【ドルインデックス】見方を解説

『ドルインデックス』の見方

複数の主要な通貨に対する、『アメリカドル』の為替におけるレートを指数化したものを指し、また『ドル指数』とも言われます。

『概念』

『ドルインデックス』の数値は連邦準備理事会(FRB)NY証券取引所(NYBOT)、また大手金融機関などが算出しています。

算出にあたっては、採用通貨や加重平均のウェイト、指数の更新頻度などに違いがあります。

この中でも、外国為替取引においては、リアルタイムで随時算出され、先物取引としても上場していることから、『NYBOT(正式呼称:ICE FUTURES U.S)』の『ドル指数』が最も注目されています。

一般に『ドル指数』は、イギリスポンド・カナダドル・スイスフラン・ユーロ・円等の複数の主要通貨に対する『アメリカドル』のトータルな価値を示す指標に当たります。

各々、一通貨のみの為替レートよりも世界経済の『基軸通貨』でもある『アメリカドル』の価値、強弱を見ることが可能です。

※余談ですが日本で『ドル高』と言った場合は普通『円安ドル高』をイメージしますよね。

しかし『外国為替市場』における『円安ドル高』は必ずしも『ドル指数』が高くなるわけではないので注意が必要です。

【関連記事】

TOPページへ