【経済指標とは】わかりやすく解説

『経済指標』とは

FXトレーダーにとって、重要な『経済指標』ですが、相場への影響を及ぼす『経済指標』もあれば大して気にしなくて良い『経済指標』もあります。今回はこの『経済指標』の種類や見方、また日本の経済指標についても分かりやすく解説していきます。

経済指標とは、経済指標発表国(政府発表が多い)における企業や個人家計の動き、また多様に動くお金の要因をまとめあげ、経済の発展や安定性についての指標値の事を指します。

発表国の景気の善し悪しの判断の目安となる事はもちろんの事、為替相場の動向を知る上でも重要な指標となります。


『経済指標』のカラクリ

ココで少し『経済指標』におけるカラクリをお話します。

先ず『経済指標』の発表の仕方には下記内容の2種類があります。

1.速報値発表
2.確定値発表

証券関係者は先ず1の『速報値』に注目します。

続いて確定値が発表されるのですが、速報値と大きな数値の開きがなければ相場に与える影響は少なくなります。

これは『経済指標』の数字が良いとか悪いとかの判断では無く、事前予想値との比較(乖離差)で相場が動くという事です。


予想値が乖離する事で『相場』が大きく動く

では例を挙げてもう少し話を掘り下げましょう。

先ず市場関係者が、うわさ(予測)をマーケットに流します。

例えば事前に米国の貿易赤字が大きくなるとの予想数値がマーケットへ流れたとします。

為替相場では、この情報を元に『ドル』を売る傾向が強まり、指標が発表される以前にマーケットは『ドル売り』に傾きます。

指標が事前予想の赤字額であっても、指標発表後に『ドル』がさらに売られることにより、利食いによる『ドル』の買戻しが活発化し、『ドル』が最後には、上昇するケ-スも良くある事なのです。

みなさんが良く目にする、指標発表後に相場が大幅に動くのは基本的に指標の数値が事前予想値と大きく乖離していた時だと覚えておきましょう。

※『経済指標』は統計の数値ですので、実際(現時点での)の景気実態が反映されない場合が多くあります。これは発表時期と調査、集計時期にタイムラグがあるからです。


日本の『経済指標』はFXトレードに影響するのか

ここからは、日本の『経済指標』は海外のマーケットにおいてどれでけ重要なのかを書き留めたいと思います。

ズバリ言うと、日本の『経済指標』が世界市場へ与える影響は殆どないと無いと思って下さい。

影響がないと言っても多少重要視される指標もあります。

それは次に示す2つです。

『日銀短観』

これは日本銀行(日銀)四半期に一度発表する指標です。

因みに正式な名称は『主要企業短期経済観測調査』と言います。

全国にある民間企業1万社に『日銀』が直接調査を行い、『景況感』や『設備投資の有無』等を聞き取り調査し、3・6・9・12月に毎調査をかけ翌月の4・7・10月の頭と12月の中頃に結果を発表します。

『日銀短観』の調査項目は多岐にわたりますが、この中でも最も重要視されているのが『業況判断DI』の『主要企業製造業の業況判断DI』と呼ばれるものです。

これはどういったものかと説明すると、経営者が自身の会社業況に強気な見方をしている経営者が弱気な見方をしている経営者と比べて多いか少ないかを調査した指標となります。

この数字が予測値より強ければ円高になり、弱ければ円安方向に傾く傾向がある指標となります。

先述しましたが、この『日銀短観』は『日銀』が直接ヒアリングを企業に対し行うので、回答率が非常に高く、指標事態に信頼性がありマーケット関係者が為替の動向を探るにあたり重要な指標となっています。

『GDP(国内総生産)』とは

みなさんご存知の『国内総生産』です。

これも四半期毎に発表される日本の注目される『経済指標』となります。

この『GDP』を詳しく種別すると以下に示す3種から成ります。

  1. 次速報
  2. 次速報
  3. 確定値

『GDP』は上記の中でも最も重要視されているのが『1次速報』です。

この『1次速報』の数値が予測より強ければ『円高』になり、弱ければ『円安』傾向に傾くことを覚えておけば良いでしょう。

※『1次速報』は、各調査期の2か月後の中旬に発表されます。例えば1-3月期の1次速報は2か月後の5月中頃に発表されるといった具合になります。

※『GDP』については別記事でも詳しく解説しています。


『マトメ』

マーケットが注目する、日本の『経済指標』は『日銀短観』と『GDP』の2つになります。

日本では、この他にも複数の指標が発表されますが余り気にしなくていい『経済指標』です。

但し注意して欲しいのは、マーケット自体に材料が欠ける時、日本の金利等が注目され『円相場』が大きく動く時があります。ココはトレーダーとして注視しておきたいポイントでもありますね。

【関連記事】

TOPページへ