【一番底と二番底】絵を使い、わかりやすく解説

『底』も様々

トレーダーの方なら分かると思うのですが、下降相場における相場転換というのは、底(安値)を一度付けただけでは容易に転換しません。何度か底(安値)を更新しながら徐々に転換を行う事が殆どです。今回は『一番底や二番底』を含め、この『底』と言われる『安値』について詳しく解説していきます。


『一番底と二番底』での定義

為替相場をチャート表で見ると、安いポイントが見受けられます。

一番安いポイントもあれば2番目に安いポイントもあり、様々な安値

を付けながら相場は転換期(下降から上昇へ転ずる)を迎えます。

『一番底や二番底』に使われる『底』という意味は、この一番安いポイント付近だと広義では覚えて下さい。

一番底と二番底
一番底と二番底の参照図

『一番底と二番底』とは

上に示した参照チャート(ドル/円15分足)をご覧ください。(クリックすると拡大します。)

左側から上昇トレンドで上がってきたレートが頭打ちとなり下降方面へと向かいます。

その後、底打ちしているのが解ると思うのですが、この場合、赤枠で囲んだ部分がいわゆる広義での『底』と呼ばれる部分です。

では赤枠の中をご覧ください。

左側からレ点(赤)を3か所入れております。

順に言うと1番目に付けた『底』が『一番底』で、2番目のレ点が『二番底』、3番目のレ点が『三番底』となります。

その後、相場は上昇へと転じています。

※ここで気を付けて頂きたいのがローソク足のヒゲの長さです。チャートにおけるローソク足では『終値』を基準値としますので、ヒゲの先端(安値)を『底』と見なしません。


『一番底と二番底』を含めた『底』のマトメ

為替相場で言う『底』とは、中・長期で見る一番安い(安値)値段を付けた付近の事を指します。

  • 一番底とは

時間の経過の中で、一番早い時期に『安値』を付けた箇所の事を指します。

  • 二番底とは

時間の経過の中で、二番目に『安値』を付けた箇所の事を指します。

  • 三番底とは

時間の経過の中で、三番目に『安値』を付けた箇所の事を指します。

  • 大底とは

一番安い値段を付けた箇所を『大底』、または『陰の極み』と呼びます。上の参照チャートでの『大底』は、『三番底』の事を言います。

【関連記事】

TOPページへ