【現物取引とは】わかりやすく解説

『現物取引』とは

英語表記:Physical transaction

『現物取引』とは、いわゆる株式や債券等の有価証券と呼ばれるもので、わかりやすく言うとリアルタイムでの相場価格で算出したレート(価格)を元に売買代金を設定し、それを受け渡す事で取引を完結する通常の取引の事を指します。

また先物取引や信用取引、オプション取引と区別するために単に『現物』と略して呼ばれる時があります。

『現物取引』の内容

『現物取引』でのやり方ですが、例えば有価証券である株式では、運用資金の範囲内での取引に限定されます。もちろん実際には保有していない株式等は売ることも出来ません。あくまで株券と言う現物を保有している事が条件になります。

『信用取引』とは

『現物取引』とは対照的に『信用取引』では、保有する資金額を越えた額を借りる事で株式を購入でき、また実際には保有していない株式を借りて売る事も可能です。思惑通りの取引が行えれば良いのですが、思惑通りでなければ相応の損失を抱えることにもなります。こういったデメリットも必ず考慮し、また借金までして取引することは絶対に推奨しません。

『空買い』とは

『信用取引』での、保有資金を越えた額を借り入れし、株式等を購入する事を『空買い』と言います。

『空売り』とは

『信用取引』での、保有していない株式を借りて売る事を『空売り』と言います。

『先物取引』や『オプション取引』の元は『原証券』

『現物取引』や『先物取引』はアービトラージ(裁定取引)が多く、『現物取引』とそれ以外の取引の手法には深い関係柄があります。

この中でも『先物取引』や『オプション取引』等の『デリバティブ取引』は、元々『現物取引』から派生したものなので密接な関係柄が伺えます。

【関連記事】

TOPページ