『メジャー通貨とマイナー通貨』 分かりやすく解説

『メジャー通貨とマイナー通貨』 分かりやすく解説

『メジャー通貨』とは

『メジャー通貨』とは、外国為替市場で取引量が多く、且つ流動性の高い通貨の事を指します。

『メジャー通貨』は基軸通貨と呼ばれるアメリカドルを始め、下記に示す8通貨とされています。

  1. アメリカドル
  2. ユーロ
  3. 日本円
  4. ポンド
  5. オーストラリアドル
  6. ニュージーランドドル
  7. カナダドル
  8. スイスフラン

『マイナー通貨』とは

『マイナー通貨』とは、『メジャー通貨』とは逆に取引量の少ない、流動性の低い通貨の事を指します。

基本的に『マイナー通貨』は『メジャー通貨』以外の通貨の事を指し、代表的な通貨としては南アフリカランドやトルコリラ、またメキシコペソ等が挙げられます。

FXで取引できる『通貨ペア』

FXで取引できる『通貨ペア』は、『メジャー通貨』同士の『通貨ペア』、または『メジャー通貨』と『マイナー通貨』の『通貨ペア』取引が可能です。

様々な『通貨ペア』を区分する

『通貨ペア』の組み合わせは様々ですが、『クロス円』と『ドルストレート』、後は『それ以外の通貨ペア』に別ける事で理解が深まります。

 

TOPページ

メジャー通貨とマイナー通貨わかりやすく