【レバレッジとは】わかりやすく解説

レバレッジとは

レバレッジとは、担保となる手元の資金(取引証拠金)に「レバレッジ」を掛け、何倍もの金額の外貨を取引できることを言います。

わかりやすく説明すると、少ない資金で大きなお金を動かせる事ができます。

悪く言うと、簡単に資金を溶かす可能性もあると言うことです。

『レバレッジ』の概要

『レバレッジ』とは別名『テコの原理』とも言い、実際に取引する金額よりも少ない資金で売買をすることを指します。


国内の『FX業者』のレバレッジは最大25倍ですので、最大で証拠金の25倍の取引が可能となります。(※法人口座等のレバレッジは各社設定が異なりますのでご注意を)


【レバレッジの算出方法】

『レバレッジ』は保有建玉の時価総額に対する口座資金の割合で求められます。

レバレッジ = (建玉数量×現在レート) ÷ 時価評価総額

【例】 

●口座に1,000万を入金したと仮定した場合

1ドル=100円のときに、10万通貨を保有した場合。

(100円×10万通貨)÷1,000万円 = 1

と言うことは・・レバレッジは1倍となります。

【例】

口座に200万を入金したと仮定した場合

1ドル=100円のときに、10万通貨を保有した場合。

(100円×10万通貨)÷200万円 = 5

と言うことは・・レバレッジは5倍となります。

※『レバレッジ』に関しては、保有建玉の評価損益により、リアルタイムに変動しますので注意が必要です。


『レバレッジ計算機』

『レバレッジ』を自動計算する便利なツールです。

是非お試しください、下の『レバレッジツール』をクリック!

『レバレッジツール』


ハイレバレッジ(ハイレバ)の罠

国内における取引業者は規制もあり、最大25倍のレバレッジです。

これに比べ、海外の業者は最大1000倍を超えるハイレバレッジが設定できる業者が存在します。

ココでFX初心者の皆さんに提案です。

最初は低レバ(レバレッジの設定が低い国内のFX業者)を推奨します。

ハイレバはとても魅力的な面もあるのですが、裏腹に非常に危険な取引となります。

私がFXを始めた当初の3年間は理想と現実のギャップが大きく、全く勝てない状況が続きます。

たまに勝てると、『良し、行ける!』みたいなノリでトレードすると、再度叩かれるといった感じのトレードを幾度となく繰り返しました。

この時の私は、海外のハイレバ業者(500倍)を使っており、あっという間に余剰資金も底をつきます。

レバレッジが高いのも魅力ですが、高い分だけ資金を溶かすのも早いものです。

SNS等でよく見聞きする、『ハイレバで一攫千金を掴もう!』や『私はハイレバで成功を掴みました!』等の文言が多くありますが騙されないで下さい。

FXはそんな簡単に稼げるものではありません。

勝てる手法をお持ちのトレーダーは、当然ハイレバでも良いと思います。

しかしよく考えて下さい、あなたは今、継続して勝てる手法をお持ちなのでしょうか。

勝てる手法もないのに、『ハイレバ』でトレードを行い継続して勝てると思いますか。

もちろんマグレで勝つこともあるでしょう。

しかしそれは単にビギナーズラックだけの話です。

FXをシッカリとしたビジネスと捉え、将来的に『継続して勝てるトレーダー』になりたいのなら、このようなトレードは絶対行わないようにして下さい。

初心者等は低レバで、且つ小ロット(1.000通貨単位が理想)での取引を推奨します。

勝てる手法を身に付けていけば、レバレッジを上げていけば良いだけの話です。

TOPページへ