【ロンドンフィックスとは】傾向をわかりやすく解説

『ロンドンフィックス』とは

英語表記:London Fix

為替相場』での値動きに大きな影響を与える『ロンドンフィックス』。『ニューヨークフィックス』同様に、トレーダーなら誰もが注目する『ロンドンフィックス』ですが、今回はこの『ロンドンフィックス』の傾向や時間等を含めて詳しく解説します。

『ロンドンフィックス(London Fix)』とは『ロンドンフィキシング(London Fixing)』とも呼ばれ、また為替関係者たちでは『ロンフィク』とも略されて呼ばれています。

『ロンドンフィックス』は毎日取引される

『ロンドンフィックス』は、『ロンドン市場』での現地時間で16時(夏時間15時)=日本時間の25時(深夜1時、夏時間24時)の『フィキシング(値決め)』のことを指します。

冬・夏時間はいつから?
  • 冬時間〜東京25時=LDN16時=NY11時
  • 夏時間〜東京24時=LDN15時=NY10時

更に追加すると、金(Gold)のスポット価格を決定したり、『ロンドン外国為替市場』における、銀行の対顧客取引の指標となる『為替レート』を算出・公表することも含めた時間帯となります。

また、この『ロンドンフィックス』での時間帯は、『外国為替市場』で『有価証券』の決済に絡んだオーダーが多い時間帯と重なる傾向があります。

『ロンドン市場』は、『金』や『貴金属』の『現物取引』では、世界で最も重要な位置を占めています。

『ロンドン市場』で決定される『金価格』は、世界的にある『金』の『価格指標』にもなっているのです。

『金』は通常、ドル建てで取引されています。

『ロンドン・フィックス』により、ドル資金との需給関係に影響を与えることから、『ロンドン市場』における『ロンドン・フィックス』の時間帯が重要視されている最大の理由です。

為替相場が大きく動く傾向がある理由はこの為です。

ロンドンフィックス、傾向
チャートで見るロンドンフィックスの動き

上の図はドル/円の5分足チャートです。赤枠で囲んでいるのが『ロンドンフィックス』30分前(夏時間/東京/23:30)から『ロンドンフィックス』まで(東京/24:00)のチャートで、大きく下落しているのが確認できます。この時は『ファンダメンタルズ』的要因は何一切なく、それでも『ロンドンフィックス』が相場に与える影響が如何に大きいかが解るチャート図です。


『ロンドンフィックス』を使った手法

『ロンドンフィックス』では多くのトレーダーが予想を付けて売買を仕掛けます。

数ある手法の中でも『ロンドンフィックス』を使った『スキャルピング』が多い傾向があるのをご存知でしょうか。

『スキャルピング』とは短期での取引に特化した手法の事をいい、僅かな変動を狙って取引回数をこなし、それを積み重ねることによって利益を得るといった手法の事です。
利幅が取れない分、1度の取引で大きく利益を得られるよう『ハイレバレッジ』でのトレードとなります。

『ロンドンフィックス』前後では、短期的に大きな変動を得る傾向があるため、こういった『スキャルピング』でのトレードをするトレーダーが多いのも『ロンドンフィックス』での傾向となります。

但し、『スキャルピング』は、中・長期での変動を無視したトレードとなります。

初心者が『ハイレバレッジ』をかけ、思惑通りに相場が動いたら大きな利益につながることはありますが、先ずはありえないという事を理解して下さい。

『スキャルピング』では、相応の経験や知識が必ず必要となります。

初心者が『スキャルピング』を一朝一夕で覚え、トレードしたところで先ず勝てないので肝に銘じておきましょう。


『ロンドンフィックス』では『スプレット』が広がる傾向にある

今回解説した『ロンドンフィックス』前後に限りませんが、短期的な変動の可能性がある時や、実際に急変動などが起こった場合、『スプレッド(FX会社に対する手数料)』が必ずと言って良いほど広がる傾向があります。

通常、『スプレッド』が広がるのは、重要な『経済指標』が発表前後に広がるのですが『ロンドンフィックス』も他では有りません。

トレードを行う際には必ず事前に『スプレット』をチェックする習慣をつけておきましょう。


ロンドンフィックス』では『スリッページ』の傾向がある

『ロンドンフィックス』などでの取引は、短期的な変動が激しい可能性が高く、思惑のポイントで売買を行っても、実際には希望通りの価格とは違う価格で注文が約定する事が多くあります。
これは注文価格と約定(売買が成立すること)との価格に差が生じる事象で、通称、約定が『滑る』といい、またこれを『スリッページと呼びます。


『ロンドンフィックス』での『約定拒否』

『ロンドンフィックス』では、『FX取引業者』にもよるのですが、約定が拒否される傾向が稀にあります。

これは、短時間に多くの注文が殺到し、『FX取引業者』が対応しきれず約定を拒否する事を指します。


まとめ

今回は『ロンドンフィックス』に焦点をあてました。

トレードにおいても、いかに『ロンドンフィックス』が重要な時間なのかという事が理解できたと思います。

数ある重要な『経済指標』の中、『ニューヨークオプションカット』同様、この『ロンドンフィックス』もトレードにおける重要なフィクサーに変わりはありません。

トレードにおける『ロンドンフィックス』での時間は、特に注意を払い、トレードを行うことが重要となります。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』に全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

ロンドンフィックス、傾向

【関連記事】

TOPページへ