【ask・bidの意味】わかりやすく解説

為替レート表示は2種類のレートが表示

FXトレードを行う時、『取引ボード』に表示される2つの金額・・

皆さんは意味合いをキチンと理解されていますか?

表示されるのはBIDとASKです。

BID~売値

ASK~買値

この2つ(売値・買値)の差額を『スプレット』と言います。


『初心者』の方が初めて見る『取引ボード』には2種類のレートが表示されます。

これを理解せずに取引されている方も多いので今回は『BID&ASK』について詳しく解説していきます。

FXでの取引では必須となりますのでシッカリと覚えておきましょう。


【BID&ASK】の見方

下の参照図をご覧ください。
 
ask、bid、意味
BID・ASKの見方

 

皆さんが良く目にする取引ボードに表示される2つの『レート』です(FX取引業者に依りデザイン等は様々です)

ではこの表示される2つの『レート』を簡単に説明すると・・

BIDトレーダーが売る時の価格

ASKトレーダーが買うときの価格となります。

つまり『トレーダー側から見るとBID=売値とASK=買値ということです。

参照図の取引画面では、BIDが107円5銭、ASKが107円5.3銭となっています。

現時点で1ドルの売値が107円5銭、買値が107円5.3銭ということを表示しているのです。

ここで注意しておきたいのが、BID=買値、ASK=売値と聞く場合があります。

先述の説明では『トレーダー側と説明しました。

ではあなたの契約されているFX取引業者』から見た『レート』はいったいどうなっているのでしょう?

『FX取引業者』はトレーダーが売りたいものを『買い』ます。

トレーダーが買いたいものを『売り』ます。

単純にこういった作業を繰り返すのが『FX取引業者』です。

この『FX取引業者』側からするとBIDは買値、ASKは売値と言うことです。

『トレーダー』ならこの仕組みは覚えておきましょう。

BID・ASKの見方として、あなた(トレーダー側)から見て良いのでBIDが売るときの値段でASKは買うときの値段で覚えておきましょう。


レートの見方&スプレッド

では『BID』と『ASK』の意味合いが分かったと思うので次は『レートの見方』と『スプレット』について解説します。

再度下記参照図をご覧ください。

参照図左側に表示される『BID』が『売りのレート』です。

右側の『ASK』に表示されるのが『買いのレート』になります。

ask、bid、意味
スプレット

このプライスボード上であなたが『取引』を今から行うと想定します。

先ず買いのレートをクリックすると『ASKに表示されている価格でドルを買う』という注文が約定されます。

ここで注文画面を見ましょう。

ASKの方がBIDよりも高くなっているのが分かりますか?

この差額をFX業界では、『スプレッド』と呼びます。

『スプレッド』とは売値と買値の差額の事を指します。

画面を再度見て下さい。

2つの『レート』間に『0.3』と表示(各FX取引業者で表示方法は異なります)されています。

これが『スプレッド』になり、この場合だと『0.3銭』だという事になります。

ではなぜ『取引ボード』へ『スプレッド』が表示されているかというと、この『スプレッド』がFX取引の実質的なコストになるからです。

なぜコストになるかは、買い注文が成立した直後に売り注文を出す場合を考えれば分ると思うのですが、つまり『FX取引業者』の『取引手数料』だという事です。

『FX取引業者』に依っては『取引手数料0円』と宣伝している業者も多いのですが、実質この『スプレット』が手数料だと思って下さい。

上記参照図に表示されている価格の107円5.3銭で買うと売値との差額である0.3銭マイナスからスタートすることになります。

ココで直ぐ1ドルを『107円5.0銭で売る』と1通貨あたり差額分の0.3銭マイナスになります。

スプレッドが0.3銭で1万通貨の取引をした場合は30円のコストが発生するということです。


まとめ

『取引ボード』に表示される2種類(BID&ASK)のレート差が『スプレット/取引手数料になるということが分かったと思います。

『スプレット』はトレーダーにとって直接利益に反映される大事な値です。

『FX取引業者』を選定するにあたり必ず『スプレット』の詳細内容を精査してから口座契約を行ってください。

『FX取引業者』によってはトレード場面で異常に『スプレット』を広げる業者も存在します。

こういった『FX取引業者』に関してはSNS等でググれば情報も入手できるので契約される前に必ず調べておきましょう。

【関連記事】

TOPページへ