【コール市場とは】わかりやすく解説

コール市場とは

『コール市場』の名前の由来は、短期資金の『貸し借り』の場という意味合いがあります。今回はこの『コール市場』の詳しい意味や役目などをわかりやすく解説します。

『コール市場』とは、いわゆる『インターバンク』の一つに当たります。

『コール市場』とは銀行等を含む金融機関同士で短期の資金の貸借が行われる市場の事を指します。

『コール市場』は日本でも最も歴史のある代表的な『短期金融市場』でもあることをご存知でしょうか。

1900年代に起こった『金融恐慌』の経験もあり、預金に対する『支払準備資金』の必要性に対する認識が高まった背景があり、金融機関相互の資金繰りを最終的に調整し合う場として自然発生的に構築した市場となります。

一般に銀行等は、個人や企業などから預金の形で資金を調達する一方、融資や債券・株式等の有価証券の投資で資金を運用しています。

これらの取引を日々行った結果として、資金運用額と資金調達額の間に差額が生じることとなります。

こういった状況において、『コール市場』は、金融機関の日々の手元資金の過不足を調整する貸借の場としてメインに利用され、余剰分があれば貸し出し、不足分があれば借り入れるという取引が日常的に行われているのが特徴です。

※余談ですが『コール市場』という名称は、英語で『Money at call(呼べばすぐ返ってくるほど)』という言葉に由来があります。これは『コール市場』の特性からくるものです。

【関連記事】

TOPページへ