【基軸通貨国とは】歴史を含めわかりやすく解説

『基軸通貨』とは

為替用語として頻繁に使用される『基軸通貨』。今回はこの『基軸通貨』の意味合いを含め、『基軸通貨国』の歴史も交えながら解説して行きたいと思います。

『基軸通貨』とは、国際間での決済や、金融取引などで基軸となる『特定国通貨』の事を指します。

『基軸通貨』としての条件

『基軸通貨』は世界中の貿易での決済や金融取引などに多く使用されています。

また世界の人々の価値基準として認識される通貨でもあり、どの国の通貨になるかは、通貨発行国の経済規模や政治力、軍事力などで決定付けされます。

世界各国における通貨の世界基準として十分な役割を果たすには、通貨価値の安定、高度に発達した金融・為替・資本市場を要し、また、対外取引規制のないことが条件となります。


『基軸通貨国』としての歴史

第二次世界大戦前まで『基軸通貨』は、大英帝国の繁栄を背景に『イギリスポンド』が世界での『基軸通貨』となっておりました。

第二次世界大戦以降は、戦勝国代表でもあるアメリカの『ドル』へと『基軸通貨』はバトンタッチされています。

また、1945年発効の『ブレトン・ウッズ協定』では、アメリカはドルと金の交換を約束しましたが、1971年に『ドル防衛』により『金・ドル』交換を停止しました。

これにより、金の裏付けはなくなりましたが、その後もアメリカの国力を背景に『ドル』は『基軸通貨』として不動の地位を築いています。

昨今では2002年に欧州で『ユーロ』の流通が開始されています。

この『ユーロ』は『ユーロ圏』を始め、欧州地域全体を瞬く間に広がり、現在では世界中で使用される、『アメリカドル』に次ぐ世界第2位の『基軸通貨』となっております。

【関連記事】

TOPページへ