FXでの『スプレット』とは

スプレットとは

英語表記:spread((金利差)

『スプレット』とは、ペアの株や通貨の『金利差』や『価格差』のことを指します。これは値幅や差額、または利鞘(りざや)のことを言います。

FXでの『スプレット』とは、分かりやすく言うと通貨ペアの掲示レートにおける「売値(Ask)」と「買値(Bid)」の差額のことです。

『スプレット』は英語で『広げるや伸ばす』といった意味の動詞、または『広がり、幅』という意味合いがあります。

『スプレット』における差額が大きい事を『スプレットが広がる』と表現し、またこれとは逆に『スプレット』における差額が小さい事を『スプレットが狭い』と表現します。

また『スプレット』は随時変動され、売買が活発な(流動性が高い場合)通貨ペアほど『スプレット』は狭くなるのが特徴です。

同じ通貨ペアでも時間帯、マーケットの環境によって変動することが多々あるので注意が必要です。

注:『スプレット』と『pips』を同じ意味合いで捉えている方が多いのですが、全く意味が異なりますので注意して下さい。


『スプレット』におけるコスト

FXにおける『スプレット』は、トレーダーにとって取引手数料と共にコストに繋がります。資金管理を行う上で大切な要因です。

もちろん『スプレッド』はトレーダーにとって狭い方が有利であるという事は言うまでも有りません。

FX初心者等はこの『スプレット』を余り理解されないままトレードを行っている方が多いのも事実です。

扱う業者によっても手数料に違いがあるので、ご自身で取引するFX取引業者の『スプレット』を今一度確認し、同時に同業他社の『スプレット』も比較して、少しでもリスクを抑えてトレードを行うように推奨します。

FX取引業者によっては扱われるロット数よっては大きな開きが生じますので計算が必要です。

より優位にトレードを行うにはこういった作業は必須だと私は考えます。


『スプレット』の注意点

『スプレット』は通常、買い値の方が売り値の方よりも高くなります。

ポジションを持った(買った & 売った)瞬間に、スプレッド分だけマイナス(評価損)からのスタートになることを覚えておきましょう。

また『スプレッド』が通常より広い場合、FXでのリスク要因の一つである『流動性リスク』が高い状況が考えられます。

これは『ファンダメンタルズ』等を含め、何らかのリスク要因がマーケットに入ってきている状態を示すものです。

こういった場合、マーケットでの急変動が起こりうる可能性(リスク)もあるのでトレードに関しては十分に注意が必要となります。


資産運用の場合の『スプレット』とは

『資産運用』の場合、マーケットでのレートの開き、レート差、利回り差(金利差)を指します。

株式・債券・先物・商品・オプション等の取引では、各銘柄間に必ず価格差または金利差が生まれます。

この差を『資産運用』の『スプレット』と言います。

またこの『差益』でも『投資』が行われます。


『スプレット』を生かした投資とは

先述した各金融商品の価格および金利差の差額(スプレット)を利用した取引を指します。


『イールド・スプレット』とは

イールドとは『利回り』を指し、『イールド・スプレット』とは株式や債券等、有価証券の魅力度数を比較する時の指標の事を言います。


融資時の『スプレット』

融資では利鞘(りざや)のことを指します。

マーケットの金利に一定のスプレッド(利鞘)を乗せた金利で、融資である『スプレット融資(スプレッドローン)』で使われる概念で、融資先の信用力や競業他行の状況などによって決定される事が多いです。


外国の証券・株式・信託等の為替スプレット

外国の証券・株式・投資信託等の取引に際し、各通貨ごとに設定された『為替スプレッド』を反映した為替レートが適用されます。

この『為替スプレッド』とは、円から外貨に、外貨から円に替える際、扱う取引会社(証券会社等)の基準為替レートと適用為替レート(顧客へ提示する為替レート)の差分に相当するものの事を言います。

通常は円から外貨に交換する際、『スプレッド』を上乗せし、また外貨から円に交換する場合、『スプレット』を差し引きます。

【関連記事】

TOPページへ