【オセアニア通貨とは】わかりやすく解説

『オセアニア通貨』とは

『オージードル(オーストラリア・ドル)』や『ニュージードル(ニュージーランド・ドル)』を軸にする『オセアニア通貨』。この『オセアニア通貨』を実際に使用する国や、使用できる範囲をご存知の方は少ないと思います。今回はこういった話を始め、『オセアニア通貨』とも深い関係にある中国の話も織り込み、『オセアニア通貨』について解説します。

『オセアニア通貨』とは、オセアニア地区と呼ばれる場所で使用される通貨のことをいい、この通貨は『オーストラリアドル(豪ドル)』と『ニュージーランドドル』を一括りにして『オセアニア通貨』と呼んでいます。

また、『オーストラリア連邦』での通貨コードは『AUD/オーストラリア・ドル』、『ニュージーランド』での通貨コードは『NZD/ニュージーランド・ドル』となります。

余談ですが、現在の『オーストラリア・ドル』の銀行券(オーストラリア準備銀行(RBA)が発行)は『植物性繊維紙』でなく薄い『プラスチック(ポリマー)シート』に印刷された有名なポリマー紙というもので造られています。

日本銀行券でいう、透かしに相当する部分に透明のフィルムが使われ、水に浸かって破れたり、手で破る事はできない、たいへん丈夫なものです。

これを造るに製造コストはかかりますが、耐用年数は植物性繊維紙の3~5倍といわれていいます。

現在『RBA』と『オーストラリア連邦科学産業研究機構』の技術による、この非繊維・無孔の二軸配列ポリプロピレン・ポリマー加工という銀行券は、世界各国に広がっていますが、これはオーストラリアへの委託生産、または技術供与によるものです(他の技術にはデュポンのポリエチレンポリマー繊維紙幣があり、コスタリカおよびハイチで採用されているみたいです)


『オセアニア地域』とは

オセアニア(Oceania)とは、世界六大州の一つで、『オーストラリア大陸』、『ニュージーランド』、あと太平洋に位置する『ポリネシア諸島』、『メラネシア諸島』、『ミクロネシア諸島』からなる島々で構成されています。

『オーストラリア・ニュージーランド』の歴史的背景

年月略史
1642年タスマン(オランダ人探険家)により発見される。
1769年クック(英国人探険家)南北両島を探検する。
1840年イギリス代表と先住民マオリの伝統的首長との間でワイタンギ条約署名(これによってイギリスはニュージーランドを自国の植民地とする)
1907年イギリス自治領となる。
1947年イギリスのウェストミンスター法受諾(英国議会から独立した立法機能取得)

オセアニア通貨とは
オーストラリア

 

『オセアニア通貨』を使用する地域

一般的に『オセアニア通貨』は、『オーストラリア』の『豪ドル(オージードル)』と、『ニュージーランド』の『NZドル』が有名ですが、『オーストラリア』と『ニュージーランド』以外の地域(先述した島々等)で自国通貨を持たない国は、『米ドル』及び『豪ドル』が多く使用されています。

また、ポリネシアのナウル・ツバル・キリバスでは『豪ドル(オージードル)』が用いられています。


『オセアニア通貨』の特徴

以前、『オセアニア通貨』は先進国の中でも比較的、金利の高い『通貨』でもありました。

今でも金利が高いという通貨イメージを持つ方が多いと思うのですが、以前に比べ、今では金利が低下し、『高金利通貨』としての魅力も少なくなっています。


『オセアニア通貨』と中国との関係

『オーストラリア』は主に鉄鉱石や石炭など、資源の輸出を主な産業とし、また『ニュージーランド』は、『乳製品』などの輸出が主な産業となります。

どちらの国も『中国』は主要かつ重要な輸出先相手国であり、経済的な関係は切っても切れない深い間柄です。

この為、『オセアニア通貨』は『中国』の経済影響を敏感に、また強く受けるという特色があり、『オセアニア通貨』は、『中国』における『経済指標』や、『経済情報』に関する報道などで影響を強く受ける傾向があるのはこの為です。

【関連記事】

TOPページへ