンに陥ります。

如何に『逆張り』がリスキーな手法か理解頂けたでしょうか。

『逆張り』トレードで必要なポイント

順張りとは、FX
逆張りトレードに必要なポイント

『逆張り』トレードを行うにあたり必要な2つの重要なポイントを書き留めます。

  • 上の参照図に示す『a』ポイントから下がるという根拠(理由)
  • 『b』ポイントまでは下がると言う根拠

※『逆張り』は上記の根拠等が必ず必要となります。初心者等こういった根拠が未だ持てない方は潔く『逆張り』でのトレードは行わないようにしましょう。リスクが大きく伴います。


『まとめ』

『順張り』とは、マーケットが大きな流れで上昇している時は、その流れに沿って『買い』を行い、また下がってくれば『売り』を行うといったものです。(※下降時は逆)

先述しましたが、FXでの『順張り』は『逆張り』と比べ、リスクを抑える事の出来る手法です。

初心者は必ず『順張り』でトレードを行って下さい。

『順張り』をコツコツ行う事により利益も必ず増えていきます。

『逆張り』は大きな利益をだす事も可能ですが、一つ間違えると大きな損失をだすリスキーな手法です。

先述した通り『逆張り』には相応の『根拠』が必要となる上級者の手法だと思って下さい。

あと注意して欲しいのは『順張り』だから安全だという事ではありません。

FXでの『順張り』にも相応のリスクは伴います。

よく初心者等に在りがちなのが、例えば『上昇トレンド』で買った場所が『天井圏』で、最悪は『底値』まで持って行かれるといったパターンです。

『トレンド』と言っても必ずトレンドには終焉が訪れます。こういった目利きが出来ない限り大きな損失を抱える可能性が常にあるので、初心者等は併せてこういった目利きができるよう相場観を養っていく必要性もあります。

【関連記事】

TOPページへ