【カウンタートレードとは】わかりやすく解説

『カウンタートレード』とは

FXのトレードでは基本中の基本でもある『ダウ理論』ですが、これはいわゆる『順張り』を基本とした『トレンドフォロー』の事を言います。

今回解説する『カウンタートレード』とは、この『順張り』とは真逆で『逆張り』と呼ばれる手法の中の一つに挙げられます。通常の『逆張り』では、トレーダーの裁量で取引を行っていくものですが、この『カウンタートレード』では、オシレーター系の指標を使い『逆張り』を行っていきます。

※貿易業界での『カウンタートレード』の手法は異なった意味合いを持つので注意が必要です。


『オシレーター系指標』とは

先述した通り、『カウンタートレード』とはオシレーター系の指標を使い『逆張り』を行っていく手法の事を言います。

『オシレーター系指標』とは、為替相場の行き過ぎを判断する指標の事を言い、いわゆる『買いすぎ』や『売り過ぎ』を数値化することによって為替相場の強弱を数値で判断するといったテクニカル指標の事を言います。

有名な『オシレーター系指標』では『RSI』や『ストキャスティクス』などが挙げられます。

【関連記事】

  • 【逆張り/読み方】絵を使い、わかりやすく解説
  •  
  • 【ダウ理論とは】絵で簡単に解説
  •  
  • トレンドフォローを使い勝率を上げる
  •  
  • 【順張りとは/FX編】絵を使い、わかりやすく解説

TOPページ