【レバレッジとは】わかりやすく解説

 

FXでのレバレッジとは

レバレッジとは、担保となる手元の資金(取引証拠金)に「レバレッジ」を掛け、何倍もの金額の外貨を取引できることを言います。

わかりやすく説明すると、『少ない資金』で『大きなお金』を動かせる事ができると言う事です。

逆に言うと、簡単に資金を飛ばす可能性があると言うことも覚えておきましょう。

 レバレッジとは、分かりやすく
レバレッジはテコの原理と理解しよう

『レバレッジ』の概要

『レバレッジ』とは別名『テコの原理』とも言い、実際に取引する金額よりも少ない資金で売買する事が可能です。


日本国内のFX取引業者のレバレッジは最大25倍ですので、最大で証拠金の25倍の取引が可能となります。(※国内法人口座のレバレッジは各社設定が異なります)

レバレッジとは、分かりやすく
レバレッジの算出法

【レバレッジの算出方法】

『レバレッジ』は保有建玉の時価総額に対する口座資金の割合で求められます。

レバレッジ = (建玉数量×現在レート) ÷ 時価評価総額

 

●例えば口座に1,000万を入金したと仮定した場合

1ドル=100円のときに、10万通貨を保有した場合。

(100円×10万通貨)÷1,000万円 = 1

と言うことは・・レバレッジは1倍となります。


例えば口座に200万を入金したと仮定した場合

1ドル=100円のときに、10万通貨を保有した場合。

(100円×10万通貨)÷200万円 = 5

と言うことは・・レバレッジは5倍となります。

※『レバレッジ』は保有建玉の評価損益によりリアルタイムで変動します。

 


『レバレッジ計算機』

『レバレッジ』を自動計算する便利なツールを張り付けておきます。

試したい方は下の『レバレッジツール』をクリック!

『レバレッジツール』

 レバレッジとは、分かりやすく
ハイレバに魅力を感じる事は危険

ハイレバレッジ(ハイレバ)の罠

前述した通り、日本国内におけるFX取引業者の『レバレッジ』は最大25倍です。

これに比べ、海外のFX取引業者は最大1000倍を超える『ハイレバレッジ』が設定できる業者も存在します。

初心者等の方は『ハイレバレッジ』がとても魅力的に感じるかも知れませんが、非常に危険な取引となる事を知っておいて下さい。

初心者等の方が『継続して勝てる手法』も無いのに、こういった『ハイレバレッジ』で取引を行えばギャンブルトレードに繋がります。

FXの魅力は少ない資金に『レバッレッジ』を掛け、大きな金額を取引できる事だと見聞きされていると思うのですが私は必ずともそうとは思いません。

取引されるトレーダーの技量により『レバッレッジ』は設定するものだと私は考えています。

ある程度勝てるようになれば『レバッレッジ』を上げて行けば良いのです。

 

レバレッジとは、分かりやすく

TOPページへ