【証拠金とは】わかりやすく解説

『証拠金』とは

FXで取引を始める際は『FX取引業者』との契約を要します。契約後、この『FX取引業者』の持つプラットフォームでトレードを行う際には必ず『証拠金』が必要になります。今回はこの『証拠金』の詳しい意味合いや、取引時に必要な『証拠金』の算出方法、また『証拠金』の仕組み等について詳しく書き留めていきます。

『証拠金』とは、わかりやすく言うとFXでの取引を含め、金融派生商品を取引する際、契約の成立や履行に伴う損益を確実に決済するためにクライアント(お客様)が取引先の会社に担保として預け入れる金銭のことを言います。


『必要証拠金』とは

『必要証拠金』とは、わかりやすく言うと、新たな取引・注文をする際、ポジションを維持するために必要な金額の事を指します。

取引金額の想定元本に、必要証拠金率を乗じた金額が『必要証拠金』です。

計算式を下記に掲示します。(個人口座では一律4%、法人口座は通貨ごとに変わります。)

  1. 新規注文中〜注文価格×取引金額×必要保証金率
  2. 買ポジション〜実勢価格Ask×取引金額×必要保証金率
  3. 売ポジション〜実勢価格Bid×取引金額×必要保証金率

【例/個人口座の場合】

ドル円、10,000、為替レート110.50だった場合を想定・・

110.50 × 10,000 × 4%(個人口座)=44,200円


『有効証拠金』とは

『有効証拠金』とは、わかりやすく言うと、取引時の証拠金として利用可能な証拠金の総額の事を指します。

つまり、残りでどのくらい取引ができるかの余力を示した金額のことです。

預入れたご資金のほかに、ポジション(持ち高)の損益分、すでに決済をしたポジションの損益をすべて合算した金額となります。

『有効証拠金』の算出法

『有効保証金』=預り金残高+時価評価損益+既決済未記帳損益=(口座へ預入れている総資金)+(保有ポジションの実勢価格で計算された評価損益)+(既に決裁したポジションの損益)

ここで注意したいのが間違っても最大まで取引をする必要はないと言う事です。

各トレーダーの取引内容、マーケットでの変動リスクを検討したうえで、余裕をもって取引することを強く推奨します。


『証拠金』の仕組み

FXにおける証拠金取引は登録された口座へ必要な『証拠金』を預け入れ、最大で『証拠金額』の25倍(国内業者にて個人取引の場合)で取引が可能となります。

この際、必ずレバレッジを考慮して下さい。

【例】

あなたの資金が10万と仮定します。最大レバレッジで250万の取引が可能となります。

1USドル=100円で換算します。

レバレッジ1倍では1.000ドル分、レバレッジ25倍(250万)では25.000ドルの取引が可能という事です。

注意したいのが、レバレッジをあげれば取引額が大きくなり損益率が上昇するという事、取引に失敗したなら相応の損金が発生するという事です。


『証拠金』における必要最低金額とは

あなたが注文をしようとしている金額に伴う最低証拠金は必ず必要となります。

先述した『必要証拠金』の説明例の場合はドル円の10,000ドル、110.50円の取引をした場合、44,200円が必要最低限の『証拠金』となります。 

しかし、マーケットにおける『為替レート』は常に変動しており、外国為替証拠金取引(FX)では法令上、毎日必要最低保証金額が維持されているかを実勢価格で損益を常に確認しています。

『必要金額』を満たしていない場合には、足りない金額(追加の保証金/追証)を期限までに預け入れることが必ず必要となります。

取引ベースでの必要最低額(証拠金)はもちろん維持しつつ、トレードされる方のスタンスにもよりますがリスクの許容範囲をある程度想定したトレードを行うように必ず心掛けしましょう。

【関連記事】

TOPページへ