FXでの聖杯とは

目次

FXでの『聖杯』とは

英語表記:Grail,Holy Grail

『聖杯』とは、元々は宗教用語でキリスト教の儀式で用いられる杯を指したり、最後の晩餐で使用された杯であったりと語源諸説は多数あります。

FXの『聖杯』とは、単純に継続して100%勝てる手法等の事を意味します。トレーダーなら誰しも一度は聖杯探しをすると言うFXの聖杯ですが、今回はこの『聖杯』は、本当にあるのかないのか、『プロトレーダー・ジョー』が知り得る限りの『聖杯』に関する情報を今回は書き留めていきます。


FXでの『聖杯』はあるのか

私は株や先物を約20年、FXは約10年と通算で約30年投資歴を有するプロのトレーダーです。私もこの『聖杯』を求めてよく旅にでました。

この記事をご覧になる皆さんも『聖杯』については興味津々でしょう。では『聖杯』=100%勝てる手法は本当にあるのでしょうか。

結論から先に書きますが、残念ながら私が知り得る限りFXで100%勝てるという『手法』は現存しません。

では、『聖杯』にほぼ近い『手法』はどうでしょう。

答えは・・あります。


『聖杯』に限りなく近い『ロジック』とは

ほぼ『聖杯』の近い『手法』とは、私が現在運用する独自の『ロジック』の事を指します。この『ロジック』は、私が師匠たる方からヒントや『気づき』を頂き、独自の『ロジック(ハント・ダウン)』として見つけた感じです。

これを見て、『おいおい、また詐欺師の記事かい!』と思われる方もいるかも知れません。

しかし私は能書きを垂れません、FXは結果だけが真実です。

ご自身の眼で『偽物』かどうかを『リアルトレード』で手法をご検証下さい。

本ブログサイトでは、私の『ロジック(ハント・ダウン)』のヒントを多数掲載しておりますので、ご興味がある方は是非参考にしてみて下さい。

※私の運用する『ロジック(ハント・ダウン)』は残念ながら一般では公開しておりませんが、『NOTE』では販売を行っております。ご興味のある方は今なら安価で入手できますので是非一度手に取って見て下さい。


聖杯とは、FX
聖杯を見つけよう

『聖杯』を見つける為の勉強法

ここで私が過去に行った『聖杯探し』のやり方を少し解説します。先ず『聖杯』を探す前提条件として、私が考えるに下記に示す内容を勉強された方で、またそれを深く理解ができた方はチャンスがあると言っておきましょう。

これには私なりの理由があります。いくら『聖杯』探しと言っても誰でも出来る訳では有りません。FXの基礎がない方が『聖杯』探しをしても只々時間の無駄になるだけです。

少々キツイ言い方をしますがご理解頂けたら幸いです。

以上8項目です。FXで成功したいなら、どれもこれも必須の項目です。各項目を深く理解し例え聖杯が見つからなくてもトレード力がかなり付くハズです。(※参考記事を張り付けています。)では順を追って解説します。

ローソク足の基本をマスターする

『ローソク足』の基本はトレードにおいて基本中の基本です。『ローソク足』のカタチフォーメーションインジケーターを組み合わせた定番のテクニカル手法等は最低限マスターする必要性があります。

ファンダメンタルズを理解する

『聖杯』探しに何で『ファンダメンタルズ』が必要なの?と思われる方もいらっしゃるかも知れません。長期での『スイングトレード』以外のトレード(デイトレードスキャルピング)では、大なり小なり『ファンダメンタルズ』の影響は必ずトレードに影響を及ぼします。

『ファンダメンタルズ』の意味合いすら理解せずに『聖杯』を探すなど私からすると有り得ません。必ず勉強してマスターしましょう。

世界三大為替市場を理解する

FXでは世界3大為替市場は当然の事、各市場のOP&CL時間や形態、また傾向や各市場ごとの特異性などはトレーダーとして当然理解しておかなければなりません。

『聖杯』探しでせっかく使えそうな手法が見つかっても、その手法を活かせる相場環境が無ければ本末転倒です。

為替市場を深く理解する事により、手にした手法を活かせる環境をチョイスできる知識が付きます。

ダウ理論を理解する

前述しましたが、私は株や先物、FXを含め投資歴は約30年です。この間は常に勉強を継続してきました。投資の世界で手法や理論に関するものは星の数だけあると言っても過言では無いでしょう。

しかし私の役30年の投資歴で最後に残ったメインたる理論はこの『ダウ理論』のみです。FXで成功したいなら深く勉強する事を強く推奨します。

パレートの法則を知る&フラクタル理論を知る

この2つの理論も必ず習得して下さい。『ダウ理論』とは異なりサブで使用する『理論』なのですが必須です。『聖杯』探しを行う上でも役に立ちますが、今後のトレードでも強い武器になるでしょう。

この2つの理論を理解できてるか否かでトレード力に差が出ると言っても過言ではありません。

サポート&レジスタンスラインを引けるようになる事

このサポート&レジスタンスラインも『聖杯』探しは当然ながらFXでは必須項目です。『聖杯』探しも含め、何度もチャートへ書き込み自分のモノにしなければ成功は掴めないと言っても良いくらいです。

レンド&チャネルラインを引けるようになる事

サポートライン&レジスタンスラインの様な重要度はないのですが、このトレンド&チャネルラインも実際のトレードで使い方に依っては非常に強い根拠となります。

私の知り合いの中には、このライントレードをメインで継続して勝っているトレーダーもいるほどです。もちろん習得するにあたりデメリットは一つもありません。

『聖杯』の旅は継続して勝てるトレーダーへの近道

『聖杯』を見つける為の勉強法と題し解説してきました。前述したように、この勉強法にはFXで継続して勝ち続ける為の重要なヒントがたくさん隠されています。

私は当ブログを通じ、読者の皆さんに『聖杯』探しの旅にでるよう、事ある度に書き留めてきいます。もちろん私自身が『聖杯』探しの旅でココに示した8点を深く勉強した一人でもあります。

つまり、ココへ示した8点を深く追及する事により格段とFXで勝てるようになります。貴重な情報源だと思うので後はシッカリと勉強に励んで下さい。


『聖杯』探しの第1歩

前述した『聖杯』を見つける為の勉強法の8項目をマスターしたなら、いよいよ『聖杯』探しの旅に出ましょう。旅に出ると言っても何をして良いか分からない方もいらっしゃると思うので私が過去に行った簡単な『聖杯』探しの例を紹介します。

  • 各インジケーターのパラメーターの設定を変更

『聖杯』探しは先ず各インジケーターのパラメーターの設定変更から行いましょう。各インジケーターに最初から設定している『デフォルト』が正しいわけではありません。

この数値を変更するにあたり多くの『気づき』があると思います。オシレーター系のインジケーターなら基本は終値の平均値を数値化してプログラムされているはずです。こういった事も含め『聖杯』探しはFXを深く勉強する場を与えてくれます。

前述した通りパラメーター一つをとっても、どの設定が正しいかなどはありません。ご自身でプログラムされた内容を理解し、好きなだけイジって検証する事が聖杯探しの第一歩となります。

  • 各ラインを引いてみる

『聖杯』を見つける為の勉強法で学習した各ライン(サポート&レジスタンスライン、トレンド&チャネルライン)を実際にチャートを使ってラインを引いてみましょう。

ここで大事なことは決まりきったルール等を作らない事が重要です。サポート&レジスタンスラインの定義やトレンド&チャネルラインの定義等も無視して下さい。

『聖杯』はこういった決まりきった定義の中で見つける事は私の経験上、無意味だと考えます。私が構築した『ロジック(ハント・ダウン)』も他ではありませんでした。

真面なライン引きでは先ず閃く事もなかったと感じています。全てご自身で決めた自由なルールに従いラインを引いてみて下さい。

新しい発見が必ずあるハズです。


『聖杯』を前面に押し出すFX業界の影

FX業界では『FXは簡単に儲かる!』だの、『FXは短期間で稼げる!』だの、ウソ偽りの情報が本当に多く氾濫しています。

また、FXの情報をSNS等で発信されるトレーダーさん達がたくさんおられますが、本当に継続して勝ち続けているトレーダーさんは、この中にいったい何人いるのか私は甚だ疑問です。

こういった方々のブログやSNS等を良く拝見させて頂きますが、腑に落ちる事柄が書かれている事は殆どありません。

私が知り得る限り、こういった大半の方は一般に出回るFXに関する在り来たりの話しかしていないのが現実です。

一般で入手できる、こういった類の手法や考え方で、FXで勝ち続けることは困難だと思って下さい。

初心者等の方は特に気を付けて情報をとって下さい。

当たり前のことですが、実際に勝てていない方の情報の基で勉強をされても勝てるハズが無いからです。


本当に勝ち続けているトレーダーは姿を見せない

本当に継続して勝ち続けるトレーダーは皆さんの前に姿を見せるのでしょうか。

私事ですが、敢えて具体的な数字をココでは書き込んだりしませんが、一般トレーダーの方達からすると桁違いのお金をFXを通じて動かします。

こういった取引を前面に出しながら顔出しするなど、セキュリティー上の問題を考えると普通なら有り得ません。

こういった顔出し(身バレ)がキッカケになり事件に繋がったケースも世の中にはたくさん報告されています。私も他ではありませんでした。

別記事にも書き留めていますが、私は以前メディアに顔出しをした経験があります。それを機に危ない思いを経験しております。

こういった過去の背景もありメディア等での露出を避けているのが今の私の現状です。


トレーダー・ジョーの『リアルトレード』

トレードに関して能書きは垂れません。

FXは結果が全てだと私は考えています。

ブログ開設当初(2019年9月〜)から、不定期ですが週に2回ほどツイッターで『リアルトレード』を継続して披露しております。

もちろん私の『ロジック』も聖杯ではないですが、一般トレーダーの方達から見ると信じがたい世界をお披露目できていると思います。

興味があれば、あなたの眼で一度確認して下さい。

私の周りでは、FXでソコソコ勝てている方(ソコソコと言っても皆さん最低でも億トレです。)で未だに『聖杯』の夢を追ってらっしゃる方達が何人かいます。

何かに取り憑かれたように一生懸命です。

ご多分に漏れず私自身も他ではありません。

『聖杯』は本当にあるかもしれませんね・・・


聖杯とは、FX
ギャンブルはゼロサム

FXに『聖杯』が存在しない理由

『ゼロサム・非ゼロサム』とは

FXは基本、ゼロサムの世界だと、よく言われます。

『ゼロサム』は投資の世界をご存知の方は、よく耳にする言葉ですよね。

では簡単に説明しますね。

『ゼロサム』とは、為替相場における参加者が売り買いをし、その損益の総和が(手数料などは除く)がゼロになることを指します。

これとは逆に、ゼロにならない事を『非ゼロサム』と言います。

このゼロサムと非ゼロサムで、よく例えられるのがギャンブルと株式投資です。

ギャンブルは『ゼロサム』

ギャンブルは参加者の掛け金から勝者の取り分が支払われます。

つまり、敗者の負け分+勝者の勝ち分+運営者のコスト(手数料・税金等含む)を合計するとゼロになります。

これがゼロサムです。

株式投資は『非ゼロサム』

では次に、非ゼロサムを株式投資で例えます。

例えば、あなたが、ある会社の現物株を持っていたとします。

価格が上がったので、Bさんという方に売ったとします。

既に、この時点であなたには利益が発生しています。

次にBさんが、更に価格が上がったところでCさんという方に売りました。

ここで二人の富の総和が増えたことになります。

これを非ゼロサムと言います。

『FX』はゼロサムゲーム

世間一般に、FX(外国為替取引)はゼロサムと言われています。

『ドル円』を例えに、もう少し掘り下げてみましょう。

先ず、ドル売り/円買い(円高/ドル安)をイメージしてください。

『ドル売り』が進むと、同時に『円の買い』も当然進みます。

こういった売買における方向性が逆になる(相関性がある)事象が、FXが『ゼロサム』であると言われる理由の一つです。

つまり、全ての総和が±0という事になり、相場での資金の流動性が常に保たれているという事なのです。

あなたが勝てば、誰かが負けるという図式です 。


FXは近い将来『ゼロサム』でなくなる可能性を秘める

ココで気を付けたいのが、これからも半永久にFXがゼロサムだという事ではありません。

例えば世界における現在の基軸通貨はUSドルです。

この基軸通貨であるUSドルを、アメリカ政府の独断で大量に刷り続け、市場に放出したと想定します。

世界中の市場にUSドルが溢れかえり、他通貨に対するUSドルの価値が下がります。

つまりはUSドルの交換レートが下がり続ける可能性があるということです。

こうなるとUSドルは売り手が儲かり、買い手が損をする図式ができます。

こうなると、もはやFXは『ゼロサム』ではなくなります。

FX取引が、非ゼロサムになる可能性があるということです。

こういった背景を踏まえると、現時点でのFXでの聖杯は無いのに気が付きましたか?

聖杯があれば一方的な勝者が出現し、『ゼロサム』の図式はなくなるという事です。


『コロナショック』でFXは非ゼロサムとなるのか

前述しましたが、FXは『ゼロサム』でなくなる可能性を秘める『投機』です。いよいよ昨今の『コロナショック』の影響で『非ゼロサム』に転じる可能性がでてきました。

『コロナショック』により今後米国は落ち込んだ経済を立て直す必要性があり、多くのドルを擦り出す可能性を秘めています。

こうなればFXは勿論のこと、為替全体の動きが変革される可能性が非常に高くなります。

未曽有の経済危機を生み出す『コロナショック』は、一体どこまで世界経済への影響を及ぼすのか現時点では誰も見通しが立たない状況です。


聖杯のマトメ

FXを始めた頃、始めて聖杯探しの旅に私は出ました。

幾度も『聖杯を見つけた!』と思い込み、バックテストをこなし実践へと移行するのですが、ことごとく負け続けます。

こういった経験も数多く重ねました。

トレードを長くされている方なら、同じ経験をされた方も多いと思います。

この『聖杯探し』・・実は非常に重要な作業で無駄にはならないと私は考えています。

私のロジック(ハント・ダウン)は、この『聖杯探し』からヒントや『気づき』をたくさん頂きました。

皆さんも時間に余裕が出来た時にでも、この『聖杯探し』の旅へ是非一度は出てみて下さい。

結果はどうであれ、『宝探し』にも近いものがあるので結構楽しめます。また『気づき』をたくさん頂き、トレードにおけるありとあらゆるものを勉強できる場にもなります。

決して大袈裟ではありません。『聖杯探し』は意味のある旅になります。


【価値あるロジックの提供を始めます】

『FXは難しい、勝てる訳がない』と諦めていませんか?

FXはその場を切り取ったトレードをしても残念ながら勝てません。

本質は全く違う所にあります。

投資歴30年でようやく構築した独自のロジックを、『FXの極意(ハント・ダウン)』に全てを記述し、公開する事にしました。

過去には私自身も『FXは絶対に勝てない』と諦めた一人ですが、現在このロジックを使用し、夢を一つ、また一つと実現しております。

あとはあなたのやる気次第です。

ご興味ある方は下のバナーをクリックして下さい。

聖杯とは、FX

【関連記事】

 

TOPページへ