【イグジットポイントとは】絵を使い、わかりやすく解説

『イグジットポイント』とは

英語表記:exit point

『イグジットポイント』とは、日本語で『出口点』、または『出口』を意味します。

『イグジットポイント』は、『エグジットポイント』とも日本では呼ばれていますが同意語となります。

 

 

イグジットポイントとは
トレドにおけるイグジットポイントは重要

FXでの『イグジットポイント』とは、保有している『ポジション』を決済する場所(ポイント)の事を言い、また決済する行為を『利確(利益確定)』すると言います。

『イグジットポイント』は『エントリーポイント』同様、トレードでは非常に重要な場所(ポイント)になります。

特にFX初心者の方で、『値ごろ感』で根拠の無い『イグジットポイント』を決めているのであれば、トレード自体を即見直すべきでしょう。

『イグジットポイント』はトレードプランへ必ず組み込むようにして下さい。

ではどういった場所(ポイント)が『イグジットポイント』として正しいのか、『ダウ理論』における『トレンドフォロー』を使って解説します。

 

 


『トレンドフォロー』を使った『イグジットポイント』

『上昇トレンド』における『イグジットポイント』
イグジットポイントとは
アップトレンド(上昇トレンド)でのイグジットポイント

上記参照図は『上昇トレンド』を表した図です。

『上昇トレンド』とは、相場の大きな流れが上向きとなっている状態の事を言います。

但し相場は『上昇トレンド』中であっても上方向へ真っすぐ伸びる事はごく稀で(強いトレンドが発生している時は別)、途中で参照図に示すよう大きな流れ(上昇)とは逆方向(下降)へと向かうのが特徴です。

こういった『上昇トレンド』での取引では、『安値』で『買い』、『高値』で『売る』というのが基本になります。

またこういった『高値圏』で『売る』場所(ポイント)が『イグジットポイント』として理想だと言われています。

この手法は『順張り』、もしくは『トレンドフォロー』と言います。

 

 

『下降トレンド』における『イグジットポイント』

イグジットポイントとは
ダウントレンド(下降トレンド)におけるイグジットポイント

上記参照図は『下降トレンド』を表した図です。

『下降トレンド』とは、相場の大きな流れが下向きとなっている状態の事を言います。

但し『上昇トレンド』同様で、相場は『下降トレンド』中であっても下方向へ真っすぐ伸びる事はごく稀で、途中で参照図に示すよう大きな流れ(下降)とは逆方向(上方向)へと向かうのが特徴です。

こういった『下降トレンド』での取引では、『高値』で『売り』、『安値』で『買う』というのが基本になります。

またこういった『安値圏』で『買う』場所(ポイント)が『イグジットポイント』として理想だと言われています。

この手法も『上昇トレンド』同様に、『順張り』、もしくは『トレンドフォロー』と言われています。

 

 

お勧め記事

 

 

TOPページ