【ロンドンフィックスとは】傾向をわかりやすく解説

『ロンドンフィックス』とは

英語表記:London Fix(ロンドンの値決め)

為替相場』の値動きに大きな影響を与える『ロンドンフィックス』。

ニューヨークフィックス』同様に、トレーダーなら誰もが注目する『ロンドンフィックス』ですが、今回はこの『ロンドンフィックス』の時間や傾向について詳しく解説します。

『ロンドンフィックス』とは『ロンドンフィキシング(London Fixing)』とも呼ばれ、また日本の為替関係者の間では『ロンフィク』とも略され呼ばれています。

ロンドンフィックス、傾向
『ロンドンフィックス』で相場.が大きく動く理由
『ロンドンフィックス』は毎日取引される

『ロンドンフィックス』とは、現地時間の16時(夏時間15時)に行われる『フィキシング(値決め)』のことを言います。(※日本時間は25時/夏時間24時)

この時間に『金(Gold)』のスポット価格の値決めを行い、ロンドン市場における銀行の対顧客取引の指標となる為替レートを算出し、これを公表する時間帯となります。

また『ロンドンフィックス』は、外国為替市場有価証券の決済に絡んだオーダーが多い時間帯と重なる傾向があります。

『フィキシングタイム』が大きく動く理由はこういった背景がある事も押さえておきましょう。

『ロンドン市場』は『金』や『貴金属』の現物取引では世界で最も重要な位置を占め、決定される『金価格』は世界中の『金』の価格指標になります。

また『金』は通常ドル建てで取引されており、『ロンドン・フィックス』によってドル資金との需給関係に影響を与えることから、『ロンドン・フィックス』が重要視される最大の理由です。

『ロンドン・フィックス』の影響で、為替が大きく動く傾向があるのはこの理由からです。

 

ロンドンフィックス、傾向
チャートで見るロンドンフィックスの動き

上の図は『ドル/円』の5分足チャートです。

赤枠で囲んでいるのが『フィキシングタイム』の30分前から『ロンドンフィックス』までのチャートです。(夏時間/東京23:30〜24:00間)

大きく下落しているのが確認できます。

この時『ファンダメンタルズ』的要因は一切なく、それでも『ロンドンフィックス』が相場に与える影響が如何に大きいかが解るチャートです。

 ロンドンフィックス、傾向
『ロンドンフィックス』では多くのスキャルパー達が参戦

『ロンドンフィックス』を使った手法

『ロンドンフィックス』では、多くのトレーダー達が挙って売買を仕掛けます。

数ある手法の中でも『ロンドンフィックス』を使った『スキャルピング』が有名です。

『スキャルピング』とは、短時間取引に特化した手法の事をいい、僅かな変動値を狙って取引回数をこなし、それを積み上げる事で利益を得るといった手法の事を言います。

利幅が取れない分、利益を大きく得られるよう取引の注文量を増やし、ハイレバレッジのトレードが中心です。

『ロンドンフィックス』前後では、短時間で大きな変動値を得られるため、こういった『スキャルピング』をするトレーダーが多いのも『ロンドンフィックス』の特徴であり傾向でもあります。

但し『スキャルピング』は、中・長期での変動値を無視したハイリスクな取引となりますので、初心者が取引を行う環境ではない事をご周知下さい。

『スキャルピング』は、相応の経験や知識が必ず必要となるので注意が必要です。

 


『ロンドンフィックス』では『スプレット』が広がる傾向にある

今回解説した『ロンドンフィックス』を含め、短期的に変動の可能性がある相場では『スプレッド(FX会社に対する手数料)』が必ずと言って良いほど広がる傾向にあります。

通常『スプレッド』が広がるのは重要な『経済指標』の発表前後ですが、『ロンドンフィックス』も他では有りません。

こういったリスクを避けるためにも事前に『スプレット』をチェックする習慣をつけておきましょう。

ロンドンフィックス、傾向
『ロンドンフィックス』でのトレードはリスクも大きい

ロンドンフィックス』では『スリッページ』の傾向がある

『ロンドンフィックス』では、短期的に大きな変動を生じる可能性が高く、思惑のポイントで売買を行っても、実際には希望通りの価格とは違う場所で注文が約定する事が多くあります。

これは注文価格と約定価格に差が生じる現象で、こういった事象を表現するのに『約定が滑る』といい、またこの事象の事を『スリッページと呼んでいます。

 


『ロンドンフィックス』での『約定拒否』

『ロンドンフィックス』では、『FX取引業者』にもよって約定が拒否される傾向があります。

これは短時間に多くの注文が殺到し、それを捌ききれずに起こりうる事象です。

 


まとめ

今回は『ロンドンフィックス』に焦点をあてました。

トレードにおいて、如何に『ロンドンフィックス』が重要な時間なのかという事が理解できたと思います。

数ある『フィキシングタイム』の中、『ニューヨークオプションカット』同様、この『ロンドンフィックス』もトレードにおける重要なフィクサーに変わりはありません。

こうした背景を踏まえ、『ロンドンフィックス』での時間は特に注意を払い、取引する事を推奨します。

 

ロンドンフィックス、傾向

【関連記事】

TOPページへ